Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46、13thシングルは西野七瀬と白石麻衣のWセンター体制に決定

 30日放送の「乃木坂工事中」(テレビ東京系)にて、10月28日(水)発売の乃木坂46の13thシングル選抜メンバーが発表され、西野七瀬と白石麻衣がグループ初のWセンターを務めることが明らかになった。

 13thシングルでは後列6人、中列6人、前列4人の新フォーメーションを採用。前作から定員が2名減り、10thシングル『何度目の青空か?』以来の16名体制となった。福神は変わらず二列目までの10名が「十福神」となる。

 今回の発表では、前作センターの生駒里奈がデビュー以来初めて福神を外れたり、桜井玲香がデビュー以来となる3列目に移動するなど、序盤から波乱の展開。2列目の発表では、齋藤飛鳥が6度目の選抜入りで初の福神入り、フロント常連メンバーの橋本奈々未が8作ぶりの2列目、星野みなみが8作ぶりに福神復帰を果たすといった動きがあった。

 そして、1列目の両サイドには初のフロントメンバー及び福神入りとなる衛藤美彩、初のフロントとなる深川麻衣が決定。Wセンターの二人は、過去3度にわたりセンターを務めた西野七瀬と、6thシングル『ガールズルール』でセンターを務めた白石麻衣の両センター経験者に決定した。

 なお、前作で選抜復帰の斉藤優里、初選抜の新内眞衣は今回選ばれなかった。他16名のメンバーは前作に引き続き選抜入りしており、その全員が一期生のみで構成されている。

13thシングルのフォーメーション

【3列目】桜井玲香(13)、若月佑美(11)、生駒里奈(13)、松村沙友理(13)、伊藤万理華(6)、井上小百合(9)
【2列目】齋藤飛鳥(6)高山一実(13)、橋本奈々未(13)、生田絵梨花(12)、秋元真夏(10)、星野みなみ(11)
【1列目】衛藤美彩(6)、西野七瀬(13)、白石麻衣(13)、深川麻衣(11)

*カッコ内は選抜回数を表します。

*3rdシングル「走れ!Bicycle」も実質、生駒・星野のWセンター体制ですが、公式には生駒の単独センター。

※内容に一部誤りがありましたので訂正しました。

乃木坂46 ソニーミュージックエンタテインメント 2015-10-28

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。更新頻度は下げますが、サイト内外を問わず、他ジャンルを含めた取材や記事執筆、お手伝いなどのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

COMMENT

  • Comments ( 30 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 二期生は欅坂に異動しないと
    飼い殺しだな

  2. これがいいとか悪いとかいった意見がたくさん出るんだろうけど、それよりも13thがどんな曲になるんだろうかと思い巡らすほうがより適切だろう。
    やはりフロント4名ありきの曲と考えるのが順当なところだろう。
    2列目、3列目はあまり脈絡のない感じ。内6人は福神ではあるんだけど、今の時点では意味は見い出せない。もし意味があるとすれば、今後発表されるかもしれないこと(ないかもしれない)が関係するのかもしれない。
    映画、ドラマ、舞台への出演とか、モデル起用とか。

    紅白へ出ることを前提で考えると、歌う曲は「命は美しい」、「太陽ノック」、13thのいずれか。
    前2曲のダンスを含めた曲調、今回のフロントメンバーを考えると、しっとりとした、もしかしたらバラードっぽい曲なのかもしれない。
    個人的には、「命は美しい」の出だしはあまりにも暗すぎるし、紅白の場で乃木坂をアピールする曲としては不向きじゃないかと考える。「太陽ノック」は無難すぎる気がするし。
    恐らくは13thもこれまでと同じような売り上げを示すような気がするが、もしそうなったら、いっそのこと紅白では「君の名は希望」でもいいかもしれない。圧倒的な売り上げでも示せば話しは別だが。

    今回の選抜、1つ残念だったのは、2期生が一人も選ばれなかったことだろうか。

    紅白に向けての個人的な希望は、もし決まった際には、何とかメンバー全員が出られるようにNHK側と交渉して欲しいな、ってことかな。
    曲の長さは1曲分でいいんだけど、例えば2曲のメドレーで、途中で入れ替わるとか。
    仮に今年出られても来年出られる保障は無いし。

  3. ある意味、選抜常連(準常連)内での移動のみ。
    優里とまいちゅんがアンダーへ移っただけとも言えますね。

    アンダーメンバーに絶望させるのが目的ではないと思いますが、
    守りもここに極めれり!

