Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46のエンタメニュースサイト

白石麻衣が猫メイクで甘え上手な“まいにゃん”に変身!「Ray」11月号で連続単独表紙

 女性ファッション誌「Ray」の専属モデルを務める白石麻衣(乃木坂46)が、2号連続・通算7回目の単独表紙を飾った「Ray」2016年11月号(主婦の友社)が本日9月23日(金)に発売となった。誌面のメイク企画では甘えんぼネコの“まいにゃん”に変身した姿を披露している。

ray1611-cover「Ray」2016年11月号 ©主婦の友社

 「Ray」では前号10月号から、看板モデルの白石麻衣が3号連続でカバーガールを務める企画がスタート。今月の表紙は秋ファッションのトレンドである肩を出したふわふわニットに身を包み、上品で色っぽい表情を見せている。巻頭企画には『白石麻衣がおとぎの国に迷い込んだら……』をテーマとした「まいやん in ロマンティックレースWORLD」を掲載。

 さらに、白石がカタカナのキーワードを持って誌面に隠れた3号連続スペシャル企画「ちびまいやんを探せ!」第2弾では、LODISPOTTOのチェックワンピを抽選で100名にプレゼント。難易度が高いと言われるこの企画、全て探し出せるか挑戦してみては。

ray1611-cat-make-maiyan『まいにゃんメイク』企画 ©主婦の友社

 11月号のイチ押し「まいにゃんメイク」企画は、昨今の猫ブームに合わせて、“まいやん”こと白石麻衣がモデルとなり、キャラクターの異なる3タイプのネコ顔メイクを提案するもの。甘え上手な三毛ネコ風のスイートガールメイクでは、白石が人懐っこくて愛嬌のある女の子を演じている。主婦の友社のYouTubeチャンネルにて白石のコメントと撮影シーンを収めた動画が公開されているので、誌面と一緒にチェックしよう。

 また、美肌有名人の美容法を紹介する「おやすみ前の“うる肌”美容法を大公開」企画では、超新星のユナクにインタビュー。評判の美肌は「努力したからこそ手に入ったもの」と、毎日欠かさないというこだわりの美容法を惜しみなく披露している。お笑い芸人・横澤夏子がウザ子を熱演する「ウザ子とモテ子の境界線」企画では、コラムニスト・犬山紙子の批評とともに、日頃何気なくやってしまいがちなウザ行動とその回避術を伝授する。

 その他にも秋おしゃれの可愛いニットやヘアメイク・コーデ、「真冬も使えるワンピ&セットアップ&オールインワン」、「鈴木愛理の『秋→冬♡振り向かせワードローブ』着回し30days」、連載企画「白石麻衣 Doing it!!」Vol.10など掲載した「Ray」11月号は全国の書店やコンビニで発売中。定価670円(税込み)。

「まいにゃんメイク」ウェブMOVIE

関連Ray公式サイト

COMMENT

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 千代田線乃木坂

    10月号の「ちびまいやんを探せ!」
    全ちびまいやん探したよ! さすがに
    応募はしなかったけど…。

コメントはこちら

*

Return Top