Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

次週の「AKB48のオールナイトニッポン」は乃木坂46西野七瀬スペシャルに決定

ann-akb-site1502AKB48のオールナイトニッポン

 2月18日放送のニッポン放送「AKB48のオールナイトニッポン」(毎週水曜25:00-27:00)は、スペシャルウィーク特別企画「ここがラジオだ、ここでぶちまけろ! 乃木坂46西野七瀬スペシャル」を行なうことが決定した。

 これは昨夜の放送内で発表されたもの。番組では昨年10月のスペシャルウィークから、10月に指原莉乃(HKT48)、12月に高橋みなみ(AKB48)と、48グループのメンバー1人をフィーチャーした企画を行なってきた。その完結篇ともいえるシリーズ第3弾では、ついにAKB48の公式ライバルグループ・乃木坂46からエースの西野七瀬が生登場する。

 握手会やグッズ売上においてグループ一番の人気を誇る西野は、3月発売の11thシングルで自身3度目のセンターを務め、また放送日には白石麻衣に続きグループ二人目となるソロ写真集『普段着』(幻冬舎)の発売も控える中心メンバーだ。昨夜の放送で西野の出演が発表された際、番組に出演していた小嶋菜月(AKB48)は、西野はAKBのメンバーからも人気があり、スペシャルウィークだけあって、何かサプライズがあるかもしれないと話していた。

 過去のフィーチャーシリーズでは、秋元康さんと48グループの各劇場支配人をまじえた座談会や、AKB48の次期総監督・横山由依とのトークが行なわれたが、西野がパーソナリティを務める次回の放送はどんな内容になるのか、「迎え撃つ」とされるAKBメンバーとは誰なのか。放送をお楽しみに。

 番組はスマホ向け放送局「NOTTV」でもスタジオ映像と合わせて同時放送しているので、こちらもチェックしよう。

 乃木坂46は一昨年6月にも、翌日にAKB48選抜総選挙の開票イベントを控えていたAKB48の代打として、桜井玲香、白石麻衣、橋本奈々未の3人が番組に出演。今年1月には「乃木坂46のオールナイトニッポン」「乃木坂46アンダーメンバーのオールナイトニッポンR」が放送され、西野も生駒里奈らとともに「乃木坂46のオールナイトニッポン」に出演していた。

関連「AKB48のオールナイトニッポン」番組公式ブログ(ニッポン放送)
関連日本初スマホ向け放送局 NOTTV

西野 七瀬 幻冬舎 2015-02-18

COMMENT

  • Comments ( 14 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 西野を売りだすのは構わないけど、ラジオでかつぜつの悪い子がどう話すのかが楽しみにしている。早くピンで仕事できるようにしてあげるのも大事だね。でも・・・

  2. ど、どういうことですたい!?
    きくけど!

  3. 人見知りなのに

  4. 西に七瀬のオールナイトニッポンのあと、チャラン・ポ・ランタンのオールナイトニッポン0でダンケシェンをカバー企画

  5. なんか、裏がありそうだな…

  6. AKBと兼任コースだな
    今年来年ぐらいにそうなる予感がする

    • ないよ。(と信じたい)
      西野は乃木坂だからこそ輝けるってことみんなわかってる。
      兼任しても、乃木坂から秋葉原に住民票移す奴は少数派だろうから、乃木坂では絶大な人気でもAKBでは誰それ的な扱いにされてしまう。
      そんな西野は見たくない。

      • 乃木坂から移動する住民より、新規のファンが増えるだろう。体育会系のAKBに文化系のなぁちゃんは斬新だから。
        最近どいやさんを出していなかったのも版権の為かな?
        さや姉となぁちゃんがAKBを救うと思う。

  7. 乃木ののを聞くとほのぼのして良かったけどな、なぁちゃんとちはるんの時。
    ANNだとマイペースで喋れないかも。サプライズが本店への移籍だと・・・
    最近のAKBは話題性でしか売れないから仕方ないかも。

  8. 兼任反対、総選挙反対!
    乃木坂オリジナルの企画やイベントなり、独自路線で勝負せい!

    • それが出来る運営なら、今頃はまかりなりにも「ライバル」と呼ばれていただろうけど、
      もう、みんな気付いているでしょ、乃木坂運営にそれを期待できないことは。

    • 同じく反対ですし拒否してほしいけど、、、、、
      見守るしかないですね…

  9. 康の最近の乃木坂関連のコメント見る限り今年も一波乱有りそう かき回すの好きだし

  10. By 大丈夫ですよ

    高山がゲスト出演して、面白いです。新曲のカップリングになぁちゃんのソロ曲が収録されることが決まり、音源も初解禁された。タイトルは「ごめんね ずっと」だそうです。1人でPVを撮って、メイキングやライブの映像、西野家のホームビデオなどを素材に使用したそうです。

コメントはこちら

*

Return Top