Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂散歩道・第157回「また、坂を登ればいい。紅白落選を受けて」

 今年の夏の神宮ライブで3万人を動員し、大成功を収めた時から、ボクは乃木坂46の紅白出場を確信していました。乃木坂の紅白初ステージをこの目に焼き付けるべく、紅白の観覧申しこみには往復はがき135枚送りました。それも、すべて無駄になりました。紅白、残念でしたね。

 ただ、一方でホッとしている部分もあるんです。今年出たら、スキャンダルのことで騒がれるだけです。乃木坂ファンとして、心の底から「おめでとう」と言うことも出来ず、もやもやした状態で出るよりも、ファン誰もが納得する形で紅白出場を決めてほしい。他の視聴者にも、なるべくマイナスイメージを持たずに乃木坂46を見てほしい。

 紅白落選は残念ではあるけれども、ホッとしてもいる、それがボクの今の素直な心境です。

「また、坂を登ればいい」

 紅白出場を逃して、良かったこともあると思います。その一つは選抜メンバーの閉塞感です。
 今年一年、乃木坂46の活動を見ていて、最近、心を揺さぶられたのは、アンダーライブです。一つの目標に向かい、メンバーが一丸となって立ち向かっていく姿は、本当に清々しいものですし、見ている者の心を熱くしました。

 選抜メンバーのいる場所は華やかではあるんだけれども、心を熱くさせる『何か』が感じられません。その『何か』に必要なものは、選抜メンバーが”容易に”一丸となれる目標じゃないかと思います。でも、今回見つかったんじゃないでしょうか? 選抜が目指すべき明確な目標が。
 来年の紅白を目指して、紅白出場に恥じることのない活躍を、次の一年でやり遂げるのです。誰にも文句を言わせない『圧倒的な』活躍をです。中でも、選抜メンバーにはメディアにおいて素晴らしい活躍を期待したいです。
 『アンダー』という枠組みが盛り上がりを見せる中、紅白落選が『選抜』の圧倒的な活躍への一つの起爆剤になることを期待したいです。

 また、メンバーの中には、『卒業』が噂されるメンバーもいます。ただ、紅白を逃した以上、『時は今』ではありません! そんな余裕は今の乃木坂にはありません。選抜、アンダー、研究生、一期生、二期生関係なく、全員で、全力で向かっていかなければ成し遂げられないのが紅白出場というものなんだと思います。

「これで手打ちじゃダメですか?」

 一部報道によれば、紅白の選考基準は「世論の支持」もしっかり加味されているそうです。これはそのアーティストを放送に出すことでNHKにどんな評判が返ってくるか、という意味でもあります。今回問題を起こしたのはあくまで個人とされていますが、世間は誰がではなく、「乃木坂が」スキャンダルを起こしたとしか思いません。今となっては、『乃木坂46の紅白落選の原因はスキャンダル』、そう言われてしまっても、もう誰も反論できないんじゃないでしょうか? スキャンダルを報じられた3人、そして、運営陣の対応への批判が集まることでしょう。これは自業自得で、擁護するつもりはありません。3人のメンバーと運営陣は紅白落選という事実を背負ってこれから活動していただきたい。

 ただ一方で、もうこの件に関して、乃木坂ファンの皆さんがファン同士で争う姿は見ていたくありません。3人へのバッシングと過剰な擁護、どちらも見ていて気持ちのいいものではありませんでした。3人のメンバーと運営陣は『紅白落選という十字架』を背負うということで、もう手打ちじゃダメでしょうか?

 乃木坂ファンとして、次に向かう一つのきっかけが欲しいのです。許す、許さないとは別の次元で、どうせ、乃木坂ファンを辞められないのなら、ちゃんと気持ちを切り替えて乃木坂を応援したいのです。

 誤解されると困るので、批判を承知の上で敢えて明確に書きます。スキャンダルを犯し、乃木坂を、ひいてはメンバー1人ひとりの努力を踏みにじり、将来に打撃を与えた3人のメンバーに対し、なんら処分を下さず、運営陣からファンが納得できる説明がないならば、『紅白落選の原因はスキャンダルとその対応』と断罪することで、ボクは自分を納得させて、気持ちを切り替えようと思うのです。
 とにかくボクは、この件でファン同士が言い争う姿はもう見たくありません。

 ただし、ボクは以下の事を一ファンとして発信したいと思います。

「フライングのルール」

 タイムを争う多くの競技で採用されている『フライング』のルール。陸上競技では2002年までは、『一人当たり1回』のフライングは許されましたが、2003年以降『2回目以降のフライングはすべての選手が失格』となりました。2010年以降は『1回目のフライングで即失格』という厳格なルールと変化しました。

 一連の騒動で、乃木坂46は一度目のフライングを犯しました。この後に続く文章は敢えて書きません。ただ、一度フライングを犯したという事実をメンバーが認識してくれたらなと切実に思います。

 もう後はない、崖っぷちです。もう一度のミスも許されません。前に進む以外の選択肢は有り得ません。メンバーが規律を正し、ちゃんと前に進もうとしているのなら、それを後押ししてあげたい。それがボク達乃木坂ファンの推し事です。

プロフィール

Okabe
ワインをこよなく愛するワインヲタクです。日本ソムリエ協会シニアワインエキスパートの資格を持ちます。乃木坂との出会いは「ホップステップからのホイップ」でした。ファン目線での記事を書いていきたいと思います。(ツイッター「Okabe⊿ジャーナル」https://twitter.com/aufhebenwriter

COMMENT

  • Comments ( 114 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 乃木坂46のルールと世間一般のルールは同じではないのはみなさんご存じのとおりです。

    たしかに不倫と報道されている行為や飲酒と報道されている行為が事実とすれば何らかの制裁を受けるべきことかもしれません。

    しかしながら現在明らかになっているものをもって職を奪われるとすれば、それはそれで人権侵害であるとも言えるのではないかと考えられます。よく契約の問題を持ち出す例も見受けられますが、それ以前の問題です。

    どうしても制裁を考えるとすれば辞めてもらうなどではなく、たとえば異動や謹慎で処理するのが適当でしょう。

    ただ個人的には、他の選に漏れたアーティストの顔ぶれなどを考慮すると、スキャンダルだけで判断されたとは考えにくいです。

    自論を正々堂々と述べるのはすばらしいことですが、世間や他人のことを直接取材もなく断定するのはやや危うさを禁じえません。

    • 全くもって同感。常連組だったaikoやゆずでさえ落選している様なので、乃木坂は全国的な話題性や実績でまだまだと評価されたのでしょう。
      逆に、今回のスキャンダルもファンの間では大きな出来事なのかも知れませんが、一般的には大した話題にもなっていないような気がします。
      NHKもスキャンダルを嫌って落としたとのだとしたら、「Rの法則」とかその他の番組にも出さないのでは?BSサッカーだってわざわざ乃木坂使ってるんだし。NHK的には乃木坂さんのこと好きだと思いますよ。そういう意味では、来年もっともっとNHKに貢献すれば今年のV6の様に出れるかもしれませんね。

    • たしかに不倫と報道されている行為や飲酒と報道されている行為が事実でないなら会見して身の潔白を証明すればいいですね。
      どれだけ記者が集まるかわかりませんが、一方的に自分の立場だけを言っておしまいとするのではなく、疑問に答えて欲しいですね。

      会見で潔白を証明すればいい話なのにしないできない、ということは世間は疑惑は事実ととらえますよ。
      メディアに取材でもなんでも応対できるぐらいクリアな団体になって欲しいですね、乃木坂は。

  2. メンバーを見捨てて平気でいたとして、そんな乃木坂を君は愛せるか?

