Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

5thシングルの個別売り上げで白石麻衣が圧倒

©乃木坂46運営委員会
白石麻衣(乃木坂46)

 3月13日(水)発売予定の乃木坂46の5thシングル「タイトル未定」。その個別握手会の二次受付終了時点の売り上げで、白石麻衣が他を圧倒していることが8日、わかった。

 個別握手会は通販サイト「キャラアニ・チャンス」で販売されている個別握手会参加券付き通常盤を購入することで参加ができ、全国握手会よりも会話できる時間が長いことや、事前に一人のメンバーを選んで握手できることからコアなファン御用達のイベントとなっている。

 8日、キャラアニで三次受付が始まった時点での完売状況を見てみると、完売を出していたのは白石麻衣、橋本奈々未、松村沙友理の3人。それも白石が二人を圧倒する完売を打ち出していた。

 今回の個別握手会は幕張メッセ、東京ビックサイト、ポートメッセなごや、京都パルスプラザ、横浜パシフィコの5会場。3人ともグループ最多の各会場5部、全25部で販売をしていたのだが、橋本、松村がビックサイトで各1部ずつ完売を出していたのに対し、白石はビックサイト全5部完売を含む8部完売となっていた。

 前シングル「制服のマネキン」で同じ時点での完売状況と比較してみると、3人とも販売部数は同じ。橋本、松村も今回と変わらず1部の完売だったが、白石は4部完売。今回の8部完売というのは、2ヶ月あまりで実に倍の部数を売り切ったということで、ファンの増加が顕著に表われている。
グループを代表する美人メンバーであることは周知の通りだが、今年放送が始まった「うまズキッ!」(フジテレビ)のレギュラー出演などの影響が改めてうかがい知れる結果となった。

 握手人気の高さから御三家と呼ばれていた3人から、白石がかなり差をつけることになったが、いってもそこは御三家。ほかの2人も今後売り上げを伸ばしてくると思われる。
そして、その下から追い上げをかける西野七瀬、高山一実、生田絵梨花の3人の追走にも注目だ。

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

COMMENT

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 三次受付終了時点で白石16/25
    松村10/25
    橋本8/25
    くらいは伸びそう

  2. 白石圧倒ではなく他のメンバーが売れなくなったのでは?
    御三家以外のメンバーが1人も完売なし!
    御三家の完売10(うち白石が8)を含めた完売率が2%(10/427)
    4thの時もこんなだった?
    これって緊急事態では?
    これで個握成立する?

  3. 一次で売り切れにならないようではまだまだ比較しても仕方ない

コメントはこちら

*

Return Top