Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

市來玲奈が学業専念のため7月で乃木坂46を卒業

ichiki140626
市來のブログ『みなさんへ』より ©乃木坂46LLC

 乃木坂46の市來玲奈が26日、公式サイトを通じて学業専念のため7月でグループを卒業することを発表した。グループからの脱退は今年3月に活動辞退を発表した2期生の西川七海に続き6人目となる。

 発表後、市來は『みなさんへ』としたブログを更新し、「大学は自分が思っていたよりも甘くはありませんでした」「なかなか思う通りに行かず、歯痒さは今まで以上でした」と、高校生の時に思い描いていたビジョンとのギャップがあったことを告白。「私個人のせいで全体の足を引っ張りたくない、そう思う気持ちが強くなりました」と、卒業を決意した経緯について説明している。

 市來は2011年8月に乃木坂46の1期生オーディションに合格。当時のエピソードとして、総合プロデューサーの秋元康氏に「学業との両立は本当に大変だがやっていけるか?」と訊かれた市來が「はい」と答えたことが知られている。デビュー前の暫定選抜メンバー、暫定七福神に選ばれると、デビューシングル『ぐるぐるカーテン』から4枚目シングル『制服のマネキン』まで連続して選抜メンバー入りしたが、学業を理由に活動を欠席したり、途中参加することも多く、その後はアンダーメンバーとしての活動が続いていた。2014年春には晴れて早稲田大学文学部に進学し、ファンからの期待も高まったが、舞台公演「16人のプリンシパル trois」を学業の都合で全休するなど、両立は果たせなかった。

 市來が参加するイベントは7月21日(月・祝)に千葉・幕張メッセで開催される『気づいたら片想い』発売記念個別握手会が最後となる。参加予定だった『夏のFree&Easy』の個別握手会は既に受付を中止しており、予約が済んでいる分については21日の握手会への振り替えか、返品・返金にて対応することが発表されている。

 加入当初からアナウンサーや女優になることを夢に挙げ、進学後も学問や世界大会出場経験のある社交ダンス復帰など多くのことに関心を示していた市來、「私は自分の夢は決して諦めていません」と綴り、卒業後の活躍を誓っている。

関連市來玲奈 卒業のお知らせ
関連乃木坂46「夏のFree&Easy」forTUNE music限定発売記念個別握手会 市來玲奈 活動辞退に関してのお知らせ(forTUNE music)

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。外部媒体を含め、取材や記事執筆、お手伝いなどのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

COMMENT

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 両立出来る自信はどこからあったんだろう?
    結局中途半端だった気が……

    とりあえず卒業おめでとうございます。
    学業頑張ってくださいー

  2. いい決断だと思う。お疲れ様でした。そして今までありがとうと言いたい。

  3. 最近まともに活動してなかったから正直がっかり
    でも新しい道で頑張ってほしい

  4. 本当に学業優先したらこうなるよね
    ワンシーズンだけ休業とかないわ

  5. お疲れ様でした。そして大好きでした。

  6. 学業が軌道に乗るまで研究生に席を置くとかできなかったのかな?
    正直、今に至るれなりんの立ち位置は、本人が取ってきた選択肢から多くの人が予測可能だっただけに、自分はそれを覆して欲しかった
    もう過ぎたことだからしょうがないけど…
    せめてここで選んだ選択肢が実りあるものとなることを願っています

  7. お疲れさまでした。残念です。
    真面目にやるとなると大学大変だもんなぁ。
    AKB新聞(確かぐるカー発売前)での特集で、生駒とれなりんの二人が特集されていたのを見て、この二人が乃木坂の2トップなんだと思いました。可愛かったし。
    個人的には二人とも初期の頃の方が輝いているように見えるなー。

  8. 正直、細々とした活動でもいいから在籍してほしかった。
    今までの卒業メンバーの中で一番残念だ。

  9. 画像流出した件が全く影響無かったのかな…
    ダンス光るものがあるからもう一度見たかったけど
    もう少しキャラが強かったら(活きたら…)
    もう少しがんばって欲しかったかな

    以前乃木どこで、一度下がるととことん落ちちゃう子だから
    みんなでフォローしないといけない
    とかって手相かなにかの回のときにやってたけど
    選抜落ちてから案外早めに見切ってたのかもしれないのかもね

  10. 20年前のダメダメ学生からしたら、学年が上がるにつれて必修が減るから、今年1年がんばれば、もっと自分の時間ができてって思ったんですが。高いレベルでの両立を目指していたのかな。

  11. 市來ちゃんのブログ読むと
    市來ちゃんにとって乃木坂は
    ホントに部活だったんだなって感じた

    まあそれでもいいと思うけど
    乃木坂に夢はなかったのかなあ

  12. れなりんのいない乃木坂46は考えられない

  13. 来年の生ちゃんが心配だな。あの咲子師匠ですら大変だったらしいから、選抜では無理ぽいな。

  14. 夢 は 正 夢 !
    栗山英樹

コメントはこちら

*

Return Top