    申し訳ないけど、俺はそんな乃木坂は愛せない。

    これからも嬉しいことやショックを受けることもあるだろう。

    でも、そんなこともファンとして楽しもうじゃないか。

    いろいろな姿を見せてくれればいい。

    一線級の女優になっても、一線級のソロアーチストになっても、人気者のタレントになっても、

    それでも乃木坂にいて、時に歌い踊ってくれたら嬉しいじゃないか。

    卒業することが全てじゃない。

    そんな女性アイドルグループがあっても面白いと思うんだがね。

  3. 発表が間近に迫っての内定報道。
    乃木どこ司会のバナナマンの紅白応援団(?)就任。
    NHKの様々な番組等への参加。

    これらをもって、メンバーはもちろん、ファンもその気になってしまった。

    だけど、世間が乃木坂とバナナマンの関係性をどれだけ知っているかは疑問だ。
    NHKへの貢献といっても、他にもNHKにたくさん出ているアイドルやアーチストがいるし、彼らと比較して多いのかどうかはよく分からない。

    実のところ、いい曲を出し続けているとは思うが、大ヒットを出しているとまでは言えない。
    地上波の番組で乃木坂のメンバーを見る機会が多いとも思えない。

    やはり乃木坂はまだまだなんだと素直に思う。

    私は、ソニーにはせめて一度バクチを打って欲しいと思う。
    乃木坂には役者を目指すメンバーが多い。
    ならば、夜10時台、せめて11時台に、メンバーの多く(全員でなくてもいい)が出演するシリアスな学園ドラマ(連続もの)を出来ないだろうか?
    Bad Boys Jやマジすか学園のようなものではなく、金八先生ばりの超シリアス、リアルな奴。
    乃木坂にはそれぐらいのポテンシャルはあると思うんだが。
    それが失敗したら解散でもいい。それぐらいの気概を持って。

  4. 夏フリはCDが50万枚売れていても有線ランキングのTOP200に一度もランクインしなかったことぐらいNHKは知っています。その年を代表するくらいの曲があれば紅白に出場出来るでしょうがCDの売上げだけが紅白の基準では無い事は演歌歌手の出場等で昔から明白です。子供からお年寄りまで楽しめる番組を考えているからでしょう。(逆に若者離れが激しい時期もありましたが)
    紅白落選をスキャンダルと結びつけメンバーにアイドルとしての自覚を促すのは無能な運営の管理方法です。ここだという時に「バレッタ」(これも有線ランク外)「夏フリ」。
    2度もミスをしたのは制作側でメンバーではありません。売れないなら地方のTVやラジオ局を回って宣伝をすればいいのに。メンバーもやりたいと思っているであろうに。
    ここは初心に戻りアルバムも各地で手売りでもするぐらいの奮起を期待します。

    • アメリカのBillboardでいうところのairplayとsalesだね。airplayが有線(アメリカではラジオでかかった回数だから、有線とは若干違うのかもしれない)で、salesがオリコン。
      Billboardの場合、これをミックスしてチャートを決めている。
      日本の場合、有線を聞く層、CDを買う層が違うから、この2つを比較していい悪いを言うのはちょっと違う気がする。

  5. なんか話の方向がだんだんずれて来ているよね!

    直接取材もせずって、確証もないのに批判するなって事でしょう?
    正論なんだけど一般人がどうやって直接取材なんかできるのよ?

    運営さんがスルーしているからこそ、こんなあることないことの
    話に脱線して陰謀説まで出てくるのさ

    情報を持っているところがダンマリを決めている一番の理由
    うやむやにしたい!
    思惑通りの展開だよね!
    騒げば騒ぐほど泥沼が深くなって真実から離れて行きます。

    でも乃木坂に関心があればこその皆さんの意見だと思います。
    ある意味、愛情ですよね
    だからこそ筆者さんは運営さんにしか答えの出せない問題で
    騒ぐのはこの辺にしてファンは次のステップに進みましょう
    と提案してくれているのだと思います。

    乃木坂愛を元のレールに戻しましょうよ!

    • なんとなくおっしゃりたいことはわからなくもないですが、よく意味がわからないです。どうして「思い通りの展開」と断定できるのか、愛し方を形にはめたがるのか、ファンにはいろいろいていいはずです。考えをひとつにまとめるなんて到底できません。

  6. 何やら力尽くで一連のスキャンダルと紅白落選は無関係と説明される方をチラホラ見かけますが
    逆効果とは思わないのでしょうか・・・?

  7. 乃木坂46あるいは乃木坂46のメンバーが出演している番組は、全国津々浦々で放送されている番組が多いとは言えず、私などは動画サイトで拝見させていただくことがほとんどです(笑)

    「乃木坂って、どこ?」「NOGIBINGO!3」はもとより、先日谷村新司さんとすばらしいコラボレーションをした「ミュージックフェア」も私の地方では放映されていません。

    また「何度目の青空か?」がフルバージョンで放映されたのは「乃木坂46SHOW」ぐらいのものです(「乃木坂って、どこ?」で神宮でのパフォーマンスが放送されましたが先述のように、「乃木坂って、どこ?」が全国津々浦々で見ることができない)。

    乃木坂46のファンでもないと、握手会の人気などとは関係なく、地上波での出演が多い生駒里奈とファッション誌で活躍している白石麻衣ぐらいしか知らないという方も少なくないでしょう。そこがAKB48との違いかもしれませんね。70歳ぐらいの方にAKB48のメンバーをどれだけ知っているか聞いてみたら、卒業したメンバーを含めてけっこう知っていましたからね。

    なのでスキャンダル(ファン心理としては人気メンバーの不倫「疑惑」のほうがショックしれませんが、社会的には飲酒のほうが重たそう)だけが原因と考えるのは早計かもしれません。

