Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・日向坂46のエンタメニュースサイト

白石麻衣、鋭い視線で「猫の話やめろよ」と牽制 「ギガ国物語」は次の旅へ

ソフトバンク新CM・ギガ国物語「旅立ち」篇(白石麻衣、岡田准一)画像提供:ソフトバンク
 白石麻衣、岡田准一、土屋太鳳、北村匠海が出演するソフトバンクのテレビCMシリーズ「ギガ国物語」の最新作『旅立ち』篇が、7月26日(金)より全国で放映を開始する。

 「ギガ国」からギガの制限を無くすという使命を果たし、次の目的地を目指して晴れやかな表情で荒野を歩く旅人たち。ギガが使い放題になり、皆で何の動画を観るかについて意気揚々と話し始めると、タクミ(北村)が「やっぱ、猫動画だな」と提案。オカダ(岡田)がすかさず「ああ、そうだニャ!」とドヤ顔で返し、辺りに冷たい空気が流れる。

 タオ(土屋)とシライシ(白石)がめげずに仕切り直すが、しつこく猫動画を推そうとするタクミ。2人から「猫の話やめて」「猫の話やめろよ」と訴える鋭い視線を感じ、「さ、最近犬の動画にもハマってて」と慌てて話を変える。すると、いつの間にか猫耳をつけたオカダが「ニャンだって!?」と勢いよく振り返り、またしても冷たい空気が。名曲『Stand by Me』が流れる中、気を取り直して歩き出した一行だったが、その後ろ姿は何やらひと悶着あったことをうかがわせるものだった。

 久しぶりに全員揃っての撮影となり、控室から賑やかだった4人は笑顔でスタジオ入り。中でも白石と土屋は手を繋いでやって来るほどの仲良しぶりだった。猫耳をつけて真顔で振り返る岡田に冷ややかな目線を送るシーンでは、土屋と北村が思わず笑ってしまい、「はい、カット!」と声がかかると、白石まで笑い出してしまった。同じシーンを重ねると3人とも真顔が保てるようになり、「あれ?もう笑ってくれなくなってきた…」と悲しそうな表情を浮かべる岡田に一同がフォローする場面も。次のカットでは岡田が一層激しく振り向くなど、オールCG用のスタジオでひたすら歩く撮影に疲れた共演者を和ませようとする姿が見られた。完成したCMはそんな4人ならではの掛け合いに注目だ。

出演者インタビュー

―久しぶりに 4 人で揃った感想
岡田:久しぶリー!全然会ってなーい(笑)!元気でしたか?別々での撮影が増えて、前回 僕は(北村さんと)お城に行ってきて。
北村:ついにお城に行きましたね!
土屋:おお、ついに!私たちは王様に会いました!
岡田:そう!あのすごい王様でしょ!?会いたかったなー!王様に気合を入れて欲しかった (笑)!ちなみに、「ギガ国」を出て、次はどんな国に行くと思いますか?
白石:この姿で、あえて日本を旅するのもいいですね!
北村:「メガ国」とか(笑)?
岡田:「ギガ」の次って「メガ」だっけ?「テラ」だね、「テラ国」だね。でも、僕の予想だと秋くらい に何かあるんじゃないかなあと。僕も楽しみに待っていることがあるんだよね!
土屋:ええ、何だろう?本当にあるといいな!

―この夏やりたい事を教えてください
北村:夏、スイカ割り!(即答)
岡田:それはどのくらい本気でやるの?僕プライベートで、目隠しして「右右!」みたいなのやった事ないなあ…。(土屋さんに)ありますか?
土屋:ないですね…。スイカは昨日食べましたけど。
北村:(笑)。僕も小学生以来やった事ないんで、スイカ割りとか鬼ごっことか、大人になった 今、子どもの頃好きだった遊びを本気でやりたいですね!
白石:私はいつも夏らしいことできてないので、スキューバとか、海に潜ったりしたいです!日 にはあんまり焼けたくないけど、海は大好きなので。
岡田:色白いもんね!あと、花火とか見たいよね、ギガ国で!
土屋:じゃあ私は、みんなが海で遊んだりしてる時に砂浜でダッシュをしていようかな(笑)? 今年の夏は、本気で普段できないような本気の運動をしてみたいです!
岡田:砂場ダッシュ…?ほんとに、いつも何事にも本気だよね(笑)
一同:(笑)

関連「ギガ国物語」特設サイト

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の場として、2012年に当サイトを開設・運営。ライターとしてはエンタメ・スポーツ・ビジネス系を中心に寄稿も。ご依頼はコンタクトの専用フォームよりお問い合わせください。情報提供・取材案内もお待ちしております。

コメントはこちら

*

Return Top