Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・日向坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46橋本奈々未が音楽フェス「未確認フェスティバル」初代応援ガールに就任

「未確認フェスティバル」の会見に出席した橋本奈々未(乃木坂46)乃木坂46橋本奈々未

 乃木坂46の橋本奈々未が、この夏、人気ラジオ番組「SCHOOL OF LOCK!」が贈る10代アーティスト限定の新たな音楽フェス「未確認フェスティバル」の初代応援ガールに就任することが本日発表された。

 2008年から昨年まで行われていた10代限定フェス「閃光ライオット」の意志を引き継ぐ「未確認フェスティバル」は、タワーレコード、NTTドコモ、レコチョクの3社が展開するインディーズ及び新人アーティストの音楽活動支援プロジェクト「Eggsプロジェクト」をパートナーに迎えて開催。その初代応援ガールに任命された橋本は、今年4月から番組内の人気コーナー『GIRLS LOCKS!』3週目パーソナリティを担当している。

 本日都内で行われた会見には橋本がギターを持って登場。「『閃光ライオット』の頃から注目していたイベントなので、夢のように嬉しいです。しかも『未確認フェスティバル』になってからは“初代”ということなので、ここから“いい勢い”をつけていきたいです」とコメントした。また、応援ガールとして、番組の必携アイテムである黒板に「楽しむことだけ考えろ!!」と書き、3次審査(ライブステージ)の出場者に向けて「審査がかかっているステージなので、プレッシャーがあると思います。でも色々考えすぎてしまうと、もっとこうすれば良かったと後悔することがあります。だからステージに上がったら、もう何も考えずに楽しみ切って欲しい!ステージの熱量は必ずお客さんに伝わります!」とエールを贈った。

 会見では、橋本が番組MCのとーやま校長とあしざわ教頭と3人でバンドに扮した「未確認フェスティバル」×タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」のコラボレーションポスターもお披露目。こちらについては、「実際にアンプにつないで、3人で演奏して撮影したんです。とーやま校長がいきなりドラムを叩きはじめて、そしたらあしざわ教頭もおもむろにベースを弾き始めて・・・私も、C・D・Gを永遠に繰り返して必死についていきました!(笑)」(橋本)と、撮影秘話を明かす場面もあった。このポスターは本日より全国のタワーレコードなどに掲出される。さらに、dヒッツ×未確認フェスティバル特別企画にて、「橋本奈々未アナザーカットバージョン」を期間限定で無料公開しているので、ぜひチェックしよう。

 「未確認フェスティバル」は、音楽に夢を重ねる10代のアマチュア・アーティストたちが、夏に開催されるファイナルステージへの出場をかけてしのぎを削る“音楽の甲子園”。応募総数3,254組の中から勝ち上がった33組で3次審査を行い、8月30日(日)に東京・新木場STUDIO COASTにて行われるファイナルステージを目指す。

 また、本日ファイナルステージのライブゲストとして、ゲスの極み乙女。、グッドモーニングアメリカの出演が発表されると、「2組の生のステージを見たことがありますが、10代にパワーをくれる素晴らしいライブになると思います。出場する10代アーティストは、彼らと同じステージに立てるなんて夢のように嬉しいと思うし、とても刺激になると思います!」(橋本)とコメントしていた。

 橋本奈々未は93年2月生まれの22歳。2011年8月に乃木坂46一期生オーディションに合格。12枚全てのシングルで選抜入りしている人気メンバー。今春より女性ファッション誌「CanCam」に専属モデルとして登場している。乃木坂46のライブではギター演奏を披露することも。

 この会見の内容は今夜の「SCHOOL OF LOCK!」でも、とーやま校長とあしざわ教頭によって伝えられる予定。

mikakunin-hashimoto002

閃光募集フライヤー2013表
ポスターは橋本奈々未がギター&ボーカル、とーやま校長がドラムス、あしざわ教頭がベースという3ピースバンドの設定。恵比寿にあるライブハウスLIQUIDROOMで撮影された。

関連未来の鍵を握る学校 SCHOOL OF LOCK!
関連未確認フェスティバル2015ーSCHOOL OF LOCK!が贈るTEENAGE ONLY LOCK FES!ー
*番組はTOKYO FMをキー局にJFN全国38局ネットで放送中。

*一部内容を訂正しました。

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の場として、2012年に当サイトを開設・運営。ライターとしてはエンタメ・スポーツ・ビジネス系を中心に寄稿も。ご依頼はコンタクトの専用フォームよりお問い合わせください。情報提供・取材案内もお待ちしております。

COMMENT

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. ポスターええな

コメントはこちら

*

Return Top