  8. 私は年頃の女性の前にアイドルであるのだから、普通の恋愛がしたいとか遊びたいなら、辞めるべきだと思っています。
    少なくともノーガードで遊びまわるなんてプロではないですから。
    下積みがなくてアイドルなれてるのは、スポンサーがいるわけで、企業イメージを損なうなら、グループの存在自体が危ういですよ。

  9. 不倫路チューと未成年飲酒報道は痛すぎた
    本当にこれが原因なら来年大ブレイクでもしないとまた落ちるな

    安易に謝罪してしまったのも対応を見誤ったと思う
    乃木坂側がアクションを起こさなければテレビ新聞は気を使って報道することもなかったはず
    ネットで一時的に騒がれてもしばらくすれば落ち着く
    内部で懲罰を与えるだけで良かったんだよ

    関ジャニの錦戸は警察沙汰を起こしたけど書類送検された山下だけを切り離して自分はスルーした
    当然報道にも名前は出てこず紅白には普通に出る

  10. 生歌での出演回数を増やして歌も聞かせられるアイドルグループになってほしい。せっかくアイドルグループにしては歌がうまいメンバーがいるほうだし、現在のセンターはなんといってもいくちゃんで、その両サイドもまいやんとなぁちゃんでしょう。生歌で勝負してもらいたい。恥をかいて経験を積まないと。ソニー(厳密には子会社)ともあろう企業が口パクばっかりさせちゃだめ(笑)

  11. 文春なんてくだらない雑誌は読まないから、11月19日発売の文春で再び大和が取り上げられていたなんて今の今まで知らんかった。多くの人が知らない可能性は非常に高い。

    その上で、関係する事象を時系列的にまとめてみる。

    遅くとも10月4日(土)には、乃木坂運営サイドに、文春に松村の件が掲載されることが知らされる。
    10月8日(水)  文春に松村路チュー騒動掲載。
             深夜放送のレコメンの生放送にて、松村自身が謝罪。
    10月10日(金)  乃木坂HPにて運営が松村の件を謝罪。
    10月15日(水)  文春の松村の追加情報、畠中の美容師とのお泊り愛、大和の未成年飲酒疑惑掲載。
              アンダーライブ開催。畠中、大和参加。
    10月16日(木)  アンダーライブ開催。畠中、大和参加。
    10月17日(金)  アンダーライブ開催。畠中、大和参加。
             ミュージックステーション出演。松村参加。松村硬い表情と報道される。
    10月18日(土)  握手会開催。松村、畠中、大和参加。松村、ファンに涙ながらに謝罪と報道される。
    10月27日(月)  松村、NOGIBINGOに出演せず。
    10月28日(火)  松村、ブログにて謝罪&現在の心境を吐露。10月5日以来の更新。
    10月31日(金)頃(?)、大和、再度の未成年飲酒疑惑(?)。
    11月1日(土)  畠中、大和、ブログにて謝罪。畠中は10月9日以来の更新。大和は10月5日以来の更新。
             乃木坂メンバー、トークライブ755開始。松村、畠中、大和も開始。
    11月2日(日)  握手会開催。松村、畠中、大和参加。
    11月3日(月)  握手会開催。松村、畠中、大和参加。
             松村、NOGIBINGO出演せず。
    11月8日(土)  大和、ブログ最終更新日(11月28日現在)。
    11月16日(日)  乃木坂の紅白内定報道あり。
    11月17日(月)  大阪にて乃木坂ライブ開催。半数のメンバーが参加。松村、畠中、大和参加。
    11月18日(火)  大和、トークライブ755最終更新日(11月28日現在)。
    11月19日(水)  文春にて、大和のブログでの謝罪前日の未成年飲酒疑惑を掲載。
    11月23日(日)  ラジオ番組「沈黙の日曜日」公開生放送。アンダーメンバー出演。畠中参加。大和参加せず。
    11月26日(水)  紅白出場者発表。乃木坂落選。
             日本テレビ、ベストアーチスト開催。乃木坂選抜メンバー出演。松村参加。
    11月27日(木)  名古屋にて乃木坂ライブ開催。17日の大阪に参加しなかった半数のメンバーが参加。

    一部省略している部分もあるけど、おおよそこんなところでしょうか。
    10月15日の畠中、大和、11月19日の大和の件は、文春から事前に伝えられていなかった可能性は高い。
    まあ、こう見ると、乃木坂の力が足りなかったことはあるけれど、大和は糾弾されても仕方がないなあ。
    ただ、大和の11月19日の件は、恐ろしい程、世間に伝わっていないよね。
    トークライブ755を見ても、いまだに普通に大和に問い掛けているファンもいるし。

    なんだろうな、松村、畠中、特に松村が今更ながら改めて叩かれるのは、なんか悲しいな。
    騒動発覚以降、松村の番組での発言、映る時間は大幅に減っているし、雑誌等への露出も減っている。
    運営サイド、番組制作サイドの意向があるのかもしれない。
    もういいじゃないか、と言える程時間が経っているわけではないが、それでも今も尚、怒り狂ったように松村を叩くのはちょっと違うんじゃないかと思う。

    この先どうなっていくかは見守るしかないが、松村の精神状態が心配だな。ついでに大和の処遇もね。

    しかしまあ、大和は実際飲酒したかどうかは分からないが、最初の発覚以降、再度疑われるような場所に行くっていうのはちょっと大胆というか、間抜け過ぎるな。
    それと、一方で問題行動を起こしているにも関わらず、一方ではメンバーと平気な顔して接していたかと思うと、この先メンバーとの信頼関係が崩れても不思議はないな。多分自覚が無いんだろうなあ。

    う~ん、困ったもんだ。

    • すごくわかりやすかったです。

      松村さんについては私も投稿者さんの「もういいじゃないか、と言える程時間が経っているわけではないが、それでも今も尚、怒り狂ったように松村を叩くのはちょっと違うんじゃないかと思う。」に同意します。

      その一方で許せないという意見を否定しません。

      ただ、気になっているのは紅白歌合戦がスキャンダルのために落選したという前提で進んでいることです。もちろんその可能性も否定はしませんが。

      • いろいろな意味では乃木坂は罠にはめられてしまったのではないか、という考えも持っています。

        最初の騒動発覚以降、松村にも張り付いていたかもしれないが、大和ごときに長期間張り付いていたとしたらどうにも解せない。日にちも含めピンポイントで狙ったとしてもそれも解せない。
        AKB、SKE、NMBの誰か(運営の人間も含め)からのリークである可能性は十分にある。
        考え過ぎかもしれないが大和自身が内通者、仕掛け人である可能性だってある。乃木坂では人気面も含め恵まれていないからね。

