Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46のエンタメニュースサイト

「DIME」の桐谷さん×乃木坂46橋本奈々未対談を読んでみた件

小学館の月刊誌「DIME 2014年02月号」に日本テレビ系「月曜から夜ふかし」(月曜24時59分~)で人気の桐谷さんと乃木坂46橋本奈々未の対談が掲載されるということで、先日購入してきました。

この雑誌は初めて読んだんですが、読者層は30代から40代の男性がターゲットですね。今月号は腕時計、4Kテレビ、最新ガジェット、自動車の特集なんかがあって、その年代の人にはくると思いますが、学生、女性はそんなに手にとらないかな、というのが率直な感想です。

特別付録として、カジュアルアウトドアブランド「CHUMS」とコラボしたオリジナルのスマホ手袋がありました。手袋をしながらだとスマホの操作が反応しないなんてことがありますが、この手袋は人差し指と親指で普段通り使えるという優れもの。スマホ対応というと、不思議な液で普通の手袋をスマホ対応にする「スマホッチ」なるものも最近テレビで紹介されていましたね。使い勝手はいかほどか…。

桐谷さん×ななみん対談

本題の桐谷さん×ななみん(橋本)対談は本誌の中ほどにあります。3ページの特集で、1ページは撮り下ろしの扉絵。続く2ページに対談の模様という内容。

桐谷さん、改め桐谷広人(きりたに・ひろと)さんは元将棋の棋士です。現役時代から続けている株取引で得た優待券をもとに生活していることがメディアで注目され、フジテレビ系「うもれびと」などに出演。今年1月からは「月曜から夜ふかし」でたびたび特集され、10回近くは出演しています。優待券で得たものがあふれかえる自宅、優待券で得たSEIYUの自転車で都内を疾走する姿、独特の感性による行動などが魅力として、ブレイク中です。

桐谷さんは、ななみんがブログで初めて桐谷さんに触れた5月の「(´_ゝ`) もう梅雨ですか?」をコメントまでチェックしていたらしく、宣伝していただいたようでと感謝。一方、ななみんはそれがきっかけで、ファンから桐谷さんの著書を貰ったり、握手会でも桐谷さんの話で盛り上がっているとか。実際に街を走っている姿も見かけたみたいですね。

それから桐谷さんが今の生活に至ったわけや、ななみんが桐谷さんのスタイルに影響を受けた話などがあり、最後に「今は株の優待の内容を楽しんでいるのか、優待を使い切ることを楽しんでいるのか、どっちなんだろう?」とななみんから核心を突く質問も。

その疑問はもっともで、番組では桐谷さんが優待券を使い切るべく慌しく走り回る姿ばかりが映されています。1日に都内の映画館をはしごして観たり、空いた時間でひたすらにボウリング場で投球したり、美術館をわずか15分ほどであとにしたりと、余裕のない生活ぶり。途中、スタッフが話を聞いても、「すみません。このあとは○○に行かなくちゃならないので、失礼します」といった感じで、すぐさま自転車で走り去ることもしばしばです。

ところが、どちらかは桐谷さんにもわからなくなっているそうで。ただ、そのおかけでいろんな人に注目されるようになったので、良かったと思っているそうです。

初めて見たのは地元が特集された回だった

ちなみに、ななみんが初めて桐谷さんの特集を見たのは3月のスペシャル回とのこと。この回は通常の桐谷さん特集もありましたが、もう一つ、北海道の標識問題を取り上げたコーナーにも出演していました。雪が積もる帯広のとある坂道の前に設置された標識に「がんばれ!」の文字があって、その坂道がどれほどのものかを検証するために桐谷さんが呼び出されたのです(それも愛用の自転車を空輸で持参して)。

桐谷さんは現地でさっそく優待券を使ったことを明かし、除雪された坂に挑むのですが、アイスバーンにも関わらずスーッと簡単に上りきってしまいました。曰く、「がんばる必要がない坂でしたね」。対談によると、最初は上れないことを想定してその様子を撮影しようという話だったらしいですが、後に番組で行った体力測定でも好記録を出したように、桐谷さんはそういう次元で生きていない、というところでしょうか。

誌面では優待でもらったネックレスをプレゼントされたななみんの写真や、読者にイチオシの優待券も紹介されています。後日更新されたななみんのブログ「(´_ゝ`) モンブラン」によれば、ミニストップの優待券でソフトクリームの無料券ももらっていたそうで、NEWSポストセブンの記事では、対談の前後に他のメンバー(推定20名以上)が桐谷さんと写真を撮っていたことも紹介されています。人気者だなあ。

最近は「ローン・レンジャー」のジャパンプレミアで来日したジョニー・デップと話したり、番組からの誕生日プレゼントと称して遊園地に連れ出されたりと、普段の桐谷さんとは違った方向でクローズアップされることもよくありますが、ペースを崩さない程度に続けていってほしいなと思います。

チェーン店の安い回転寿司に出かけて、好きなネタは『いくら』や『うに』だけれど、そればかり頼んでいると店の経営が心配だから、原価の高そうなものは10皿に1回だけ取る。そんな桐谷さんを見ているだけで、十分癒されるのです。

関連@DIME アットダイム|雑誌DIME|最新号のご案内

 

COMMENT

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 桐谷さんとななみんは波長が合いそうですね。ななみんが「夜更かし」を観ながら夜更かしか。この対談はななみんのような色んなアンテナを立てているから実現したんだろうな。(ビジュアルもいいし)。若いメンバーにも見習ってほしいなあ。

    • そういえばまいまいもブログに述べたことが仕事できてましたっけ。。
      何がきっかけで仕事がくるのかわからないから、いろんなものにアンテナたてたほうが良いですよね。

  2. 流れがわからないままななみんのブログ読んでて、桐谷さんって書いてあったから、桐谷美玲さんと桐谷健太さんのどっちなんだろう???って思ってた。

コメントはこちら

*

関連コンテンツ

Return Top