Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46の新曲「渋谷ブルース」は白石・高山のユニット曲

shirataka
白石麻衣・高山一実(左から)

 乃木坂46の4thシングルに収録される「渋谷ブルース」がユニット曲であることがわかった。

 同曲は12月19日発売予定の「制服のマネキン」通常盤に収録されるもので、作曲・編曲を佐藤嘉風が務める。そして、この楽曲を白石麻衣、高山一実の二人が歌うという。

 『この曲はアコースティックギター1本をバックに、白石と高山が絶妙なハーモニーを聴かせる昭和テイストのフォークソング。聴きどころのひとつである2人のハーモニーについて訊かれると、白石は「今までの曲でもハモリをやらせてもらったことがあったんですけど、今回みたいに2人だけでハモるのは初めて。レコーディングのときはどういうふうになるんだろうって想像つかなかったけど、完成した曲を聴いたらきれいにハモれてたので、うれしくて泣きそうになりました(笑)」と回答。高山は「すごく高いキーのハモリパートがあって、そこは苦戦しましたね」とレコーディングを振り返った。』(natalie)ということから、乃木坂46としてはまた新たな一面が見られることになりそうだ。

 また今回の発表で、以前高山がブログで言っていた「最近、とっても嬉しいことがありました! ヒントは私の大好きなものに関係しています!」(10日のブログ)は昭和テイストの「渋谷ブルース」のことと見られており、近いうちに本人からも喜びの声が聞かれることだろう。

制服のマネキン
制服のマネキン

posted with amazlet at 13.02.20
乃木坂46
SMR (2012-12-19)
売り上げランキング: 1,340

コメントはこちら

*

Return Top