  4. 個人仕事も増えてきた今、福神、フロント(センター含む)に選ばれることの意味は以前とは若干変わってきたように思う。
    歌番組では、個人仕事で抜ければ誰かがその代わりを務めるわけだが、抜けることが多いメンバーを特にフロントでは選びにくくなる。学業があるメンバーはそれも影響する。
    単純に前にに来たから嬉しい、後ろの行ったから悲しいではなくなっている。

  5. 過去最低の選抜メンバーですね
    パフォーマンス力の劣るメンバーが福神とか
    握手会至上主義の皆さん満足ですか?
    パフォーマンスでNGTより劣る福神体制で良かったですね
    これで紅白なんて夢のまた夢ですね

  6. フロントを入れ替えたのはよかったとおもうけど、うーん。なんか惜しい
    アンダー入れないで、フロント入れ替えるならもっと徹底的にサプライズにしてほしかった。
    深川、衛藤のWセンターとかだったらファンとしてはもっとインパクトがあったのにな。
    せめてどっちかは新センターにしてほしかった。個人的には白石西野より、白石衛藤のほうが見たかったかも。
    それにアンダーを選抜にする気ないなら全員あつめて一人ひとりの選抜発表はもうやらなくていいんじゃない?
    公開処刑みたいで見るのがホントつらい・・・
    バナナマンがスタジオでもう決まってる選抜を一人ひとり呼ぶ形とかでよくない?

  7. 二期生からすれば未来の見えない選抜。
    紅白への体制にしては弱すぎでしょう。
    特に三列目に下がった三人は疑問しかありません。

    ときに「悲しみの忘れ方」はいつ収録されるんですかね。
    ライブを見る限りでは生駒センター曲なんですよね。

  8. 選抜3列目は舞台参加で稽古時間の必要なメンバー。アンダーはアンダーライブのためそのまま。
    選抜から落ちた2人は舞台組へ。
    今回はイベントのクオリティー重視の選考な気がします。
    選抜センターラインを主軸の6人にして、フロントを握手人気御姉様の2人で挟み、2列目はバラエティー担当その外側を若手で挟んでいてバランスがとれています。

  9. イベントが先か選抜選考が先か分からないけど、
    どちらにしても調整は出来たはず

    選抜常連・1期アンダー常連・2期の間の溝を深める選抜にしかなってない
    個々に誰と誰は仲良いとかあるけど、枠間の隔たりは確実に大きくなってる
    アンダーがどんなに頑張っても選抜には知名度・人気で勝ち目はないのを実感してるし
    2期はさらにその下の影。

    そうした葛藤もアイドル物語としてヲタを惹きつける要因になると本気で思ってるのかもしれないけど
    ”アンダーはアンダーで頑張る”とか、”いつかを夢見て頑張る”と言ってる2期とかが不憫すぎて
    目も当てられない

  10. この運営が個人のスケジュールを考慮してフォーメーション組んだ記憶はないですね。
    10thのように握手会を増やせず、おそらく12thのようなセブンイレブンタイアップのようなものもない中、12th握手売上を最大限取り入れた売上重視選抜でしょうね。運営はどうしても紅白を落とすわけにはいかないという表れなんだろうけど、「今までは何だったの?」とメンバーを傷つけてしまう結果になったと思う。