        いずれにしてもタイミングが良過ぎる。
        全てが偶然と言うにはね。

        正直、誰にも響いていないスキャンダルをスキャンダルと呼べるのかどうか、、、。
        スキャンダルは後付けの可能性は十分にありますよね。
        なにせ、タブロイド紙(文春のことね)に掲載されたことだからねえ。どこまで信用していいかは怪しいもんだし。それだけをもってNHKが決めているんだとしたら、NHKも頭悪いし。
        どこかしらからの圧力があったかもしれないし。

        ちょっと松村には甘いかもしれないが、紅白出場が決まっていれば、一つの区切りは付けられたような気がしてたんだよね。ほっとするというか。
        畠中と大和の件は、松村の件をきっかけにばれてしまったわけだけど、決して松村のせいではないし、ましてや大和の2回目なんて松村がああだこうだ言われる筋合いのものでもない。
        でも”松村の件をきっかけに”という部分はどうしても引っ掛かってしまう部分だし、結果的にこうなってしまうと、松村の苦悩はしばらく続いてしまうというか。
        芸能界に入ってたかだか3年程しか経っていないのに、ちょっと酷だよね。
        全てを受け入れて前に進もうとしてしていただけに。

        そもそも乃木坂が圧倒的に売れていて、地上波にもたくさん出ていて、名前が知られていればこうはなっていなかったようにも思う。

  12. 基本的には共感できる記事ですが、

    >もう手打ちじゃダメでしょうか?

    ダメです。
    もちろんあなた自身がそう思うのは自由だし、そうなるともはや個々人の心の問題です。ただ、私は全く同意できません。第三者(NHK)から罰(落選)を受けたというストーリーを作ったとしても、それは乃木坂46運営が自ら過ちを認めて正しい対処をしたわけじゃないからです。“泣いて馬謖を斬る”ことができないこの運営と、そもそもの原因を作ったメンバー達に対する強烈な不信感と嫌悪感は、将来に禍根を残します。そのことを見てみぬふりをして「前向きに応援しよう~!」と言っても到底納得し賛同できるものではない。

  13. ジャニーズはドラマ出演中でも飲酒喫煙したメンバーを外した。
    未成年にファンが多いアイドルの影響力はでかい。
    それを考えると不倫、飲酒での処罰としては軽いほうなのでは??

    • 全くの同意見です。

      恋愛発覚と、未成年飲酒・不倫は、同列で語られるべきではないと考えます。
      ただの恋愛発覚であれば、そのメンバーがファンを失うだけですので、
      運営がスルーをしても問題ないと思いますが、
      未成年飲酒や不倫は、反社会的行為であり、
      未成年等に悪影響を与える可能性がある以上、
      運営がスルーすることは許されないのではないでしょうか。

      ジャニーズと同様、厳しく処罰する必要があると考えます。

  14. けじめをつけない限り手打ちなんてあるわけない。
    批判も擁護も見たくないっていってるけど、
    紅白落ちて擁護できなくなったから手打ちでどうだと言っているように聞こえるね。

  15. スキャンダル以前に、乃木坂の世間での評価を客観的にできていない人が多いと思います。

    乃木坂含めたAKBGに関しては、1人のファンが握手券の付いたCDを複数枚購入する状況のため、CDセールスに対する評価をできにくい状況だと思います。握手権を付けることでCDを売っても売っても正当に評価されない理由を自分自身が生み出している状況です。そのため、他の指標(有線や、ラジオのパワープレイ回数、ライブ動員数・回数)も参考にせざるを得ないと思います。そして、セールス以外の指標は確かにあまり芳しくない。

    アイドルに興味の無い人で、今年リリースした乃木坂の曲を歌える、口ずさめる人がどれだけいますか?デビュー以降すべての曲を見ても、世間にある程度浸透した曲は、おいシャンくらいだと思います。
    若い男性の層を中心に、確かにファンは広がっていると思いますが、ある程度の年齢層やお子様(小学生)くらいの層には、あまり広がっていないような気がします。

    また、紅白というお年寄りからお子様まで幅広い層が視聴することを想定した番組を作るNHKとしては、出場する各グループ、歌手のイメージが視聴者に分かりやすく伝わることが求められると思います。その場合、女性アイドルグループに求めるイメージ、役割としては、若々しく元気いっぱいパフォーマンスして会場を盛り上げることが求められていると思います。全盛期のモー娘。、AKBやももクロは、そのイメージ、役割を具現化できるグループだと思います。

    乃木坂が、何度目の青空や君の名は希望を歌って、その役割を担うことができるでしょうか?
    僕は、乃木坂のこれらの楽曲は好きですが、紅白の場で女性アイドルグループがミドルバラードを歌うことは、求められていないと思っています。

    文章が長くなり申し訳ありませんが、皆さんもスキャンダル以外の原因も考えてみてはいかがでしょうか。

    • 多分、一番世間に届いているのは「制服のマネキン」じゃないかな。

      何かのインタビューで一般の人が答えているのを見たことがある。

      トータル的にはSKEもNMBもHKTも似たり寄ったりだとは思うけど、これらのグループは曲というよりも、その存在がそれぞれの地域で十分に認知されている可能性は高いよね。地元の番組とかCMとかね。

      乃木坂の場合、基本東京中心だから、地方まで網羅した紅白、って考えるとトータルで同じ程度の売れ方っていうのは不利に働くよね。

    • セールス以外の指標はあまり芳しくないというのは事実だと思いますし、
      乃木坂の今後の課題だとも思います。

      しかし、それはAKBGのグループも同じ状況である以上、
      紅白の当落を分けたのはスキャンダル以外考えられません。

      私は恋愛禁止を声高に叫ぶつもりはありません。
      しかし、未成年飲酒や不倫は、反社会的な行為と言わざるをえないし、
      特に、乃木坂は、若い男性の層のファンが中心なのですから、
      未成年に悪影響を与えるような行為は許されないと思います。
      現に、ジャニーズは、未成年飲酒や喫煙には厳しく対応されています。

      未成年飲酒や不倫をしたメンバーについては、何らかの処分がない限り、
      乃木坂のグループとしての再生はあり得ないと考えます。

  16. バナナマンの「バナナムーンゴールド」視聴中。
    どうやら、バナナマンも大和の2回目の件は知らなかったようだ。

    ところで、最近のワイドショーって、ほんと芸能ネタって少ないからね。
    わざわざ記者会見をする芸能人も少ない。
    災害、事件、事故、政治関連が圧倒的に多い。

    そんな中、乃木坂、松村程度の知名度、地上波への露出度で、記者会見なんてなかなか無いと思うよ。
    ワイドショー側が興味を持っていないのに、一体何を伝えるの?
    当事者が内容を否定したとして、それ以上何を突っ込むの?
    開いたとしても、一瞬で終わっちゃうでしょ。

