Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46、「夏のFree&Easy」が初動42.2万枚で8作連続の初登場1位を獲得

freeeasy-jacketa乃木坂46『夏のFree&Easy』

 7月9日に発売された乃木坂46の9thシングル「夏のFree&Easy」が初動42.2万枚を売り上げ、7月21日付けのオリコンCDシングルウィークリーランキングで初登場1位を獲得した。

 本作は前作に続いて西野七瀬がセンターを務めた夏らしいポップソング。2作連続の初動40万枚と、2ndシングル「おいでシャンプー」から8作連続の初週1位を記録した。一方で初日からの売上枚数ですべて前作を下回り、自己最高を記録した前作「気づいたら片想い」の初動45.8万枚に約3.6万枚届かず、デビュー以来初めての前作割れとなってしまった。

 また、サウンドスキャンの結果も出ており、初週はタイプA・B・C、通常盤の4種で約11万枚という結果。こちらも前作から約7千枚下回っている。

 今回の結果は、前作から3ヵ月と早いリリースだったこと、公演、アンダーライブ、全国ツアーなどのイベントが続いていることや、イベント内容の変更など、他にもさまざまな要因があると見られている。今後は累計の動向に注目。

乃木坂46のシングル初週記録

●1st「ぐるぐるカーテン」(2012/02/22)
初日8.4万枚、初動13.6万枚、初登場2位

●2nd「おいでシャンプー」(2012/05/02)
初日11.1万枚、初動15.5万枚、初登場1位

●3rd「走れ!Bicycle」(2012/08/22)
初日15万枚、初動18.6万枚、初登場1位

●4th「制服のマネキン」(2012/12/19)
初日19万枚、初動23.2万枚、初登場1位

●5th「君の名は希望」(2013/03/13)
初日20.4万枚、初動24.2万枚、初登場1位

●6th「ガールズルール」(2013/07/03)
初日28.6万枚、初動33.7万枚、初登場1位

●7th「バレッタ」(2013/11/27)
初日34.7万枚、初動39.5万枚、初登場1位

●8th「気づいたら片想い」(2014/04/02)
初日38.7万枚、初動45.8万枚、初登場1位

●9th「夏のFree&Easy」(2014/07/09)
初日37.5万枚、初動42.2万枚、初登場1位

「夏のFree&Easy」ミュージックビデオ

乃木坂46 SMR 2014-07-09

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。更新頻度は下げますが、サイト内外を問わず、他ジャンルを含めた取材や記事執筆、お手伝いなどのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

COMMENT

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. この後発売されるSKEとNMBの新曲も初動40万枚割れの可能性が高いと思います。
    前作より下がったとは言えこの数字は立派じゃないかな。
    売上枚数だけなら今や完全にSKEと肩を並べる存在と言えそう。
    AKBと嵐にはまだ及ばないけど日本でのシングル売上TOP3アーティストになれそうな勢いを感じます。
    「気づいたら片想い」も初の年間TOP10を狙えそう。

  2. 結局言い訳にしか聞こえない。今回の曲は出来が悪いと認めるのも大事なのでは?

  3. サウンドスキャンがほとんど減ってないってのが驚いた
    そっちを記事として取り上げて欲しいです
    前作割れが濃厚になった時点でサウンドスキャンが大幅に落ちると思った人は多いと思う
    けどサウンドスキャンが変わらないという事は単純に握手売上げが落ちてるという事になってくる

    • 生ちゃんいないし上位9人以外の売れ行きがあまり良くないからねぇ
      8枚目から中堅メンバーに完売があまりでなくなったんだよな

  4. 楽曲の質が悪いから売上下がって当然っていう人いるけど、下がるのはちょっと嫌だなw
    売上が全てではないが、売り上げの推移から人気を上昇下降を判断されるのも事実
    いつかは止まることではあるわけだけど、右肩上がりという一つの記録であり良さのようなものが失われた感じはする

  5. よく知らないんだけどSKEやNMBは
    AKBのシングルを買い支えなきゃいけないんでしょ?だったら乃木坂との売り上げ比較ってあんまり意味ないと思うんだけど

  6. 売り上げで肩を並べてるのはNMBでしょう
    ですがSKEもNMBも兼任や移籍をいれたことで
    全作より売り上げが伸びる可能性の方が高いです
    売り上げもカラオケも集客数も嵐、AKB48、EXILEはもはや別格の存在ですし
    HKT、ももクロはライブが大盛り上がりしてるいます
    現時点で乃木坂は売上も下がっていますし
    売り上げTop3、なんて楽観視できる状況ではないです

  7. 次のシングル発売までを延ばして前作越えするのを待つしか?
    だとしても次の全握までにミニライブの件を何とかするのと
    過剰セキュリティーによる時間ロスで買ってもまわりきれないかも? という不安が少なからず買い控えの原因になってると思うの…だから安心して握手券を買い増しできない現状をどうにかしないと今後は下り坂になる可能性もあると思う…
    パフォーマンス的なセキュリティー強化は無駄無駄無駄!!!
    今はまだ…だってこうするしかないじゃない…って運営も思ってるだろうけど!!
    意味のある警備体制の確立…早急にお願いしますね! 運営さん!?

  8. サウンドスキャンがあんまり減ってないと言う事は売り上げの主力である個握の売り上げが減ってるって事でしょ?これって結構深刻なんじゃ…

  9. 単純に50万が支店の大きな壁なだけだよ。
    握手券を買ってるんだから曲の善し悪しなんてほぼ関係ない。
    50万を超えるには本店がやってることをそっくりそのままやらなければならない。

    今後は(AKBが飽きられない限り)3,40万台で上下動だろうね。
    50万超えるきっかけを生み出せればいいけど、そのきっかけはどの支店も
    喉から手が出るほど欲しいだろうな。

    アイドルの大量生産と握手でここまで売り上げられれば大成功だけどね。
    海外から見たらとんだ笑いの種だけど。

    乃木坂も伸び悩みに入ったから、新たな支店が立ち上げられるのか、
    それともなにか大きなテコ入れでもするのか。展開が楽しみだね。

  10. サウンドスキャンがあまり変わらないなら曲の良し悪しはやっぱり関係ないのか
    握手売れないのはマジでファン離れが進んでるんじゃないか
    特に中堅から下のメンバーのファンは特に

  11. 中堅から下より中堅がファンが増えてない気がする

  12. 現状で中堅以下の新規ファンを増やそうなんてムリでしょどう考えても
    ただアンダーライブとのぎ天を継続すれば、福神を入り口とした新規ファンが
    アンダーへの興味を持つ可能性は非常に上がると思うの
    だからのぎ天だけじゃなくアンダーライブも定期化してほしい
    そのためにアンダーのパフォーマンスの質も確保する必要がある、というジレンマ…

  13. まあ、例の握手会の事件で我に返った人も少なからずいるんじゃないかな。
    後、生駒ちゃんの総選挙に金をつぎこんだ人もいたはず。本店のイベントに付き合うってのはこういうこと。

  14. 今だに有線ランキングは圏外。「バレッタ」みたいにランキングインしないかも。
    ヲタはCDを買うけど、一般は聞かない、聞いたことがない現象。「気づいたら片想い」はそこそこ一般に浸透したと思うけど。一般人気には結びついていないのか。残念。

コメントはこちら

*

Return Top