Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

けやき坂46、10人1役の初舞台公演『あゆみ』上演決定

けやき坂46 初舞台公演『あゆみ』(チームハーモニカ)舞台『あゆみ』チームハーモニカ(画像提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

 けやき坂46(ひらがなけやき)による初舞台公演『あゆみ』が、4月20日(金)より東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoにて上演されることが決定した。今月24日開催の欅坂46「ガラスを割れ!」発売記念全国握手会・愛知会場のステージにて発表された。

 同舞台は、2010年に『わが星』で第54回岸田國士戯曲賞を受賞した劇団ままごと主宰の柴幸男氏の代表作。目には見えない時間の道を歩く“あゆみ”という一人の女性を、出演キャスト全員で演じる個性的な演劇スタイルで彼女の人生の物語を描く。

 本公演では、けやき坂46のメンバー全20名がチームハーモニカとチームカスタネットに分かれ、2チーム制で全24公演を開催。舞台上にはシンプルなセットのみで、ポップな歌も煌びやかな衣裳替えも無く、舞台に登場してからは全員が舞台上に立ち続ける。演出は黒色綺譚カナリア派を主宰し、1月には乃木坂46主演舞台『三人姉妹』も手掛けた赤澤ムック氏が務める。

 1月には初の日本武道館単独公演を成功させたけやき坂46。4月からは冠番組「ひらがな推し」(テレビ東京・8日から毎週日曜25時05分)及び「KEYABINGO!4 ひらがなけやきって何?」(日本テレビ・16日から毎週月曜25時29分)も決まり、初の単独アルバムの発売日が5月23日(水)に決定した。欅坂46もまだ経験したことのない舞台への挑戦ではどんな成長を見せてくれるのか。合言葉の「ハッピーオーラ」を胸に、怒涛の上半期クライマックスへと乗り出していく彼女たちの新たな物語に注目だ。

けやき坂46 初舞台公演『あゆみ』概要

けやき坂46 初舞台公演『あゆみ』(チームカスタネット)舞台『あゆみ』チームカスタネット(画像提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

劇場:東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo(アイア 2.5 シアタートーキョー公式サイト
脚本:柴 幸男(ままごと)
潤色・演出:赤澤ムック

公演日程:2018年4月20日(金)~5月6日(日)

出演者:けやき坂46
<チームハーモニカ>
井口眞緒、潮 紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高瀬愛奈、東村芽依、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂

<チームカスタネット>
柿崎芽実、影山優佳、佐々木美玲、高本彩花、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより

チケット料金:7,800円(全席指定/税込)
一般発売:2018年4月14日(土)10:00~

協力:Seed & Flower合同会社/ソニー・ミュージックレーベルズ
主催:ネルケプランニング/Y&N Brothers

関連「あゆみ」 | Nelke Planning / ネルケプランニング


コメントはこちら

*

Return Top