Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46伊藤寧々が卒業を発表、次の夢が見つかった

 乃木坂46公式サイトで12日、1期生の伊藤寧々が、10月19日(日)に東京・六本木ブルーシアターで開催される「アンダーライブ セカンド・シーズン『スペシャル公演』」をもってグループを卒業することが発表された。

 発表後に更新されたブログで伊藤は、改めて卒業の決定と、10thシングル『何度目の青空か?』の制作に参加していないことをファンに報告。卒業の理由について、乃木坂46として活動していく中で、自分の夢だった仕事が叶ったことと、次のやりたいことが決まったことの2つが大きな決め手になったとしている。

 また、3年の活動を振り返り、いまの恵まれた環境と将来のことで悩んだ末、最終的には、「乃木坂46の伊藤寧々」ではなく「伊藤寧々」個人として、1人でどこまでいけるのかを試してみたくなったと、不安と同時に期待を抱えていることも綴られている。

 伊藤の活動は、10月18日(土)に神奈川・パシフィコ横浜で行われる9thシングル『夏のFree&Easy』発売記念個別握手会、そして翌日のアンダーライブで最後となる。今回のアンダーライブは本来、10thシングルのアンダーメンバーで行われるものだが、スタッフと相談した結果、全公演の参加が決まったという。これについても、ブログに「アイドルとしてステージに立つ姿で終わりを迎えたいと思っています」と、心境を綴っている。

 伊藤は1995年12月生まれの18歳。2011年8月に乃木坂46の第1期生としてグループに加入し、昨年3月に発売された5thシングル『君の名は希望』で初選抜入り。高い身体能力を生かしたバク転やロンダートでたびたびファンを沸かせ、その能力をかわれてバラエティ番組にもソロ出演した。また女優としてドラマや映画にも出演し、今年6月には映画『杉沢村伝説 劇場版』で初主演を果たした。乃木坂46では伊藤万理華とのコンビ「伊藤ちゃんず」としても親しまれている。

 また公式サイトでは、研究生として活動中の2期生、矢田里沙子、米徳京花両名も学業専念のため9thシングルの活動をもって活動辞退することが発表されている。本日の発表で乃木坂46のメンバー脱退は9人となる。

公式伊藤寧々 卒業のお知らせ
公式「卒業します」(伊藤寧々公式ブログ)

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。外部媒体を含め、取材や記事執筆などのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

COMMENT

  • Comments ( 13 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 伊藤寧々さんを含め3人の乃木坂46からの離脱発表が今日である理由、
    或は今日でなければならなかった理由は?

    また、「卒業」と「活動辞退」の明解且つ明確な違いは?

    • 13日に京都で9thの個別握手会がある。
      遠征できない関西のファンにとっては
      彼女らに直接お別れを言える最後のチャンス
      じゃないか。
      握手会のあとで卒業を知ったら、どう思うよ?

      正式メンバーが辞めるのが「卒業」
      研究生が辞めるのが「活動辞退」
      なんじゃねえの?

    • 「卒業」は正規メンバー、「活動辞退」は研究生メンバーに対して使われるようです。
      でも、私に言わせればどちらも「脱退」なんですけどね・・・。

    • そりゃ、明日から秋の握手会シーズンが始まるからでしょう。
      卒業隠して、握手会できないでしょ。

      違いは、正規メンバーになったかどうかでしょうね。

  2. ブログの内容がしっかりしてて感動した。より魅力を感じました。勇気と覚悟のある人に幸せになってほしい。2期生の米徳さん、矢田さん悩みぬいた覚悟、素晴らしい。寂しいけど旅立ちを明るく見送りたい。

    今日は色々な乃木坂情報で溢れている。いずれ別れ(卒業)が来るのは分かっていても寂しいもの、そんな中、卒業生の岩瀬佑美子さんがツィターを開始したという情報は、とてもタイミングの良い朗報。
    卒業生が元気な様子を伝えてくれるのは本当に嬉しい。ゆみ姉のツィターのフォローを乃木坂の公式でもされているのも嬉しい。

  3. まりっかのブログの写真がねねころに似てると思ってなんか予感したり。なつかしい友人と会ってたのもなんかあると思ってたけど・・・まさか・・

  4. 寂しすぎる。
    まだまだ活躍を見たかった。
    新たな道で頑張って欲しいです。

  5. 僕にとって推しメンが卒業するのは初めのこと。
    僕は卒業の第一報を本人のメール知ることができた。
    僕にとっては明日の握手会が最後の握手会。もし、握手会の後に発表だったら、何も知らずに握手をして、卒業を知って「あの時が最後だったんだ」と後悔をしたかもしれない。
    最後だと知って握手会の臨める。

    これって僕はすごく恵まれているのかもしれない。

    明日は今までの感謝と最後の瞬間まで、いや、夢に向かって頑張る君をいつまでも応援することを伝えようと思う。

  6. まりか推しだけど、ちゃんずの相方!
    ねねころの最後の握手会で盛大に卒業をお祝いしたい!

  7. 涙ころのセンター消える(´;ω;`)

  8. 卒業して正解だと思う。今の乃木坂は選抜枠16名の内14名は固定(握手会人気メンバーの白石・西野・橋本・松村・生田・桜井・深川・秋元・若月・衛藤、運営推しの生駒・堀・高山、兼任枠の松井)で、残る枠2名を順番で回しているのが現状だから。

  9. ねねころにとってこのタイミングでの卒業は、アンダーライブ2ndシーズンの千秋楽であるスペシャル公演を卒業公演として卒業できる最良のものであったと思う。この点についても、運営の方の配慮を感じる。

  10. 今までの、メンバーの卒業のなかで一番ショックです。アンダーとはいえ休む事無く、選抜経験もあり、ちゃんと活動していたメンバーだったし。本当に寂しい。悲しいです。辞めなくても良かったのにとどうしても思ってしまう。本人が一番悩んだと思いますが、ファンのショックは大きいでしょう。アンダーライブの千秋楽は涙無しには観れませんし、まさしくプレミアチケットになりますね。でも、こんなに売れて来て神宮球場をいっぱいにできるグループを脱退する勇気と意思に感服します。どうか彼女の将来が輝くものになって欲しい。そう願って止みません。

コメントはこちら

*

Return Top