    最初の報道の際ワイドショーが伝えたけど、それは文春がこんな記事を載せてますよ、っていう紹介(下らんコメント付きで)と、松村がラジオで謝罪しましたよ、っていう程度。それ以降、同じワイドショーで何度もこの件を話題にしたわけではない。

    世間的にはその程度の話しってことですよ。

    今思うとね、謝罪もセットで伝えられたことを考えると、報道直後に謝罪したことは意味があったように思うけどね。もし、謝罪に時間をおいてしまったら、謝罪の部分が伝えられなかった可能性が高いからね。

    まあ、真実語れ、っていう人いるけど、真実ってなんだろうね?
    こっちが勝手に思い込んでいることを、そのまま「うん」ってうなづけってことだよね?
    何かまるで勝手に裁判でもしているかのうようだ。

    • 案外、松村が語ったことは、松村自身が受け止めていた真実かもしれないと思っています。
      若い女性に聞いてみてください。30代の既婚者が、ナンパをしたり、誘ったりするはずがないと思い込んでいる女性は相当数いると思います。松村もその一人だった可能性は相当高いと思います。そして、「私は乃木坂46のメンバーです」「私は集英社の漫画雑誌のグラビア担当です」とそれぞれの立場を明らかにせずに密会していたということも事実かもしれません。(会話などから、心の中では、お互いの立場を推測していた可能性は高いと思いますが、確認しないのがお互いのためと口に出して確認しなかった)
      その場合、松村が犯した過ちとしては、グループ内における暗黙のルールであった「恋愛禁止」のルールを破っただけ(畠中と同じ)で、刑法や社会通念上の過ちを犯した認識がなかったということが真実かもしれません。

  17. そもそも、内定報道がどこまで根拠のあるものだったのかが定かではないですが。それを前提にしつつ、何か書き残さないと、私個人は整理がつかないので、ごめんなさい。

    スキャンダルが影響した、落選はスキャンダルが理由ではない、そこら辺はどちらも正しくて、どちらも正しくない気がします。
    選ばれたグループの中には、やっぱりスキャンダルがあったグループもありますし、中には、松村さん以上にグループの影響力が大きい人もいたと私は認識しています。そういう意味では、スキャンダルの影響よりも、最近の話題は48グループで今年は過去最高の何人でパフォーマンスみたいなのがスポーツ紙の一こまを近年話題になるくらいですから、48から選んでおけば、話題性も含めて多様な演出ができるから48すべてを選んだ。乃木坂が48の一部みたいな感じでパフォーマンスなんて、たぶんほとんどのファンは見たくない。48Gと乃木坂をどう絡めるか、演出の自由度という点で制約があるという気はします。
    一方で、紅白選考が佳境に入った時期にスキャンダルが続いたというのは、明らかにマイナスの印象を持たれたと思います。特に、最後の一発は、紙面を読む限り、飲酒していたと認識されてもしょうがないように感じました。そこは、店から出てきたところを撮られただけの最初の報道と決定的に違う。未成年の飲酒は、法律に違反しますから、けしからんレベルではすでにない。年の瀬を家族みんなで楽しむ紅白という点では、明らかにマイナスだったと感じています。松村さんが、薪に火をくべて、大和さんがガソリンを持ってきたという感じでしょうか。
    そのうえで、AKBと乃木坂の決定的な違いの一つは、誰もが知っているヒット曲があるかないかだと思います。もちろん、誰も知っているヒット曲がなくても選ばれ続けている人(グループ)はいますが、それでも初出場として選ぶには、総合的に見てちゅうちょせざる得ないというところだったのかな。勢いはある、売り上げも伸びている、でも演出やちょっとしたスキャンダル(ごめんなさい。暴力団との交際とかなると、ちょっとしたでは済まされないのであえてこう書きました)を吹き飛ばす活躍はできなかったというところでしょうか。まったくアイドルに関心がない同僚などは、乃木坂はまいやん以外わからないと言ってますし。

    そのうえで、たぶん3人がやめたところで、今年選ばれることはほぼない(以前、黒い交際が発覚して、決まったと発表された人がでなかったことがあるので、「ほぼ」としてます)。で、3人がやめたところで、来年選ばれる保証もない。メンバーが3人とやっていけないと思っているのなら、遠くないうちに、3人はやめていくしかない気がします。逆に、メンバーが、処分がなくても(公表されなくても)3人を支えるという思いでやっているのなら、それは、我々がとやかく言っても、しょうがないし、やめることもないのかな。そこら辺は、私にはわかりません。

    AKBは、全部見せて、裏側もできるだけ、ドキュメンタリーにしちゃってという感じで、すべてを見せる美学があると感じます。「恋愛禁止」のスローガンも、特に数年前までは、本当にちょっとしたことでやめさせられたり、やめたりしていったことも含めてすべて見せて、話題にする感じ。
    乃木坂は、これまで見せない美学を見せることでまた違ったファンを開拓していたのかなという気がします。超能力研究部の3人にしても、見せているようで見せていないという感じの構成になってますし。
    人それぞれ納得のさせ方はあって、Okabeさんは、手打ちと運営と3人への断罪で、それでも無理だという方、それは人それぞれ愛し方が違うから、仕方ない。
    私は、見せないのが乃木坂の美学であるなら、処分も何もしない、公表しないのは仕方ない。それでも、残念ながら乃木坂を離れられそうに現時点では、ない。だから、このコメント欄にしょうもない文章をつづって、納得させようと思います。ファンの心理は複雑で、AKBと一緒だといやだといいながら、スキャンダルがあったら、乃木坂もAKBと同じように「罰するべき」となる。難しいな。どこまで納得できるかはわからないけど、この駄文で切り替えたい。

    Okabeさんの文、いつも温かくて、厳しくて読みやすくて好きです。文筆業ですか?

