Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

AKB48総選挙速報で指原莉乃が1位、乃木坂46からマブダチ票も

sashihararino-sousenkyo
指原莉乃

「AKB48 32ndシングル選抜総選挙」の投票が今月21日から始まり、その速報が22日に東京・秋葉原にあるAKB48劇場で発表された。

速報の結果、2万8563票を獲得したHKT48の指原莉乃が暫定1位となり、1万4885票を獲得した2位の渡辺麻友や、3位の大島優子に1万票以上の差を付け、多くの人々を驚かせた。

指原が2位と倍以上の得票数で差を付けたのには、既存のファンからの投票はもちろんだが、他にも、レギュラー出演中のフジテレビ「笑っていいとも」で味方に付けた主婦層や、指原の出身である大分県大分市からのプッシュ、そして乃木坂46のファンからの票などが要因の一つとして考えられている。

乃木坂46と指原莉乃といえば、2012年の5月2日に、指原のソロデビューシングル「それでも好きだよ」と、乃木坂46の2ndシングル「おいでシャンプー」が同日発売となり大きな注目を集めた。昨年の総選挙では乃木坂46の桜井玲香が指原に投票し、1位には渡辺麻友を予想するなどしている。今年も、その対決で乃木坂46の知名度が大幅に上昇した事や、お世話になったという感謝の意味を込め、一部の乃木坂46ファンから指原へ感謝の票が投じられたようだ。

一時はライバルとしてCDの売り上げを競った両者であるが、2012年5月12日のイベント「幕張宣言」では、一転して「マブダチ」の仲に。指原ファンは、乃木坂46ファンが指原に投票してくれた事を知り、Youtubeの乃木坂46公式チャンネルで公開されている、2ndシングル「おいでシャンプー」の動画のコメント欄にお礼のコメントを寄せている。どうやら「マブダチ」になったのは本人達だけでなく、一部のファンもだったようだ。

また、今回の速報で2位になった渡辺麻友も同様に、2012年1月にテレビ東京で放送されたドラマ「さばドル」で乃木坂46と共演したほか、渡辺の2ndシングル「大人ジェリービーンズ」のタイプBに収録されたカップリング曲「もうツインテールはしない」ではまゆ坂46として共演している。今月にも、東京・赤坂ACTシアターで開催された乃木坂46の「16人のプリンシパル deux」公演に渡辺が3度も観劇に訪れるなど交流が続いており、総選挙で渡辺に投票した乃木坂46のファンもいるようだ。

乃木坂46とコラボした2人はいずれも昨年の総選挙の速報に比べて、順位、票数ともに上昇している。1位大本命の大島を、この2人のどちらかが越える展開が起こるのかに注目したい。


乃木坂46の勝利に終わった、乃木坂46と指原莉乃のCD売り上げ対決は多くのメディアで特集が組まれるなど話題に。2012年5月12日には幕張メッセで、調印式「幕張宣言」の合同握手会イベントが行われ、一日限定で「乃木坂46×指原莉乃」のスペシャルユニットも組まれ、お互いの曲を一緒に披露した。同年6月25日には、アイドル好きとして知られる指原がプロデュースしたイベント『指原莉乃プロデュース 第一回ゆび祭り~アイドル臨時総会~』で乃木坂46にオファーのメールが届き出演。

その後、指原はHKT48に移籍となり、指原が司会を務めるHKT48の冠番組「HaKaTa百貨店 2号館」(日本テレビ)に生駒里奈が出演した際には反響を呼んだ。それ以来、指原だけでなくHKT48との関わりも増え、HKT48のイベントではメンバーが乃木坂46の高山一実のギャグ「アメイジング」をやったり、2013年4月28日に武道館で行われたHKT48の初単独ライブでは、HKT48が48G+乃木坂46メドレーとして「制服のマネキン」や「おいでシャンプー」を披露するなどしている。これを受けて両ファンからは「またHKT48や指原莉乃と乃木坂46のコラボがあればいいな」などの声も上がっている。

他にも、乃木坂46若月佑美がナタリーのインタビューで指原の言葉を引用したり、以前出演したラジオでも「私の位置をハッキリと把握し、前を見ながら八幅神が綺麗に映るように努力しています」と、指原のアイドル論を独自に吸収する姿が見られている。

なにかと絡みが多い乃木坂46とHKT48、指原莉乃。あと一月で去年の「ゆび祭り」から1年が立つが、第2回開催はあるのだろうか。

筆者プロフィール

ゆう
趣味はサッカーとスノーボード。あとパンダが好きです。乃木坂46を知ったきっかけはお見立て会です。記事を通して、皆さんと一緒に乃木坂46の成長を見届けて行けるよう頑張ります。

COMMENT

  • Comments ( 24 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. なるほどね
    確かにお世話になったから票は入れたくなるよな

  2. 考えすぎ

  3. どちらの一部から知らないけどいい迷惑。まゆゆに入れるならわかるけど、指原に入れる義理はこれっぽっちもないんだが。もしそれをするなら生駒ヲタくらいじゃないの?