  11. 5周年を見据えて、握手人気に報いる最後の選抜だと感じました。
    私は握手には興味が無くて行ったことはありませんが、センター、フロント、福神、平選抜の並びはファンが選択してきたものですよね。そんなファンが失望するコメントを見ていて不思議ですよ。
    真夏ツアーで「乃木坂らしさ」の体現として希望と青空を生ちゃんピアノでやっているのは紅白に向けたものであり、13thはしないと思います。ある意味顔である生駒さんを3列目に下げた曲で紅白というのは考えられないですし・・・。あくまでも、これまで応援してくれたファンに向けた13thですから。
    14thからは劇的に次世代(ひめたんや2期生)に変化させると予測します。

  12. 見所は新福神くらい。結局、選抜内でのポジションを動かしただけ。生駒が言っていた「乃木坂は動く」って選抜内の話だけか?しかも選抜枠を減らすとかアンダーと2期生には堪らないだろう。

    Wセンターも今更新鮮味がない。フォーメーションが3rdと同じだけど、あの時はなぜ単独センター扱いだったんだろ?運営のご都合主義?
    あと、選抜発表の時のメンバーのコメントや表情。遠慮があったり、控えめなのはいいけど、時にはやる気や気持ちを表に出してもいいんじゃないの?毎度毎度、あんな感じでは見ている方も萎えますよ。

  13. 個別握手券の売り上げがそのまま出た感じ。30部メンは完売するという前提ですが。
    運営としては売り上げは大事。しかし、そのルールからすると堀ちゃんが唯一の被害者。
    プリンシパル無くなったけど、今の乃木坂、格差ははっきりしているのでやってもつまらない
    気がする。

  14. 昨日の選抜発表を観て
    乃木坂のファンを
    続けていていいのか
    本気で悩んでいます。

  15. 13thで紅白とかスケジュールとして無理でしょ。
    それにNHKが指定してくる曲は、そのアーティストの代表曲になるか夏に発売された曲
    前者ならば、おいシャン or 希望ってところでしょうね

    • 今年の曲が乃木坂の中でもずば抜けたヒット曲なら違うんだろうけど、それほどでもないからねえ。

  16. みさみさ、なぁちゃん、まいやん、まいまい…別に悪いとは言わないけれど、乃木坂ファン内の人気者を並べたフロントですよね。
    初のダブルセンターの意味って何なんでしょう?
    1人でも十分にセンターを務められるなぁちゃんとまいやんを並べたセンターに力強さは感じるけれど、だったら両サイドに若いメンバーを持ってくるとか…ダブルセンターが若い両翼をグッと力強く引っ張っていくようなイメージなら納得なんだけど、みさみさ、まいまいだとそんな必要もなく。
    みさみさ、なぁちゃん、まいやん、まいまいのフロントだと、4人とも「乃木坂46としての伸びしろ」はもうあとわずかな感じがして、安定感は感じるけれど、ワクワクしない。

  17. メンバーも、いろいろ迷うところだよね。人気グループに所属して満員になるアンダーライブをさせてもらえる乃木坂にのこるか、もっと高いところを目指すために卒業するか。後者は、成功する保証はない。

  18. 年長メンバーでフロントは
    固めましたね。あ、いつもか、、。
    2期生を入れた意味って何?
    お気の毒しかり、、、、

  19. 発売の2ヶ月も前に披露してしまうのって、いいんだろうか?

    何はともあれ映画の主題歌に採用されるのは喜ばしいこと。

  20. どんな感じか、楽しみですね
    まずは、ツアー、ご苦労様でした

  21. ひめたんファンです。
    選抜発表の後、ねういい加減にしろという怒りで眠れませんでした。
    でも、武道館ライブも決まり、3列目も舞台を経験させたいメンバー構成でよく考えられていることがわかり、今では良かったと思っています。ひめたんが選抜3列目に入って舞台の練習するよりも、ライブで燃えている姿を見たいですからね。永島さんや中田さんも同じだと思います。井上さんと万理華さんが居ない分、ライブを引っ張って欲しいと思います。
    2期生も同じ理由で、堀さんを筆頭に武道館ライブを成功させて、来年から始まる激動期の主役として活躍して欲しいと思います。
    なので、今回の選抜が最強という表現には疑問を感じます。そして、48グループの真似をする必要はないですが、紅白は全員で出場するものと思っています。