    • 話題はそれますが、

      乃木坂が48の一部みたいな感じでパフォーマンスなんて、たぶんほとんどのファンは見たくない。

      という意見に賛成です。先日の「べストヒット歌謡祭2014」は酷かった。

      • うーん、熱烈に同意!!
        グループの一部の様な扱いだった事で違和感を
        覚えて不愉快になった

  18. 世間の人々は関心ない。AKB系は現状では紅白に出ない方が嫌われずにすむくらいだ。

    売れる気あるのだろうか?
    売れるには、数が多数派の普通の人に好まれないといけない。

    初めから一般客を取り込める売り方じゃない。
    このままじゃファン人気だけで終わる。
    乃木坂は可愛いと好む男女もいるから惜しい。

    マニアックすぎる。セーラーやダサめのぶりっ子系。幼い服装。
    これでは普通の客が好まない、入れない。ファンの好みだけになってる。

    一般の需要や好みを考える。売れたければ市場調査する。
    良い個性(可愛い女らしさなど)は残すべきだが、今までと同じでは何も変わらない。消えていく。
    世間に受け入れられるような服装・雰囲気に近づけるとか。

    ネットでの一般意見
    「AKB系はファンだけで勝手にやってくれ」
    「秋元は通好みばかり作りすぎ。普通の人が喜ぶのも作ってくれ」とか見た。

    話題になったのがスキャンダルだけという悲しさ。世間的にはそれ誰?だ。

    運営もファンも何が問題か考え、改善点を提案してるのか?
    世間の批判意見をよく考慮しないといけない。
    自分たちの独断で良いと思うものを、
    そのまま押し付けたって好かれる(売れる)訳がない。

    否定するなら世間一般の人々に聞いてみたらいい。

    • あなたの言うマーケティングをして、誰にも受け入れられるような服装で、誰にも受け入れられるような容姿・しぐさで、そして結果的にもすごく売れているのって誰のことを指してるの?

      あなたの言うアーチスト? アイドル?
      でも、それでは新しいものは生まれないね。

      それにワクワクもドキドキもない。

    •  ぼくは何度も乃木坂46の握手会などに参加して参加者の流れを観察してきたけど、おじさん層もいたし中高生もいたし親子連れもいた。そのためぼくが観察した限り、乃木坂46のファンは世間一般の人たちと何ら変わらないように思えたのである。そのため、あなたの言っている一部のファンと世間一般の人間をどのような形で区別しようとしているのかがよく分からない。
       ぼくは40年近くもあらゆるタイプの芸能人のファンをやってきたから、アイドルに関しては中3トリオも聖子も明菜も、おニャン子もSPEEDもモーニング娘。もPerfumeもAKB48姉妹グループも皆応援してきた。しかしながら乃木坂46は、CDが50万枚以上売れているとはいえこれらのアイドルたちの足元には及んでないようにぼくには感じられる。加えて最近は、アーティストやミュージシャン系ですらCD売り上げは伸び悩んでいるし、むしろ世間一般よりもファンのことだけを考えたプロモーションばかりを行っているというのが現状である。
       むしろ今の音楽業界は、AKB48姉妹グループや乃木坂46に限らず世間一般よりファンのことだけを考えて活動しているアーティストばかりになってしまったように感じるのだ。そのため、あなたが臨んでいるような世間一般から幅広く愛されるアーティストの出現は望むべくもないでしょうね。
       あなたが世間一般から幅広く支持されるアーティストの出現をそんなに望んでいるのなら、あなたが世間一般の人たちにアンケートを取るなど調査をした上で芸能プロダクションを起業し、血眼になって世間一般が納得するアーティストを本気で育ててはいかがでしょうか。

  19. By 高木あきよし

    Okabe様
    秋元康氏よりもっと年上の男性ファンです。
    乃木坂散歩道第157回拝読しました。やさしさのにじむ文章には非常に好感を覚えております。
    また、みなさまの90comentsも、ひととおり読ませていただきました。
    私の感想を書き込みさせていただきます。
    乃木坂のNHK紅白落選を知って私は、当然の正しい判断だったと考えます。
    落選理由を推論すれば、やはり、松村、大和、畠中3人の一連のスキャンダル報道と、それから乃木坂事務所の対応の不備にあると思います。スキャンダルによってファンに大きな失望をもたらし、かつ、事務所が3人を処分しなかったため「世論の支持」を失ったからだと考えます。若月の「プリクラチュー写真」のときは、すみやかな謹慎処分を下した事務所が、今回、わずか数行のコメントしか対応しなかったのが不思議です。容易に処分ができないくらいに、他のメンバーも「やっている」からでしょうか。疑いたくなります。
    スキャンダル以外の原因を主張される方も多いですが、活動実績は、少なくともHKTには劣らなかったものと考えられます。
    90comentsを拝読すると、3人の非難と擁護の議論が錯綜してきており、Okabe氏が自身のコラムで書いてらっしゃるとおり、「ファンどおしが言い争う姿」のようで、悲しくなります。ほかのコラムの書き込みよりも、みなさま感情的になってらっしゃるようで。しかたないかもしれませんが。私も、大好きな乃木坂に裏切られた気持ちが、まだおさまっていません。「大和の路上チュー写真」には、もう、本当にがっかり。乃木坂から気持ちが離れてしまいました。あんなに毎日聴いていたのに。
    時系列で事件後のプロセスを整理した方の書き込みも、興味深く拝読しました。「大和の路チュー」を報道した文春の三度めの記事までを、NHKが知って落選させたかどうかは、わかりませんが、早い時期から内定していたのを、スキャンダルが覆したと推測します。スキャンダルによって「清純派」乃木坂の社会的イメージが、大きなダメージを受けてしまったと考えます。
    ですので、「落選後は、これで手打ち」と納得することは、むずかしいのではないかと思います。
    皮肉なことに、生駒、松井は兼任ですので、この二人は紅白に出られることになります。松井はともかく生駒の心中は複雑でしょう。乃木坂に勢いをもたらした最大の功績者は、生駒だからです。10枚のシングルの半分は、生駒がセンターですよね。それも、もっとも大事なファーストシングルから5枚目まで連続で。彼女のことを見て、乃木坂が気に入って思い入れするようになったファンは、きっと大勢いるはずです。生駒も、こんな形で出たくはなかったでしょうね。秋田育ちの一本気のガチ娘、しかも、いまだに不思議な光彩を放っている秋田美少女の生駒さん。かしこい子です。
    はたして、来年の今頃の乃木坂はどんな状態になっているでしょうか。
    最近は、乃木坂を聴かなくなりました。3人が出ている映像、画像は、見ません。「不器用太陽」が、妙にいい曲に聞こえてきます。

    • 時系列を書いた者です。

      まず、非難と擁護が錯綜して、とありますが、自分自身いろいろな思い、考えがよぎるし、いろいろ考えることは自由だから、その辺は仕方がないかなと思っています。
      それに、どこぞのまとめサイトに比べれば十分まともだし。
      最初の松村の時なんかは、違う考えは許さない、みたいな雰囲気がありましたから、ある時から見にもいっていません。

      私自身は今乃木坂に対して、逆に愛おしくなっているというか、目を離せなくなっているというか、そんな状況です。

      今後どうなっていくのか?

