Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46高山一実をメッセンジャーに起用、千葉県が「介護福祉のイメージアップキャンペーン」実施

kaigo1111-chiba-site千葉県介護福祉応援キャンペーン

 千葉県ではこのたび、近年ニーズが拡大する介護福祉の仕事について県民の関心を高めるため、乃木坂46のメンバーで県出身者である高山一実をメッセンジャーに起用した「介護福祉のイメージアップキャンペーン」を明日11月1日(火)より実施することを発表した。

 11月の月間活動として行われる本キャンペーンでは、11月11日(金)の「介護の日」を中心として、「介護福祉の仕事にありがとう」をキャッチコピーに様々な施策を通じて介護福祉の魅力を発信していく。その取り組みの一つとして、学校・駅・コンビニエンスストアなど、県内各所に高山一実を起用したイメージアップポスターが掲出される。

 高山一実はこれまでの全シングルで選抜入りしているほか、バラエティ番組での活躍、雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)で長編小説の連載を持つなど、グループを代表するメンバーの1人。心優しい存在で地元愛の強いメンバーとしても知られ、昨年3月には出身地である南房総市の4人目の観光大使に任命された。11月9日(水)発売の16thシングル「サヨナラの意味」では、表題曲として自身初の一列目のポジションに起用され、今後さらなる活躍が期待されている。

 「介護福祉のイメージアップキャンペーン」ではその他にも、11月12日(土)に千葉・幕張メッセで「福祉のしごと就職フェアinちば」および、写真家・中村紀世志氏が県内の福祉施設で撮影したドキュメント写真展の開催(いずれも入場無料)や、ちば県民だより平成28年11月号での広報を予定している。

関連千葉県介護福祉応援キャンペーン!「介護福祉の仕事にありがとう。」

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。外部媒体を含め、取材や記事執筆などのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

コメントはこちら

*

Return Top