Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46、14thシングル「ハルジオンが咲く頃」の楽曲クレジット公開 トラックメーカー・APAZZIが最多3曲参加

common-fleabane-jacketa乃木坂46「ハルジオンが咲く頃」

 乃木坂46が3月23日(水)にリリースする14thシングル「ハルジオンが咲く頃」の収録楽曲クレジットが明らかになった。今作は5形態、全7曲が制作され、その全作詞を秋元康総合プロデューサーが手がけている。

 まず、選抜メンバーが歌う表題曲『ハルジオンが咲く頃』は、前作『今、話したい誰かがいる』も手がけた波乗り作詞作曲家・Akira Sunsetさんとトラックメーカー・APAZZIさんのコンビによるコライト(共作)。Akira Sunsetさんは5作連続13曲目、APAZZIさんは以下に紹介する楽曲を含め2作連続4曲目の参加となる。

 二胡の調べが特徴の共通カップリング曲『遥かなるブータン』は、SKE48『1!2!3!4! ヨロシク!』(作曲)やAKB48『ヤンキーマシンガン』『アンチ』(作編曲)、ほかSCANDAL、ももいろクローバーZらに楽曲提供するツキダタダシさんが作曲(初参加)。嵐『果てない空』、SMAP『ユーモアしちゃうよ』などジャニーズ関連楽曲を数多く手がけ、乃木坂46でもAkira Sunsetさんと共に『君は僕と会わない方がよかったのかな』『別れ際、もっと好きになる』『ポピパッパパー』を手がけたha-j(ハージェイ)さんが編曲を担当した。同曲の歌唱メンバーは、生田絵梨花、伊藤万理華、衛藤美彩、齋藤飛鳥、堀未央奈、若月佑美の6人。

 深川麻衣初となるソロ曲『強がる蕾』(Type-A収録曲)は、過去にAKB48『汚れている真実』をコライトした大貫和紀さん、河原レオさん、高木龍一さんが作曲(初参加)。編曲を、Little Glee Monster『人生は一度きり』(共作)、AKB48『Green Flash』(作曲)、NMB48『Don’t look back!』(作曲)・『Must be now』(作編曲)など手がけ、乃木坂46でも『その先の出口』(作編曲)、『ここにいる理由』(編曲)、『隙間』(Akira Sunsetさんと共作)を手がけてきたCarlos K.さんが担当している。

 白石麻衣、橋本奈々未、松村沙友理の通称“御三家”が歌う『急斜面』(Type-B収録曲)の作曲は、SKE48『消せない炎』(共作)を手がけたFURUTAさんと、乃木坂46『失いたくないから』を作曲した蛯原ランスさんと共にONE☆DRAFT『5年後…』を作曲したYasutaka Ishioさん、乃木坂楽曲初参加の二人によるコライト。編曲を、AKB48グループ(ユニット、ソロ含む)や中島愛、遊助、中川翔子らに楽曲を提供し、乃木坂46楽曲でも『ロマンティックいか焼き』の編曲を手がけた重永亮介さんが担当。

 西野七瀬のソロ曲『釣り堀』(Type-C収録曲)はBush-Iさんが作曲、APAZZIさんが編曲を担当。APAZZIさんは乃木坂楽曲以外では、私立恵比寿中学『未確認中学生X』『金八』、AAA『LOVER』(いずれも編曲)などを手がけている。1枚のシングルで3曲の参加は前作「今、話したい誰かがいる」でのAkira Sunsetさんと並んでグループ最多。

 アンダーメンバーが歌う『不等号』(Type-D収録曲)は、『立ち直り中』(乃木坂46)、『ただいま』(JUJU)、『美しい稲妻』(SKE48)などの作曲、欅坂46のデビューシングル収録曲『手を繋いで帰ろうか』の作編曲を手掛ける福田貴史さんが作曲・編曲を担当した。

 『憂鬱と風船ガム』(通常盤収録曲)は、乃木坂楽曲初参加のHIROTOMOさんとDr.Lilcom(リルコム)さんの共作曲、APAZZIさんが編曲を担当。Dr.Lilcomさんは前述のSKE48『消せない炎』を共作したほか、AKB48『始まりの雪』(作・編曲)、剛力彩芽『ひとつだけ』(編曲)なども手がけているトラックメーカー。同曲の歌唱メンバーは、秋元真夏、生駒里奈、井上小百合、桜井玲香、高山一実、星野みなみの6人。

 新曲は以上の7曲。なお、『ハルジオンが咲く頃』『急斜面』『釣り堀』の3曲に関しては、YouTube公式チャンネルにて発売日までの期間限定でミュージックビデオがフルサイズで公開中。今後、『強がる蕾』『不等号』のMVも公開予定。

乃木坂46新曲MV

関連乃木坂46 OFFICIAL YouTube CHANNEL

*YouTubeでは特典映像の深川麻衣ドキュメンタリー、個人PVの予告編も公開中。

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

コメントはこちら

*

Return Top