Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

伊藤万理華、「シブカル祭。BY PARCO」香港開催でアートワークを手掛けた作品お披露目

 パルコ主催の女子クリエイターによるカルチャーイベント「シブカル祭。」が、5月18日(金)より「SHIBUKARU MATSURI BY PARCO ~澀谷文化節 BY PARCO~」として香港で開催される。同イベントに、伊藤万理華がクリエイターとして参加することが決定した。

[左]イベントメインビジュアル/[右]伊藤万理華(画像・写真提供:パルコ)
 パルコでは、“若手女子クリエイターの、表現作品の発表の場を提供する”ことを目的とした「シブカル祭。」を、渋谷PARCOを拠点に2011年より開催。今回は世界を舞台に日本の女子クリエイターが活躍できる場を創りたいという想いから、多様性が混ざり合う国際都市・香港での初開催が決定した。

 伊藤はかねてよりアートやファッション、カルチャーの分野に興味を示し、昨年10月には“伊藤万理華が考えるFASHION、ART、MOVIE、RADIOの展覧会”をテーマに、自身初の個展「伊藤万理華の脳内博覧会」を東京・GALLERY X BY PARCOで開催。同展は12月にかけて京都、福岡でも開催され、独自の視点で世界を見つめる展示空間が好評を博した。昨年香港で撮影したファースト写真集『エトランゼ』(集英社インターナショナル)では、自らスタイリングまで担当するなど、ファッションにも強いこだわりを見せている。

 今回、伊藤は同写真集の未公開カットに自らアートワークを施した作品を香港でお披露目する。香港の雑踏に佇む彼女のポートレイトに、自身の独特の感性を掛け合わせた仕上がりに注目だ。

 同イベントには日本、香港から12組のクリエイターが参加予定。最新情報はイベント公式サイト、SNSをチェックしよう。なお、本日公開されたプロモーションムービーは、れもんらいふの永瀬由衣氏がアートディレクションを担当。渋谷と香港の夜景がモチーフで、魅惑的な2つの街のクロスオーバーをテーマに作られる会場を想起させるような仕上がりになっている。

「SHIBUKARU MATSURI BY PARCO ~澀谷文化節 BY PARCO~」概要

【会場】PMQ 元創方 Courtyard&Marketplace (1F)
(35 Aberdeen Street, Central, Hong Kong)
【会期】2018年5月18日(金)~5月29日(火) 11:00~22:00
(オープニングパーティー 5月18日[金] 18:00~)
【主催】「シブカル祭。2018」実行委員会
【協力】PMQ 元創方
【運営&全体コーディネート】
PARCO、RCKT/Rocket Company*
【入場】無料

【参加クリエイター】
日本:愛☆まどんな、伊藤万理華、UMMMI.、キュンチョメ、塩見友梨奈、Takako Noel、チョーヒカル/趙 燁、時吉あきな、とんだ林 蘭
香港:Aries Sin、Quist Tsang、Don’t Cry in The Morning

※参加クリエイター、展示作品、会場は変更の場合あり。

関連「SHIBUKARU MATSURI BY PARCO ~澀谷文化節 BY PARCO~」公式サイト

コメントはこちら

*

Return Top