Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・日向坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46、『地球が丸いなら』MVで大園桃子・齋藤飛鳥・与田祐希が鎌倉グルメ食べ歩き

与田祐希、齋藤飛鳥、大園桃子(『地球が丸いなら』MV)『地球が丸いなら』MVより(画像提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)
 乃木坂46の21stシングル「ジコチューで行こう!」(8月8日発売)より、Type-Dに収録される大園桃子・齋藤飛鳥・与田祐希のユニット曲『地球が丸いなら』のミュージックビデオが今月2日に公開された。

 7月上旬に神奈川県・鎌倉で撮影された本作は、修学旅行をこっそりと抜け出した高校生3人が、自分たちが行きたかった鎌倉や江ノ島で食べ歩きながら思い出作りの旅をするというストーリー。映画『南極料理人』(「新藤兼人賞2009」金賞)や『横道世之介』(「第23回日本映画プロフェッショナル大賞」監督賞)などを手がける映画監督・沖田修一氏が、初めて乃木坂46のミュージックビデオを監督した。

 鎌倉では食事のシーンが多いということもあり、メンバーたちは前日の食事を控えて撮影に臨んだという。その鎌倉ロケでは3人の食べっぷりにお店側も感激し、お土産まで用意してくれるお店が続出したエピソードも。フルーツケーキ、紫芋ソフト、くずきりなど、ご当地の美味しいものをたくさん食べることができ、メンバー大満足の撮影となった。

 楽曲は、ケーナ演奏家で作曲家の山下孝之氏が作編曲。乃木坂46に楽曲を提供するのは今回が初めてとなる。ミュージックビデオには江ノ電で撮影されたシーンも収められているが、山下氏は江ノ電全線開通100周年を記念して制作された公式テーマソング『好きです江ノ電』の作曲者でもある。

(画像提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

乃木坂46『地球が丸いなら』MV

作詞:秋元康/作曲・編曲:山下孝之
監督:沖田修一

関連乃木坂46公式サイト

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の場として、2012年に当サイトを開設・運営。他媒体、他ジャンルを含めた編集・執筆・取材 etc,さまざまなご依頼を承ります。コンタクトの専用フォームよりお問い合わせください。情報提供・取材案内もお待ちしております。

コメントはこちら

*

Return Top