Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46寺田蘭世が2期生ユニット曲『ボーダー』で初センターに抜擢

teradaranze-profile11th乃木坂46公式サイト・寺田蘭世プロフィールより ©乃木坂46LLC

 本日の乃木坂46「命は美しい」発売記念全国握手会@京都会場にて行われたミニライブで、2期生のメンバー6名によるユニット曲『ボーダー』がライブ初披露され、寺田蘭世(てらだ・らんぜ)がセンターポジションを務めていることがわかった。

 同曲は、過去に『偶然を言い訳にして』の編曲や『でこぴん』と『僕が行かなきゃ誰が行くんだ?』の作編曲を手がけた中土智博さんによるエレクトロチューン。制作当時研究生で、先月の「乃木坂46 3rd YEAR BIRTHDAY LIVE」で正規メンバーに昇格した伊藤純奈、佐々木琴子、鈴木絢音、寺田蘭世、山崎怜奈、渡辺みり愛の6名が歌っている。

 大まかなポジションは、センター・寺田の後ろに鈴木絢音がつき、寺田の左右、少し下がったところに佐々木琴子と渡辺みり愛、その2人のさらに外側の後方に伊藤純奈、山崎怜奈といった形(全体で逆三角形のようなイメージ)。他の楽曲同様、曲中のフォーメーションチェンジがあり、他のメンバーもフロントやセンターで踊るパートがある。

 センターに抜擢された寺田は、一昨年3月に2期生オーディションに合格しグループに加入。98年9月生まれで現在16歳。加入当初より乃木坂46のセンターに立つことを一つの目標に掲げ、昨年のアンダーライブや、選抜メンバーの代わりに参加した音楽番組のリハーサルでセンターポジションを務めた際、いつかは自分のポジションで再びここに立ちたいと語るなど、たびたびセンターへのこだわりを明かしていた。また1期生のセンター経験者・生駒里奈からは、昨年のアンダーライブのパフォーマンスには目を見張るものがあったので、“覚醒”を待っているよ、と声をかけられたこともあったそう(日経BP社『日経エンタテインメント! アイドルSpecial2015』参照)。

 果たして今回のユニット曲センター抜擢が覚醒の切っ掛けとなるのか、今後の寺田の活躍に注目だ。

 また、本日のミニライブでは『ボーダー』のほか、白石麻衣たちお姉さんメンバーのユニット曲『立ち直り中』、西野七瀬のソロ曲『ごめんね ずっと…』、中元日芽香の初センター曲『君は僕と会わない方がよかったのかな』、齋藤飛鳥と星野みなみのWセンター曲『あらかじめ語られるロマンス』も初パフォーマンスが披露された。

関連寺田蘭世 OFFICIAL BLOG

運営スタッフブログ「11thシングル「命は美しい」全国握手会@京都パルスプラザ レポート」にパフォーマンス時の写真が掲載されています。

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。外部媒体を含め、取材や記事執筆、お手伝いなどのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

COMMENT

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いつものごとく
    背の順でしょ(笑)
    あとは、声の大きい純奈と
    れなちは後ろでも聞こえるし、、

    • あの中で一番身長が低いのはみり愛です
      身長順なららんぜとみり愛、琴子とあーちゃんのポジションは逆になります

      みり愛151cm
      らんぜ155cm
      あーちゃん157cm
      琴子161cm
      れなち164cm
      じゅんな165cm

  2. 違いますよーだ⊿

  3. あのポジションじゃ、
    あーちゃんが見えなくって
    なんかかわいそう、、、。
    CD聞いたけど、純奈と怜奈が
    圧倒的に上手くて、あとの
    4人は声が小さいなー。

コメントはこちら

*

Return Top