Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

ENTAME12月号で生田・西野の新旧センターが表紙抜擢、歴代センターや2期生が乃木坂語る

 本日発売のアイドルカルチャーマガジン「月刊ENTAME 12月号」(徳間書店)は、新曲「何度目の青空か?」がヒット中の乃木坂46特集号。現センターの生田絵梨花と前センターの西野七瀬を表紙に抜擢し、誌面では「乃木坂46全力特集」とした3つの企画を収録している。

 生田絵梨花は今回が「ENTAME」の表紙初登場、西野七瀬は9号ぶり3回目の登場。巻頭に新旧センター2人の休日をテーマにしたペアグラビアを掲載、付録の両面特大ポスターにも2人が登場している。

 全力特集の一つ目は「歴代センターが語る『乃木坂センター論』」。前作「夏のFree&Easy」までにセンターを務めてきた4人のメンバー、生駒里奈、白石麻衣、堀未央奈、西野七瀬が登場し、それぞれのセンター論を展開。

 二つ目は「齋藤飛鳥が橋本奈々未に聞きたい100のコトのうち39」。齋藤飛鳥が「私の嫁」と呼ぶ橋本奈々未へのQ&Aだが、「ななみんのぷく顔のバリエーションが見たい!」など、齋藤の願望の多い内容になっているようだ。

 三つ目は「2期生が考える『自分たちにできること』」。昨年の7枚目シングル「バレッタ」で2期生初選抜にしてセンターに抜擢された堀未央奈、8枚目で堀に続き選抜入りした北野日奈子、今年から活動に復帰した注目の研究生・相楽伊織の三人が、これからの乃木坂を徹底討論。選抜メンバーとして活躍する堀と、アンダーライブを経験してきた北野たち2期生が描く乃木坂未来図が明かされる。

 さらに今月号も48グループの特集が充実。じゃんけん大会に優勝しソロデビューが決定した渡辺美優紀(NMB48・SKE48兼任)らの撮り下ろしグラビア、NMB48初の全国ツアー&4周年記念ライブレポート、劇場6周年を迎えたSKE48のインタビュー、AKB48の38thシングル「希望的リフレイン」で初選抜入りを果たした田野優花、向井地美音ら期待の次世代メンバーインタビューなどが企画されている。

 「月刊ENTAME」12月号は全国の書店・コンビニ・オンライン書店にて販売。定価630円。

コメントはこちら

*

Return Top