Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46のエンタメニュースサイト

ワニブックスに「UTB」乃木坂46別冊の予定を聞いてみた

 常に高いクオリティを保持・追求し続ける雑誌「UTB(アップトゥボーイ)」の出版社である株式会社ワニブックスに、先日、乃木坂46についてある質問をさせていただきました。

 「UTB」とは、AKB48グループからハロプロ、若手女優など、毎号多くのグラビアを掲載している総合エンターテイメント誌で、偶数月に「UTB」、奇数月に増刊号の「UTB+(プラス)」を出版しています。よく知らない方は、隔月版のオムニバス写真集というイメージを持っていただけるとわかりやすいかと思います。

wanibooks-utb218
ワニブックスオフィシャルサイトより

 読者満足度も高い本誌には、「UTB+ vol.11」(2012年11月発売、表紙・渡辺麻友)に秋元真夏が初登場したことを皮切りに、「UTB+ vol.12」を除いて毎号、乃木坂46のメンバーが1人ずつ登場しています。いずれも6ページずつソログラビアが掲載されていて、もちろん全ページフルカラー。ただ、表紙や付録のトレーディングカードセット(現在は廃止)、封入のランダムポスター(毎号3種)にはまだ起用されたことがありません。

 「UTB」は1986年創刊と30年近い歴史のある雑誌ですが、自分が購入し始めたのは前述の「UTB+ vol.11」から。たまにまわりの反応を調べてみると、写真のきれいさなどクオリティの高さに定評がある一方で、目当てのアイドルが少ない場合など、特に学生にとって一冊1,200円という価格は少し考えてしまうという声を見かけることがあります。乃木坂46のファンにおいても同様で、わかる限りではやはり学生が多かったです。

 そういったこともあり、以前から「もし総集編のようなものがあったら手に取る人も増えるのでは?」と考えていたことをお聞きするに至りました。

 過去に「UTB」からAKB48関連の別冊が出たことはありませんが、以前に講談社「FRIDAY」で連載しているAKB48『友撮(ゆうさつ)』の厳選ショット+未公開カットで構成した「AKB48 友撮 THE RED ALBUM」(ほかに青、緑、黄の3種。赤と青で累計48万部以上)が出た際には、オリコン発表では赤・青が初週各3.4万部だったそうで、昨年10月に双葉社から出版された乃木坂46のファースト写真集「乃木坂派」と同程度の売れ行きでした。そのことを考えると、再録でも一定数は出るのではと思った次第です(例えが他社の話で大変恐縮です)。
 乃木坂46は明日発売の「UTB+ vol.18」に登場する松村沙友理で14人目。本誌と同じ一冊100ページ弱で考えると、内容次第でまず一冊出せる程度はありますからね。

 こういった点を踏まえて不躾にもいくつか質問をさせていただき、まず「UTB」に掲載されている乃木坂46のソログラビアについて総集編(別冊)の予定を伺うと、「未定」ということでした。先述の通り、過去に例がなく、またあったとしても教えていただけないと覚悟していましたが、一番の目的はこういったサイトを通じてファンに呼びかけることへの理解が得られればということだったので、この点については回答を得られただけでありがたく思っています。
 ちなみにワニブックスさんからの回答では、「要望については本誌付属のアンケートハガキにてお願いします」ということでしたので、要望のある方はそれに従いましょう。

 ほかの質問と回答ではアンケートに関連して一つ。誰しもが気になる掲載基準は、アンケート結果についてもやはり加味しているようですので、購入された方は購入した目的と感想、要望(あれば)を書いて投稿することを強くおすすめします。読者は何を目的に購入したのかという『声』は編集部としても必要としているものだと思いますし、また他誌の話になってしまいますが、『乃木坂46井上小百合が読者の要望でKERAに再登場』ということもありましたので、多少の手間は惜しむべきではありません。

 そして、これが今回の目的となるところです。この記事を読んで、乃木坂46の総集編(別冊)が欲しいと思った方は、ぜひアンケートでその旨を書いて送ってください(多分、以前のものでも大丈夫だと思います)。実現する可能性についてはまったくわかりませんが、送ってみなければ始まりません。たとえ欲しがっているファンが多くても、実現するわけがないと思って行動しないファンばかりでは実現するものもしないのではないでしょうか。少なくとも、乃木坂46を目当てに購入しているという『声』を送ることは、乃木坂46や投稿者の推しメンにとってプラスになるはずです。アンケートでの協力ができないという方は、この提案を広めることで支援していただければ幸いです。

 今回は、高いクオリティに定評がある「UTB」だからこそ実現してほしい、また「UTB」という雑誌を知ってほしいという思いから、このような形で提案をさせていただきました。この場をかりて、毎月良質な「UTB」シリーズを届けてくださる編集部の皆様、突然の問い合わせにも丁寧に対応してくださった株式会社ワニブックス様にお礼申し上げます。ありがとうございました。

※当サイトと株式会社ワニブックス、ならびに同社の「UTB」「UTB+」は直接関係がありません。

参考・これまでの掲載メンバー

「UTB+ vol.11」(2012/11) 秋元真夏
「UTB vol.212」(2012/12) 井上小百合
「UTB vol.213」(2013/02) 伊藤万理華
「UTB+ vol.13」(2013/03) 桜井玲香
「UTB vol.214」(2013/04) 高山一実
「UTB+ vol.14」(2013/05) 齋藤飛鳥
「UTB vol.215」(2013/06) 橋本奈々未
「UTB+ vol.15」(2013/07) 深川麻衣
「UTB vol.216」(2013/08) 生駒里奈
「UTB+ vol.16」(2013/09) 若月佑美
「UTB vol.217」(2013/10) 西野七瀬
「UTB+ vol.17」(2013/11) 堀未央奈
「UTB vol.218」(2013/12) 中元日芽香
「UTB+ vol.18」(2014/01) 松村沙友理

バックナンバーのお求めは直販のワニブックスオンラインストアをご利用ください。
編集部のツイッターでは発売前に掲載メンバーを告知するオフショットクイズなどがつぶやかれています。

明日発売の最新号は松村沙友理が登場

COMMENT

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 総集編ならコストもかからないから安くなるよね?
    出たら絶対買う

  2. 白石は温存してるのカナ?

コメントはこちら

*

Return Top