Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

映画『AKB48ドキュメンタリー』第4弾7月公開、生駒里奈も出演か

映画『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』
©DOCUMENTARY of AKB48製作委員会

 本日6日、さいたまスーパーアリーナで行われている「AKB48 リクエストアワー セットリストベスト200 2014」で、AKB48のドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う?』の公開決定が発表された。

 本作は2011年より毎年公開されている、AKB48グループのドキュメンタリーシリーズ作品第4弾。今回は今年2月に行われた大組閣祭り、AKB48大島優子の卒業、来る6月の選抜総選挙を大きなテーマとしているようだ。監督を務めるのは、第2弾『DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る』から指揮を執り、48グループや乃木坂46のミュージックビデオも手がける映画監督の高橋栄樹さん。

 公開されたポスターの中央やや左下には乃木坂46のメンバーで、大組閣祭りでAKB48チームBとの兼任が発表された生駒里奈らしきメンバーの姿も。タブーとされてきた乃木坂46の兼任は大きな話題を呼んだ。映画には、現在はAKB48でもある生駒の、組閣参加から初の総選挙までを追った様子もあることが予想される。

 再生か、崩壊か。大組閣で混乱を起こした48グループと乃木坂46が、その後どのような道をたどっていくのか。各グループの軌跡を収めた最新作は7月4日(金)より全国で公開予定。

関連

AKB48ドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY of AKB48 The time has come』公式サイト

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

COMMENT

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 生駒はもう乃木坂じゃ無くなったな
    さようなら

コメントはこちら

*

Return Top