Nogizaka Journal

坂道シリーズ(乃木坂46/欅坂46)のエンタメニュースサイト

Nogizaka Journalについて

「Nogizaka Journal」(のぎざか・じゃーなる)は、“坂道シリーズ”の乃木坂46と欅坂46の話題を中心に、さまざまなジャンルの記事を配信するエンタメニュースサイトです。「NJを開いて新たな発見を」をコンセプトに、グループの主だった話題から、ファンでも積極的に調べなければ知ることのできない情報、様々な視点から捉えたコラムなどを提供しています。

坂道シリーズのファンにはより細かな話題を届け、そうでない人には興味を持ってもらうきっかけを作る、そんなサイトを目指します。

各種案内

『コンタクトについて』
各種お問い合わせ、情報提供や取材依頼、広告掲載・タイアップ記事のご相談、他媒体への執筆依頼等はコンタクト・情報提供よりご連絡ください。

『リンクについて』
当サイトはリンクフリーです。
ブログ等やっている方はリンクの設置やRSSの登録をしていただけると嬉しいです。

『コンテンツの引用について』
当サイトのコンテンツを引用する場合は必ず出典の明記とリンク(URLの記載のみは不可)をお願いします。
ただし、画像や動画の権利につきましては当サイト以外の各権利所有者・団体にある場合がございますのでご注意下さい。問題が発生した場合でも当サイトでは一切の責任を負いかねます。
なお、無断複写や転載等、引用の要件を満たさないケースは予め当サイトにお問い合わせください。

『コメントについて』
利用者は各記事のコメント欄に感想など自由に投稿していただけます。マナーを守ってご利用下さい。
他の利用者を不快にさせる発言、記事とは関係のない内容、宣伝を含むコメントのほか、管理者の判断で公開に不適切と判断したものにつきましては、適宜、承認の見送り、削除、編集をさせていただきます。内容によっては承認の順番が前後することもあります。
また、一度承認したコメントでも状況に応じて同様の対応をする場合がありますことをご了承ください。
サイトへのご意見を含むコメントに関しましては別に扱いますので、公開を約束するものではありません。
コメント投稿者は上記の注意を了承したものとします。

『動作環境』
・PC
Google Chrome、Safariでの動作を確認しております。

・スマートフォン
Google Chrome、Safari、Firefoxでの動作を確認しております。

プライバシーポリシー

当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをご確認ください。

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちらでご確認ください。

免責事項

このサイトを利用する上で生じるいかなる問題・損害・損失に対し、当サイト及び管理者は一切の責任を負うものではありません。あらかじめご了承下さい。
当サイトでは取り上げる事柄について、その内容を十分に伝えるために関連する画像や動画を使用することがありますが、権利侵害を目的とするものではありません。著作権や肖像権等は各権利所有者・所有団体に帰属しております。使用に関して問題がある場合には「各種お問い合わせ」よりご連絡いただきますようお願い致します。

当サイトは、乃木坂46、欅坂46、及び各関連団体とは一切関係ありません。

COMMENT

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. お疲れ様です☆(o・ω・o)ゝ中国から来ました。一緒に応援しましょう。

  2. By ジジ o(^o^)o

    NJ編集部 様

    他では見る事のできない深読みの記事など乃木ファンとして楽しく読ませていただき有り難く感謝しています。

    どうも記事を書かれているスタッフの方々は色々な着眼点からして大変なロマンチストの方が多いのではないかと推察します(笑)
    そして読者の皆さんのコメントも読むとそもそも乃木ファンになること自体がロマンチストである事の証明である様な気がして思わずニヤリとさせられます。

    乃木坂には初期から注目はしており、乃木どこでななせまるがティッシュ配りができずに泣いていた頃からの視聴者ではありました。しかし特に関わろうという思いはありませんでした。

    「バレッタ」で未央奈センターの発表あたりから楽曲に惹かれる様になりだんだんと気になり「夏のFree & Easy」が曲のわかり易さとダンスの可愛さで一気に嵌まるきっかけになりました。

    それ以来、乃木どこの過去動画をさかのぼりながら乃木世界を楽しんでいます。
    そしてついには神宮でコンサートデビューし、Okabeさんの絶賛するアンダーライブにまで足を運ぶ様になりました。

    確かに神宮では広すぎて自分の推しメンがいる場所を探す事で忙しく結局はスクリーンを見ている時間の方が長くなってしまい楽しくはありましたが不満も残る結果でした。

    アンダーライブセカンドシーズンでは5日の初日昼公演と8日公演の2回参加しましたがアンダーライブを絶賛されていた理由を肌で感じる事ができ満足しました。
    確かにメンバーの息づかいの聞こえる箱での一体感は武道館や神宮では得る事のできない興奮ですね。
    2回参加した事で、初日1回目の不慣れ感がすっかりこなれて完成形になっている展開も実感し大いに満足、メンバーのノリも伝わってくる良いライブでした。

    そんな訳でジャーナルの皆さんのおかげで100%以上の乃木坂を楽しむ事ができる幸せを感じています。
    有り難うございます。

    これからも楽しい記事を書き続けて頂ける様楽しみにしております。

Return Top