Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』に凝縮された魅力を紐解く3つの要素

 ついに乃木坂46の1stアルバムが発売されました。アルバムのお渡し会も大盛況でしたね。途中、大雨に見舞われたのも乃木坂46らしくて通常営業と言うか、今年も変わらない乃木坂46のようで何か安心しました。2015年、良いスタートが切れたのでは無いでしょうか。

 このアルバム「透明な色」には生田絵梨花さんのソロ曲「あなたのために弾きたい」が収録されておりますが、この曲は生田さん自身をフィーチャーしたものと言われています。みなさんはどのように感じましたでしょうか。ピアノ、進学など生田さんを感じさせる歌詞をピアノの弾き語りで聴かせる曲は、乃木坂46ファンにとっては堪らないものですよね。しかし、この曲を生田さんのことを全く知らない人はどう感じるのでしょう? 良い曲だとは思うかも知れませんが、ファンよりは深く作品に入り込めないのでは無いでしょうか。どんなことにも言えると思いますが、物事を好きになって多くの情報を得ていることで、より深い部分に入り込むことができ、大きな魅力を感じることがありますよね。

 私は、乃木坂46の10thシングル収録曲「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」で、そのことを強く感じて乃木坂46のことをもっと好きになりましたが、以前から応援しているファンの中には同じように感じていた方も多いのでは無いでしょうか。
 ただ、これは乃木坂46が大好きで注目していなければわからないことでしたので、気づかなかった方も多いと思います。せっかく乃木坂46が好きなのであれば、この作品の魅力のすべてを知らないままでいるのは大変勿体ないことですよね。

 「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」で展開されたエピソードは、心を打つとても素晴らしいものでした。乃木坂46の魅力が凝縮されているこの作品を、いつかこのエピソードを文章に残しておきたいと思っていましたので、この機会に紹介したいと思います。もし、このエピソードを知らない方がおられましたらこのことを知ってもらい、より乃木坂46を楽しんで好きになって頂ければ幸いに思います。

《あの日 僕は咄嗟に嘘をついた》

 表題曲ではないアンダー楽曲に乃木坂46の魅力が凝縮されているのが、カップリングに良曲が多い乃木坂46らしさなのかも知れません。また、ファンでなければ気づかないところにサイドストーリーが用意されたとすれば、ファンへのご褒美なのかも知れませんね。11thシングルの発売も近くなってきましたが、次の作品にもこのような要素は隠されているのでしょうか?

 今回のエピソードは、「のぎ天」「ミュージックビデオ」「アンダー」の3つの要素が時系列で展開されますので、順を追って説明して行きたいと思います。

1、「のぎ天」

 この物語のスタートは、一昨年の秋、テレビ東京「乃木坂って、どこ?」で行われた7thシングル「バレッタ」のヒット祈願まで遡ります。神奈川の滝チームとして、伊藤万理華さん、桜井玲香さん、白石麻衣さん、橋本奈々未さんの4人が滝行を行いました。4人の滝行自体も素晴らしかったのですが、修行を指導して下さった大乗院の副住職さんの人柄にメンバー、ファンともに心を奪われました。そして時は流れて約1年後、再びこの物語が動き出すのです。

 今度は「のぎ天」にて、アンダーメンバーがアンダーライブの成功を祈願して修行を行うことになり、このお寺を訪れたのでした(のぎ天は楽天SHOWTIMEで無料配信されている番組です)。前回修行を経験している万理華さんは、再会した副住職さんからもみんなを引っ張って行って欲しい旨を伝えられていました。私たちファンからしても、「バレッタ」以降、8thカップリング「生まれたままで」、9thカップリング「ここにいる理由」ではアンダー楽曲のセンターを務め、アンダーライブも成功させていた万理華さんに10thシングルでも期待するのは当然のことでした。順調に修行を終え、最後に今回のメインの滝行の希望者を募りましたが、その中に万理華さんは居ませんでした。最終的には5名で滝行を行うこととなり、所信表明する段階で衝撃が走りました。井上小百合さんが、今度のアンダー楽曲のセンターは自分なので頑張りたいと発言したのです。その表情は、とても明るくやる気に満ち溢れているように見えました。その後ろで元気の無いように映っている伊藤万理華さんとは対照的に……。

