Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46のエンタメニュースサイト

蒲鉾
自分でも不思議なのですが、気づいたら乃木坂46が好きになっていました。こんなに誰かを恋しくなる・・・まさに「君の名は希望」でした。みなさんと一緒に坂を登って行けるような前向きな記事を書いていきたいと思います。
蒲鉾の記事一覧
予習DVDに大満足!「乃木坂46 真夏の全国ツアー2015」セブン-イレブン応援グッズを紹介します!

予習DVDに大満足!「乃木坂46 真夏の全国ツアー2015」セブン-イレブン応援グッズを紹介します!

少し前の話になりますが、「乃木坂46真夏の全国ツアー2015」のセブン−イレブン応援グッズが届きました。セブン-イレブンでのチケットの購入を諦めた方も多いと思いますので、私の手元に届いた応援グッズがどんなものなのか紹介してみようと思います。
明日放送、スカパー!音楽祭の乃木坂46×武部聡志「君の名は希望」コラボに望むこと

明日放送、スカパー!音楽祭の乃木坂46×武部聡志「君の名は希望」コラボに望むこと

前回のコラムで乃木坂46の「君の名は希望」について取り上げたところ、色々な意見を頂きました。改めて「君の名は希望」は多くの方に愛されていることが感じられて嬉しかったです。そこで今回は、コラムほどの内容では無いのですが、あまりにタイムリーで期待を持たせるニュースがあったので紹介させて貰います。
乃木坂46が歌う「君の名は希望」本来の魅力とは

乃木坂46が歌う「君の名は希望」本来の魅力とは

NHK BSプレミアムで放送された別冊「乃木坂46SHOW!」(「AKB48SHOW!」#61)にて生田絵梨花さんのソロ曲「あなたのために弾きたい」が披露されました。それを見て、私の中でずっとモヤモヤしていた思いがより強まってしまったので、今回はそれについて書いてみようと思います。「君の名は希望」の魅力についてです。
乃木坂46・11thシングル選抜の選考基準を握手会から考える

乃木坂46・11thシングル選抜の選考基準を握手会から考える

先日の「乃木坂って、どこ?」で発表された乃木坂46の11thシングル選抜メンバーについて、10thシングル『何度目の青空か?』の個別握手会の完売結果からその選考理由を考えてみました。
『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』に凝縮された魅力を紐解く3つの要素

『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』に凝縮された魅力を紐解く3つの要素

乃木坂46の10thシングル収録曲「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」で展開されたエピソードは、心を打つとても素晴らしいものでした。乃木坂46の魅力が凝縮されているこの作品を、3つの要素をもとに紐解き、より乃木坂46を楽しんで好きになって頂ければ幸いに思います。
乃木坂46カップリング人気投票の結果を振り返ってみて思うこと

乃木坂46カップリング人気投票の結果を振り返ってみて思うこと

今回は乃木坂46カップリング曲の人気投票結果を振り返りつつ、新規ファンの方への曲紹介の意味を込めまして、私の思い込み100%の偏った感想も記してみたいと思います。アルバム発売まではまだ少し時間がありますので、この機会に乃木坂46の曲を聴き直してみるのも良いのではないでしょうか。新たな発見があるかも知れません。
急げ、超能力研究部へ!!

急げ、超能力研究部へ!!

映画『超能力研究部の3人』は、乃木坂46ファンは出演する3人についての予備知識がある分、作中のドキュメンタリー部分などは引き込まれるものがあるでしょう。では、乃木坂46について知識が無くても楽しめるのでしょうか? たぶん、驚くことは間違い無いです。上映が終わった時、私は友人を連れて行ったことを後悔してはいませんでした。
アンダーライブ成功の影で~再び坂を登るために~

アンダーライブ成功の影で~再び坂を登るために~

アンダーメンバーがアンダーメンバーを評して、「ライブ選抜」と言った時、大きな違和感を覚えたことを今でも記憶しています。またブログに「アンダーではない」ような趣旨の文章を見かけたこともありました。でも、表現は別にしてアンダーであることは事実なのです。現実を見て、悔しさを力に変えて欲しいと願っています。
Return Top