      彼女たちは、自分たちが進んでいる道を”上り坂”と言っています。
      そもそも上り坂なら、その道は楽なはずがない。障害があって当然。
      無傷ではいられない。
      平々凡々なドラマはつまらない。何が起きてもそれも含めて楽しみたい。

      まあ、そんな感じで向き合っています。

      生駒に対しては紅白を辞退して欲しいなあ、とも思うし、出たら出たで悔し涙を浮かべながら歌って欲しいなあ、と勝手に想像を膨らませています。いずれにしても乃木坂愛を見せて欲しいなと。

      松村に対しては、もうこれで十分かなと思っています。まあ、許すというか、そんな感じです。騒動発覚以降、全てにおいて自嘲気味の活動だし、それでも出演しなければいけない辛さをあるだろうし。次のシングルで選抜を外れることも可能性としてあるだろうし、松村は恐らくそれさえ受け入れる覚悟はあると思っています。

      処分に関しては、その時々の状況によって変わるだろうし、一貫していないように見えるのは致し方がないと思っています。運営の対応がという意見をありますが、あまりに狡猾過ぎてもなあとも思うし、そんな運営だからこそ今の乃木坂が生まれたのかもしれないし。

      処分内容もはっきり明かさないというのも、一方では非難されますが、一方ではそれなりの意味もあるかなあと思い始めています。
      未成年者が多いグループでもあり、彼女たちの長い人生を考えた場合、この先全てを運営が責任を持つわけではないが、むやみやたらにレッテルを貼ることが得策であるとも思えない。
      言っちゃ悪いが、紅白程度のことで、剥がしようのないレッテルを貼りつけ、この先違う事務所に移れるだろう機会を奪う必要もない。

      いろいろ書き連ねましたが、これも含め全て楽しんでいるわけです。

      • By 高木あきよし

        時系列を書いた匿名様

        私の書き込みに返信いただきましてありがとうございます。
        事件の真相を解明しようとするとき、時間的な順序を追って事実を整理、確認することは、必ず必要になるわけで、大いに参照させていただきました。相当の分析力のある方とお見受けしました。それに、乃木坂が本当は大好きなんだ、という気持ちが、なんとなく伝わってまいりました。
        それで、落選の原因と推測される3人のスキャンダルについて少し書かせていただきます。

        まず松村です。そもそも乃木坂が大成功したのは、「清純な良家の子女のアイドル」という社会的なイメージが確立できたからではないかと考えます。めぐまれた家庭に育った名門校の女子たち、というイメージがあればこそ、「Nogibingo」などで、彼女たちが泣いたり逃げまどったりするのが、とても魅力的に見えてくると思うのです。彼女は、それを台無しにしてしまった。彼女自身も名門校の出身ですが。心配なのは、感受性が豊かで敏感な彼女が、精神に変調をきたさないかということです。運良く手に入れたアイドル人生に執着し出演し続けたい気持ちもわかりますが。

        次に、畠中です。バレッタの個人PVで彼女は「写真週刊誌の魔の手から逃れる方法」をシミュレーションしていたにもかかわらず、撮られてしまった。ただ、彼女の場合、お相手の男子は、ウエブ画像で見た印象では、なかなかのイケメンで、いかにも畠中が好きになりそうなタイプ。これは、マジの「純愛」かもしれません。彼女は、いつもガチで捨て身で生きている子だと思います。メンバーの中ではいちばん不良っぽい感じがしますが、真剣な気持ちがありそうなので、責める気がしません。畠中のようなタイプが好きなファンも大勢いるでしょう。

        最後に、大和です。彼女がいちばん良くない。「涙がまだ悲しみだった頃」のMVでは、夜の海辺の女子会で無邪気な、はしゃぎっぷりを見せてくれた大和に、別の夜の顔があったとは!私としては意外でした。「未成年者飲酒」ぐらいなら、ごめんなさい、で済むと思います。ところが、路上チューが、いかにマズイことが、知ったはずの後に、松村と同じことをやった。これはアイドルとして本当に赦されない。大和の与えたダメージの方が松村より大きい。「松村が薪を持ってきて大和がガソリンを持ってきた」と書いた方がいますが、たしかにそんな感じです。私も、この事件で、すっかり乃木坂が嫌になってしまいました。これでは、ほかのアイドルよりひどい。ほかにもやっている子がたくさんいるのか?

        では、これからどうしたらよいのか。
        正しくは3人とも自主的に卒業すべきでしょうが、世の中には、責任をとらずにゴマ化すエラい人がたくさんいます。あまりに厳しいことを求めるのは、「たかがアイドル」には酷かもしれません。

        今後、11枚めのシングルなど、楽曲とパフォーマンスそのものの魅力で、多くのファンを惹きつけ続けていく努力が最善の方法だと今は考えています。バナナマンの二人がいうように「時間が解決してくれるしかない」といえますし、ある方が書いたように「なるようにしかならない」ともいえます。

        なお、松村の事件については、このウエブの「乃木坂散歩道~権利と責任、罪と罰」に私も10回書き込みさせていただいてますので、興味をお持ちの節にはお暇なときにお読みいただければ幸いです。この事件が残念でしかないんですね、私も。

  20. 本当に残念です。大学進学や恋愛を捨ててアイドルをやっているアンダーメンバーが可哀想で仕方がない
    来月には選抜発表があるかもしれません 問題を起こしたメンバーが普通に選抜に入るようだと、メンバーのモチベーションに影響も出てくるかもしれませんね

    • 発覚していないだけで、残りのメンバーが「恋愛を捨ててアイドルをやっているアンダーメンバー」とは限りません。
      そのくらいの気持ちで応援していないと、発覚した時のショックが大きくなり自分自身の負担が大きくなることくらいそろそろお勉強された方がよろしいかと思います。
      相手は所詮、手の届かないアイドル、芸能人くらいに思って、のめりこみ過ぎないことが必要だと思います。

  21. もしかしたら、AKSの狙いは、乃木坂の解体、白石・生田の強奪かもしれん。

    奴らならやりかねん。

    •  生田絵梨花はともかくとして、白石麻衣はFNS歌謡祭でAKB48の衣裳を着てようかい体操を踊っていたから、正直気にはなっていた。

  22. 本当に不思議なのは、週刊誌やスポーツ紙の言うことを本当と疑わないネットの姿勢ですね、紅白落選の理由がスキャンダルなんてNHKの選考に関わった人が一言でも言いましたか? 全て憶測です。その憶測をおもしろおかしく記事にして部数を伸ばすのが記者の仕事で、それを鵜呑みにして批判したり反省しろと言う考え方が理解できません。そもそもの発端は文春記事ですがその記事ですら憶測だらけなのに、そこから拡散したネット記事を信じるほうがどうかしてます。批判するならまず記事を自分で読んで本当かどうかを考えてからでしょう。

    • 文春はタブロイド紙。
      彼らは貧実を伝えることを責務としているわけではないし、ほとんどの場合、わずかな情報から憶測で記事を書く。
      それを読者は、あたかも全てが真実であるかのように信じてしまう。