 修行は大成功で終わりましたが、何かもやもやしたものを残しつつ、修行の感想を述べることになった時、万理華さんがその思いを涙ながらに口にするのです。修行を引っ張って行くことや、滝行を期待されていましたが、今の自分にはできませんでした……と。その揺れる感情が手に取るように伝わってきました。センターでは無いので、遠慮したのだと思いますが、そこが伊藤万理華さんの良いところなのでしょう。初センターの井上小百合さんの何か吹っ切れたような明るい表情とは対照的に、伊藤万理華さんの切ない表情がとても印象に残りました。

 「のぎ天」は、ロケ企画が中心で自然体なメンバーの姿を見られることが魅力ですが、時に気の抜けたような表情が映ることもあります。この修行の回でも若さからか少し真剣味を欠いているように見受けられるところもありました。しかし、副住職さんは怒るわけでもなく優しく諭し、伊藤万理華さんの告白には涙を浮かべ、乃木坂46へエールを送って下さったシーンは、乃木坂46の成長を語る上で欠かせない場面だと思いますので、多くのファンの方に是非見て頂きたいです(のぎ天#10~12が修行の回です)。

関連「のぎ天」配信ページ:楽天SHOWTIME

2、ミュージックビデオ

 その後に公開されたミュージックビデオは、映画「櫻の園」(1990年公開)をオマージュして作られたものでした。楽曲自体は、恋愛を描いているようですが、ミュージックビデオは映画同様に少女たちの友情物語を描いています。ここで伊藤万理華さんは、演劇部で脇役しか貰えず照明係となり、悔しさを隠して強気に振る舞う役を演じています。しかし、主役を射止めた齋藤飛鳥さんがその思いに気づいてしまい……。ストーリーの紹介は省きます。ミュージックビデオが素晴らしいので是非ご覧下さい。

 終盤、伊藤万理華さんが悔しさを井上小百合さんに吐露するシーンがありますが、「のぎ天」では口にできなかった悔しさを、役の上ですがハッキリ言っているのです。彼女の本当の気持ちは、誰にもわかりません。でも、受け取り手としては、現実の彼女の思いに重ねずにはいられないのでした。

 ミュージックビデオの最後に井上小百合さんが手に取った台本に「あなたこそ選ばれし者です。」と書かれています。井上小百合さんが選ばれたのでしょうか?

3、アンダー

 「のぎ天」、「ミュージックビデオ」では、伊藤万理華さんを中心に物語が進みましたが、この曲を歌っているメンバー全員も伊藤万理華さんの立場に置き換えられるように思われてきます。「アンダーメンバーの中でセンターを外れた伊藤万理華さん」「演劇部で脇役となった伊藤万理華さん」「選抜に選ばれなかったアンダーメンバー」。境遇が似ていますよね。これは勝手な妄想なのかも知れません。しかし、その全てが何らかの理由があるにせよ、まだ若い女の子には受け入れがたい不条理な出来事なのは事実でしょう。同時期にはこれを直接的に表した「こじ坂46」もありました。

 乃木坂46で活動して行く上で避けては通れない選抜システムが、彼女たちを悩ませていることはもう共通の認識です。乃木坂46誕生から3年がたっても……、3年たったからこそ選抜の壁を大きく感じているのかも知れません。それでも時間は過ぎて行きますし、彼女たちは健気に頑張っているのです。そして、この切なさが曲(ミュージックビデオ)のイメージに重なり、曲の世界観を広げているように思います。