  4. なぜ指原メインなのか
    指原は好きだけどそこはまゆゆでしょ
    ビジネスだけの付き合いなのに感謝も何もない

  5. 生駒ヲタは義理堅いからね。
    でも生駒ヲタならまゆゆにいれるよ。たぶん・・・

  6. 票を入れるなら
    今年は指原ではない!
    まゆゆだよ!

  7. いや握手会見てもわかるけど生駒推しはお金使わないで口だけ達者だから入れてもモバイルくらい
    総選挙って○○ヲタだけど何票入れたとか言って他の人にも投票させるよう仕向けるのが恒例だからね
    そう言って実際に投票してるなんてほとんどいない

  8. 兼オタならやってるかもしれないけど、そうじゃなかったらスルーしてるとおもう
    ま、どうでもいいよねw

  9. 乃木ヲタが指原に入れたってどこから湧いた話なのよ
    総選挙というシステム嫌いだから
    指原嫌いじゃないけど絶対参加したくない
    乃木ヲタが影響与えるほど
    総選挙に参加したとは驚き

  10. 乃木坂的に最近の流れは完全にまゆゆ>>>指原だから
    何か記事に違和感あるよな
    乃木坂からakb総選挙ならメインはまゆゆのほうがしっくりくる
    一般的には指原だろうけど

  11. これ本当にどこの話?
    まゆゆに入れた人はいたけどさっしーは聞いたことない
    一人二人いたくらいで言ってるんじゃないですよね
    数なら絶対まゆゆ票のほうが多いですよ

  12. 上のコメ通り、乃木ヲタやいいとも主婦層らの影響は微々たるものだと思うよ。
    1,2票ならともかく、何十票もいれるくらいなら他のことに使ってる。

    指原の躍進はHKTでの活躍によるものでしょ。
    HKTメンのほとんどが指原に恩義を感じている→HKTヲタは推しメン以外に指原にも投票
    HKTは人気メンが少ない割に躍進が目覚ましいからね。それだけ太ヲタが流れてる証拠。

    乃木坂の活動が少ない割に色んな所からネタを拾ってきて
    ユニークな記事に仕立ててるのは面白いけど、もう少し状況判断は
    広く俯瞰の視点で見て考察したほうがいいと思う。(偉そうに申し訳、、m(_ _)m)

  13. まゆと指原の扱い逆じゃない?
    申し訳程度にまゆに触れて指原だけいらないことまでだらだら書いてさ
    今年乃木坂ヲタが指原に投票したって記事になるほど投票した情報源を教えてもらいたい
    地下はまゆばっかで指原の話なんてほとんど出てないよ

  14. 指原が2位と倍以上の得票数で差を付けたのには、既存のファンからの投票はもちろんだが、他にも、レギュラー出演中のフジテレビ「笑っていいとも」で味方に付けた主婦層や、指原の出身である大分県大分市からのプッシュ、そして乃木坂46のファンからの票などが要因の一つとして考えられている。

    ↑妄想で記事かいてるのか?

  15. 指原なんかにいれるわけないだろ。もし、いれるならまゆゆ
    ごくごく一部の話だろ

    ああいう品の無い女が一番嫌い
    SKEの周りだと茶髪論争とか起きてるみたいだけど、
    大事なのは見た目じゃない

  16. 入れるならまゆゆだよな

    さっしーには面倒見のいい先輩にはなって欲しいがプライベートまで深入りして欲しくはないな

  17. 何だこの記事…
    気持ち悪い

  18. 別に書いてることそのとおりだと思うけど、ここまでボロクソにいう内容じゃないでしょ。
    ちゃんと一部のファンって書いてるし、主婦層に結構人気あるのも本当だよ。
    まゆゆより指原大きく取り上げるのも一位なんだから当然でしょ。
    逆に怖いよ。

  19. たしかにこの記事には違和感があるけどここで指原をdisるのはおかしくね?
    乃木坂と関わった2人が1位と2位だったのは素直にいいことでしょ

  20. たぶん見出しが良くない
    いきなりマブダチ票といわれても「はぁ?」ってなる
    「AKB48総選挙速報。まゆゆ2位の好発進!マブダチ指原、なんと1位を奪取!!」
    とかならわかるw

  21. まゆゆに失礼な記事じゃない?

  22. どこが?
    いたってわかりやすい記事だと思う。

  23. オマイラフルボッコしすぎワロタwww

  24. 乃木坂は大分市の観光特使だから、大分市民の乃木坂ファンは大分市の観光大使の指原に入れた。

コメントはこちら

*

Return Top