    • >紅白は全員で出場するものと思っています。

      年明けに活動辞退者続出でしょうね、一生「私、紅白出た事あるんだぁ」で一生自慢になりますから。

      んで欅坂への移籍、欅坂からの兼任、48G化が加速しますね

  22. ガチガチに人気メンで固めた紅白選抜
    今回は今までの選抜より不満を漏らすヲタが少ない感じ

  23. まあ、アンダーにも桜井・若月・生駒・松村・万理華・井上・高山
    このメンバーに負けないくらい活躍しないと選抜は難しい
    逆に活躍できれば選抜入りは自然とできる

    たぶん、可能性があるのは堀・中元くらいだろうな
    あとは初選抜枠、14thでは18人体制に復活するでしょう

    個人的に見てみたいのは、生駒のアンダーセンター
    アンダーのカラーを変える事ができるのか?躍進させる事ができるのか?っと興味ある
    万理華の時は純粋な想いを感じて眩しい純白
    井上はその想いを継承して、中元はさらに爆発させたいとがむしゃらを感じてパッションピンク!
    堀はアンダラがまだなので楽しみですねw

  24. 選抜常連メンバーではない2人をアンダーにして、選抜内のポジションをシャッフルしただけか…。
    生駒、松村あたりをアンダー起用したら、面白いと思うんだけどなー。
    アンダーの概念を変えてくれる可能性があるし、グループ全体にとっても良い刺激になると思う。

  25. 欅坂への兼任は生駒ではと思っています
    そのために、生駒抜きでもしっかりやれる経験つくるためにいきなりの福神外し、
    フロントは白石・西野へのフォロー人員で衛藤・深川
    衛藤はとにかく安定したトークスキルがあるし進行もできるからキャンペーンでは力を発揮できると思う
    二列目はそれ以外で期待ができるメンバー
    各メディアでPRできる力があるし、衛藤・飛鳥・星野のサプライズ感も出せる
    三列目はその他のメンバー、もちろん力があるから選抜にいる
    今回は特別枠はなく、今の乃木坂の純粋な選抜メンバーと言うことでしょう
    運営は紅白を前にリセットしたかったのではと思う
    噂ではやすすが乃木坂へのプロデュースを最小限にしているようです
    グループが増えたのでできなくなってきてると言うのが本音かもしれないけど
    とにかく、紅白以降の来年の展開にも注目です

  26. 乃木坂に所属しているだけで同じように本番の機会を与えられるわけではない。
    乃木坂が結成された時から間違いなく序列はある。
    それは選抜への選ばれ具合を見ても分かる。
    そういった当初の序列に逆らって上がってきた代表が、衛藤、飛鳥。
    一旦落ちたが盛り返してきたのが星野。
    思ったほど伸びが無かったのが中田。井上も多少微妙なところはある。

    結局のところ、アンダーに定着してしまっているメンバーが本当にしなければならないことは何なのか?

    歌うことや踊ることはもちろんなんだが、それ以上に美しさであったり、可愛さであったり、美的センスというかそういった化粧を含め、見た目を磨くことが必要なんだと思う。
    2期生を含め特に高校生メンバーは、今こそ磨く必要があると思う。
    それこそが選抜への近道だと思う。
    選抜常連メンバーが辞めればチャンスが訪れる、と思っているのであればそれは甘い。
    そうなったら3期の募集が行われるはずだ。

    衛藤は間違いなく当初より綺麗になったし、星野も痩せて可愛くなった。
    飛鳥は可愛さを維持していたが、それなりの年齢に達したことで推しやすくなった気がする。
    結成当初から見た目で伸びが見られないメンバーがアンダーに甘んじている。
    私はそう解釈している。
    だから、今のままなら選抜とアンダーの大幅な入れ替えなどありえないし、あってはならないと思っている。

コメントはこちら

*

Return Top