 みなさんはこのエピソードをどう思いましたか? この物語にはまだ続きがあります。アンダーライブ セカンド・シーズンの大成功、井上小百合さんも10thシングルの活動では生田絵梨花さんの代わりに表題曲のセンターを堂々と務めることもありました。この曲「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」自体も、1stアルバムカップリング人気投票で7位に選ばれるなど、多くのファンの支持を集めています。ファンの危機感を煽っていると捉える人もいると思いますが、しっかり結果を出している彼女たちの素晴らしさは色褪せることはありません。まだまだ坂の途中の彼女たちの成長を見守れること、坂を上る途中に発する眩しい光をリアルタイムで感じられることはファンとしてこの上ない幸せだと思います。

 メンバーの発言から、2014年は乃木坂46が壁を感じ悔しさを味わった年でもありましたから、それを超えるために2015年は大事な年になるとファンの方の多くも感じていると思います。目標へ向けたメンバーの気合も感じられますよね。メディアでの活躍の場もどんどん広がって来ていますし、まだまだ知らない魅力も隠れていると思いますから、ファンも乗り遅れないように乃木坂46を楽しんで応援して行きましょう。

筆者プロフィール

蒲鉾
自分でも不思議なのですが、気づいたら乃木坂46が好きになっていました。こんなに誰かを恋しくなる・・・まさに「君の名は希望」でした。みなさんと一緒に坂を登って行けるような前向きな記事を書いていきたいと思います。

COMMENT

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 高木あきよし

    蒲鉾 様
    ご指摘のとおり、アンダーのセンターになれなかった伊藤万理華と選抜になれなかった井上・万理華の屈折した思いが、この曲のストーリーに反映されて、曲の世界を、意味の深いものにしていると思います。そう解釈できるようにつくられていると。
    ただ、万理華の演技力はすばらしく、ストーリー展開は万理華が中心(ほぼ主役)で進んでいるように思えます。ダンスのセンターは、たしかに井上でしたが。
    アンダーと選抜との関係、さらにむずかしくなってきてますね。
    1月18日の乃木どこで11thの選抜発表を見ましたが、あまり変わり映えしません。選抜とアンダーが、ほぼ入れ替わるくらいの思い切った結果を期待していたのですが。あの18人のフォーメーションで、どんな新曲を出すのでしょうか。万理華は入りましたが、井上、中田、樋口など、選抜にもれたメンバーの落胆の表情が、今回特に印象的でした。アンダーの彼女たち、やはりつらいでしょうね。

  2. 前回の11枚目シングルの選抜発表

    おそらく運営の意図だったんでしょうが3列目は最期に呼ばれました。おそらく「あの」松村沙友理がファンの期待の「通り」なのか「裏切って」なのか知らないですが3列目とはいえ選抜に選ばれた。あれを見て憤慨したファンがチャンネルを変えることを怖れて後半に発表をずらしたんでしょう。それで結局一番最後に名前を呼ばれたのは伊藤万理華さんでした。とても運命的なものを感じぜずにいられませんでした。
     
     今回の選抜を通して思ったこと。メンバーで涙を見せる人は誰もいなかった。齋藤飛鳥は「選抜発表で緊張しなくなった自分がいる」と言っていたが、それにたいして設楽さんが問いかけると「どうせ入らないだろう」と思ってしまっているという答え。それに対して白石橋本は10枚目で「私たちを追い越してくれ」というメッセージを送っている。
    いつもならみんなこのことに気づいて当たり前の感性を持っているのにそれを乱されるほど10枚目の期間に起こった事件の衝撃が大きかったっていうことだと思います。センターに決まった西野七瀬もどこかで松村選抜入りを予感していたのでしょう。このグループをセンターとしてどう引っ張っていくか。初めてマイナスからのスタートになった乃木坂46。其の中でどこか変わろうとしている伊藤万理華さんが入ったことは間違いなく影響があると思う。それくらいのオーラを伊藤さんは出してたと思います。NHKBSプレミアム「乃木坂SHOW」での10枚目アンダー曲の彼女のダンスは見違えるような迫力に満ちていた。伊藤さんに期待していこう、アンダーの底力を見せるときだと思います。

コメントはこちら

*

Return Top