      誰もがそう思うから真実なのではなく、そう思わせるような書き方をしているからだということを。

      実のところ、決して誰れもが真実を欲しているわけではないことも。
      欲しいのは自分に都合のいい”真実”であることも。

    • 23枚の鮮明すぎる現場写真
      そしてアイドルとして初となる鮮明な動画
      これが重く揺るぎない証拠なんです…。
      目を背けない限り否定できませんよ。

      • わざわざ、お金を払って、知りたくもない、見たくもない写真や動画や記事を見る必要はあるのでしょうか?
        ファンには、目を背けて、そういう情報を受け入れない自由もありますよ。
        文春の記事を見て、何か嬉しいこと、楽しいこと、幸せなことがありましたか?
        お金を払ってまで、辛い気持ち苦しい気持ち悲しい気持ちを味わう必要があるのでしょうか?
        握手をするために、同じCDを10枚、100枚、買うこと人のことを、秋元Pに鴨にされているという言われ方をしていますが、スキャンダル記事を見るために、文春のWEB会員になったり雑誌を買うことも文藝春秋社の鴨にされているだけだと思います。
        どちらがいいかと言われれば、同じCDを何枚も買っている方が、まだ、お金の使い方としては、よいのではないのでしょうか?
        何でも情報を受け入れて、振り回される生活は、楽しい人生を送れませんよ。
        多くの乃木オタさんに言えることですが、情報に振り回されて、狼狽えたり、ヒステリックになったりし過ぎです。
        よく「女性の嘘を信じてあげる方が幸せになれる」と言いませんか?
        松村の言っていることを信じてあげた方が、よほど楽しいオタ生活が送れると思いますよ。

        • 人間を捨てればそれでもよいでしょうね

        • By 高木あきよし

          匿名 様

          このご意見たいへんおもしろい!
          たしかに、「知る権利」の反対に「知らない自由」というものもありますね。
          人生、世の中には、知らない方が幸せになれることがたくさんあります。
          眼からウロコでした。

          • 高木様が、ご自身でおっしゃるとおり秋元康氏よりも年上のファンであるのならば、あなたのようなファンが、私の見解に目からうろこを落としている場合でなく、きちんとした信念、哲学と人生経験において、スキャンダル記事に惑わされることのない見解を自ら示されるべきと思います。

            松村の言うことは全て嘘で、週刊文春の記事は全て信憑性がある、また、
            文春が第2弾、第3弾の記事を掲載した理由が、乃木坂46運営委員会の対応が文春の逆鱗に触れたという見解に賛同するなど、一方の見解ばかりを鵜呑みにしている人が、乃木坂46ファンに多い気がしております。
            なかには、第1弾でWEB会員数や紙の販売部数が伸びたため、乃木坂の記事は金になると判断し、第2弾、第3弾を掲載した可能性を考える人がいてもいい、いや、いるべきと思いますが、そういった意見をほとんど見かけません。
            もしかすると、これらの記事に発狂すればするほど、文春の思う壺になっている、文春の鴨になっていることを気づいていないのではと思い、このような書き方をさせていただいた次第です。
            乃木坂46ファンが、楽しいオタ生活を送るため、文春の記事を無視しネット上で大騒ぎすることがなければ、文春の第2弾第3弾もなければ、NHKが騒動を恐れ、内定取り消しの判断をすることもなかったような気がしています。
            高木様は、いかがお考えでしょうか?

        • By 高木あきよし

          「このご意見たいへんおもしろい!」という私の書き込みに対して、「目からうろこを落としている場合でなく、きちんとした信念、哲学と人生経験において、スキャンダル記事に惑わされることのない見解を自ら示されるべきと思います。」と返信いただいた匿名様へ。
          「高木様は、いかがお考えでしょうか?」というご質問ですが、「知る権利」より「知らない」自由という書き方が、すごくエスプリの効いたものに感じられたので、このように書き込みした次第です。
          しかしながら、それでも真相を究明したくて、いろいろと考え追求したくなるのが、人間というもののややこしいところではないかとも思っています。
          Okabe様の今回の記事は、紅白落選についての記事ですので、それに関連して3人のスキャンダルで私が思ったことを、書き込みしました。上の方書き込みに出ています。
          松村の事件については、「乃木坂散歩道~権利と責任、罪と罰」に私も、私の名前で、10回書き込みさせていただいて、自らの考え方を示しているつもりですので、ちょっと長い文章ですが、そちらの方をお読みいただければ幸いです。ご質問の答えになっているかと思います。
          なお、文春の販売戦略の「おもわく」や乃木坂運営との「暗闘?」の書き込みも多数の方のものを、いろいろ拝見してますが、証拠資料が不確実で憶測以上の冷静な推理が困難だと考えていますので、コメントはご容赦ください。
          現代の「ウエブ社会」は、だれでも自分の好きなことが書き込みなどで表現でき、それが瞬時に大量に流通する社会です。文春の記事をめぐる大騒ぎは、デマや流言飛語も含んでおりますが、事態をだれも収集できないことが「問題」ではあります。

  23. まあやがブログで内定の話があった旨話してますね。
    内定が出ているのなら、または出そうなら各個人の行動は
    慎重にすべきでしょうね。企業でも素行不良なら内定取り消しになる
    でしょ。それと同じ。
    運営がメンバーの守り方を誤ったかな。

  24. スキャンダルを連発することで、今 乃木坂が一番気を付けなければいけないのは、今後紅白に出場できるかどうかなどではなく、乃木どこが終了してしまうことがないようにすることである。

    乃木どこは、今の乃木坂にとっての生命線。

    もし、これが終了してしまった場合、あっと言う間に乃木坂の終焉がやってくる可能性さえあると思っている。

  25. 本当に紅白落選なんだろうか?辞退したのでは?
    内定があった事や選抜メンだけの要請であった事とともに「来年は乃木坂46で出場したい。」メンバーのブログから推測すると。オファーはAKBグループでのメドレーじゃなかったのか?運営はOKでも、ソニーが拒絶したのではないか?紅組が3組多いのも説明がつくし、全員参加ではなく選抜だけだというのも。
    紅白とスキャンダルは別に考えた方が良いと思うのですが。

  26. 記事読ませていただきました(遅くなりましたけど笑)

    落選は見えていたと思っています。
    その十字架を背負った上での覚悟を示すことが今の乃木、今というよりこの飛躍の年を終える上での絶対条件ではないかと思います。

    ファンの争いへの見解、そしてあるべき姿
    このお考え素晴らしいです
    記事を楽しみにしている身なので、やはりいいお話を聞けたと思っています!

    これからも心に染みる記事、期待してます

コメントはこちら

*

Return Top