Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46のエンタメニュースサイト

コラム( 5 )

Category
乃木坂散歩道・第205回「贈る言葉~永島聖羅卒業コンサートに向けて~」

乃木坂散歩道・第205回「贈る言葉~永島聖羅卒業コンサートに向けて~」

アンダーライブを愛する者にしてその立役者、永島聖羅さんが参加する最後のステージ……、参加が叶わない身としては「脳内公演」という形で送り出したい。乃木坂散歩道プレゼンツ、『乃木坂46アンダーライブ全国ツアー2016~永島聖羅卒業コンサート~in脳内公演!』、いざ、開幕です!
乃木坂散歩道・第204回「『ケーキ王子の名推理』七月隆文」~ホスピタリティ×ドレスコード~

乃木坂散歩道・第204回「『ケーキ王子の名推理』七月隆文」~ホスピタリティ×ドレスコード~

今回取り上げる七月隆文さんの小説「ケーキ王子の名推理」(新潮文庫)は、タイトルだけ聞くと男性にとっては中々食指が動かない響きかもしれません。僕も「乃木坂メンバーが読んだから」という、いつもの理由で読み始めた小説でしたが、乃木坂ファンとして、考えさせられる内容が沢山含まれていました。
乃木坂散歩道・第203回「妄想バレンタイン~2期生から1期生へ アンダー篇~」

乃木坂散歩道・第203回「妄想バレンタイン~2期生から1期生へ アンダー篇~」

「乃木坂工事中」の2週にわたるバレンタイン企画を見て、僕は感動し、なおかつ、反省もしています。ファンになって、かれこれ3年半が経ちますが、乃木坂46は、まだまだ未発掘の魅力にあふれているし、それを知らずにいるなんて、乃木ヲタとして罪であると。
「今、話したい誰かがいる」過去のマスターピースと似て非なる魅力

「今、話したい誰かがいる」過去のマスターピースと似て非なる魅力

まずは東京メトロ・乃木坂駅の発車メロディが「君の名は希望」に決まったことを讃えたい。しかし駅名との親和性、発車メロディとしての用途で考えるならば個人的には「乃木坂の詩」を推したかった。ここで問題提起したい。あまりにも「君の名は希望」に全てを委ね過ぎていないかい? 杉山勝彦にピアノから始まるイントロばかりを求め過ぎていな...
乃木坂散歩道・第202回「アンダー推しの『想い』を語り合おう」

乃木坂散歩道・第202回「アンダー推しの『想い』を語り合おう」

先日、乃木坂46の14thシングル選抜発表がありました。ファンの皆さんの想いがSNSに溢れました。それを眺めていて思ったのは、どの想いにも正しいとか、間違っているとかは無くて、『視点』が違うだけなんだなという事でした。どこから、何を見ているのか? それによって、生まれる想いが違うんだなという事です。
「乃木坂をよむ!」〜14thシングル選抜発表展望〜

「乃木坂をよむ!」〜14thシングル選抜発表展望〜

次回放送の「乃木坂工事中」にて、乃木坂46の14thシングル選抜の発表がなされる。思い返せば、前回はトピックスの多い選抜発表だった。見方としては、紅白出場を勝ち取るために万全の選抜メンバーで臨んだというのが妥当だろうか。そうすると、紅白後初の選抜発表となる今回はまた違った選抜が期待できるかもしれない。
「乃木坂をよむ!」〜Best Songs of 乃木坂46 2015〜

「乃木坂をよむ!」〜Best Songs of 乃木坂46 2015〜

乃木坂46の紅白初出場で終わりを迎えようとしている2015年。昨年に続き今年も個人的ベストソングを決めたいと思う。対象作品は今年リリースされた1st Album「透明な色」に収録された新曲8曲と、「命は美しい」、「太陽ノック」、「今、話したい誰かがいる」のシングル3作品、計27曲からベスト5を選ぶ。
乃木坂散歩道・第201回「君の名は『希望』。では、僕の名は?」

乃木坂散歩道・第201回「君の名は『希望』。では、僕の名は?」

乃木坂46の悲願であった「NHK紅白歌合戦」で披露する楽曲が、「君の名は希望」に決まりました。現在まで13枚のシングルを発売してきた中で、何故、3年近く前に発売した「君の名は希望」が選ばれたのか? それは多くの『支持』があるからだろうと思います。多くの支持が集まる、その理由をこの記事では考えていきたいと思います。
拝啓 永島聖羅様

拝啓 永島聖羅様

拝啓 永島聖羅様 17日の「乃木坂46アンダーライブ at 日本武道館」での卒業発表を受けて、今、貴方に手紙を書いています。
乃木坂散歩道・第199回「アンダーライブ集大成に向けて」

乃木坂散歩道・第199回「アンダーライブ集大成に向けて」

2015年12月17・18日、アンダーライブは一つの高みに達します。星野みなみさんの発言当初は夢物語と思われていた『武道館』の舞台です。晴れの舞台です、最高の気持ちで臨みたいですよね。そういう想いから、この記事では、まず『アンダーライブの歴史』を紐解いていこうと思います。
Return Top