Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・日向坂46のエンタメニュースサイト

ギガ王初登場で白石麻衣も仰天の展開 「ギガ国物語」新CMでアントニオ猪木と共演

ソフトバンク新CM・ギガ国物語「ギガ王」篇(白石麻衣、土屋太鳳、アントニオ猪木)新テレビCM ギガ国物語『ギガ王』篇より(画像提供:ソフトバンク)

 ソフトバンクのテレビCMシリーズ「ギガ国物語」の新作として、イメージキャラクターの白石麻衣、土屋太鳳が出演する『ギガ王』篇が6月27日(木)より全国で放映開始される。

 前回の『ギガ姫』篇で「ギガ使い放題法」が適用され、ようやくギガを取り戻した「ギガ国」。今回のCMでは、速度制限から解放され歓喜に沸く国民たちの前にアントニオ猪木演じるギガ王が登場。「元気ですかー!ギガがあればなんでも観れる!ご唱和ください!」という聞き慣れたフレーズに何かを察したタオ(土屋)が「ハッハッハッハッハー」と声を出し始めると、不思議そうに見つめて「発声練習?」とつぶやくシライシ(白石)。ギガ王が続けて「行くぞー! 1・2・3、、、」とカウントすると、タオがギガ王からマイクを奪い「ギガァーーー!」と叫んで国民たちは大盛り上がり。一番の見せ場を奪われたギガ王だけが唖然としてしまうというストーリー。

 撮影では、土屋が叫ぶシーンで、「ダー!」と思わずオリジナルのセリフを口にしてしまい、「ごめんなさい……!つい聞き慣れた方を言っちゃった」と照れ笑いする場面も。そのおちゃめな姿に、白石も「なんで?」と大笑い。撮影を重ねる度に、どんどん仲良くなる2人の様子に、スタジオ全体が温かい笑いに包まれた。

 また、今回の見どころは初登場のギガ王。衣装は細部までこだわって作られており、アントニオ猪木のトレードマークである赤いマフラーもしっかり用意された。特にマントは豪華すぎるあまり、スタッフが数人がかりで持ち運ぶほどの重さに。その衣装を間近で見た白石と土屋も、興味津々な様子で眺めていたという。CMでギガ王たちが立つ巨大モニュメントの形にも注目だ。

出演者インタビュー

―土屋さんと白石さんは6度目の共演になりますが、今回初めてアントニオ猪木さんと共演されて、いかがでしたか?
土屋:まさか共演させていただけるなんて思ってもなかったので、まるでサンタクロースに会った時みたいに、伝説のお方に会えた・・!っていう喜びでいっぱいです!
白石:私も、小さい頃から見ていた憧れのヒーローが自分の目の前に現れて、しかもいつも聞いていたセリフを実際に言ってくださって。パワーをもらいました!
猪木:こちらこそ、元気をもらいました!ありがとうございます。

―「ギガさえあれば何でもできる」というセリフがありますが、皆さんが「これさえあれば何でもできる」というものがあれば教えてください。
猪木:普段忙しいのですが、時間さえあればお二人に(スマホの事を)教えてもらって、何でもできるようになりたいですね!
土屋:私もほぼお仕事をしていたり、お仕事の準備をすることに時間を使ってしまっているのですが、愛情さえ持っていれば、一つ一つの瞬間を大切にできるんだなって思います。
白石:私は、ご飯が大好きなので、白いお米さえあれば何でも頑張れます(笑)!
土屋:それはいいね(笑)!

―今回土屋さんがギガ王のマイクを奪って先に叫んでしまう、というシーンがありますが、
うっかり先走ってしまった、というエピソードはありますか??
白石:ライブ時の、先走りエピソードならいっぱいありますね(笑)。ライブの時に、まだ出番じゃないのに登場しちゃって、お客さんにすごく見られたりとか(笑)。
土屋:えー!そんな事あるんだ!そういう時どうするの?
白石:もうずっとニコニコしてました(笑)。
土屋:私は小学生の頃キャンプに行った時、よくホットケーキを生焼けの状態で食べちゃってましたね。食べたい気持ちが先走って・・。でも今思えば、お腹が危ない(笑)。
白石:危ないよ(笑)!
猪木:常識破りのアントニオ猪木で通ってますので、いつも先読みしてみんなをびっくりさせるのが好きですね。今回も(CMを見て)みんなびっくりしてくれたかな。
土屋:ほんとに大きな声で、びっくりしました(笑)!

関連「ギガ国物語」特設サイト

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の場として、2012年に当サイトを開設・運営。他媒体、他ジャンルを含めた編集・執筆・取材 etc,さまざまなご依頼を承ります。コンタクトの専用フォームよりお問い合わせください。情報提供・取材案内もお待ちしております。

コメントはこちら

*

Return Top