Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

Akira Sunsetが再び楽曲提供、乃木坂46『君は僕と会わないほうがよかったのかな』はha-jとの共作曲

 ハワイアン・レゲエ・ユニットSafarii(サファリ)のボーカル&ギターで波乗り作詞作曲家のAkira Sunsetさんが、乃木坂46の新曲『君は僕と会わないほうがよかったのかな』の作編曲を手がけたことがわかった。

 これは同曲のミュージックビデオ(予告編)公開を受けて、昨日Akira Sunsetさん自らツイッター上で明かしたもの。嵐を始めとするジャニーズグループや、アイドリング!!!、9nine、ZONE等の楽曲をアレンジを中心に手がける作編曲家・ha-j (はーじぇい)さんとの共作であるとのこと。

 『君は僕と会わないほうがよかったのかな』は、11thシングルのアンダーメンバーが歌うミディアム・バラードのネオフォークナンバーで、一期生・中元日芽香の初センター曲。山田篤宏さんが監督したMVは「同窓会」がテーマになっており、高校卒業後、初めての同窓会に集まるメンバー達の様子を、高校時代の回想を織り交ぜながら展開されるストーリーは、劇中で親友役を演じた中元日芽香と斎藤ちはるのエピソードなど、感動作になっているという。

 Akira Sunsetさんはこれまでにも、『気づいたら片想い』など6曲を乃木坂46に提供。今回の楽曲は春に書いたものだそうで、携わったアンダー楽曲としては2ndシングル収録曲『狼に口笛を』以来、2曲目となる。数曲続いたアンダーメンバーによるダンスナンバーが落ち着き、別れの季節とされる春にぴったりの切なさ溢れるこの曲は、4月に開催される「乃木坂46 アンダーライブ サード・シーズン」におけるイメージの鍵を握る一曲となりそうだ。

 『君は僕と会わないほうがよかったのかな』は3月18日発売の「命は美しい」Type-Cカップリング曲として収録。同タイプ付属のDVDにミュージックビデオが収録される。

『君は僕と会わない方がよかったのかな』MV予告編

https://www.youtube.com/watch?v=u4Ea6BJAzME
【歌唱メンバー】
伊藤かりん、井上小百合、川後陽菜、川村真洋、北野日奈子、斎藤ちはる、斉藤優里、新内眞衣、中田花奈、中元日芽香、永島聖羅、能條愛未、樋口日奈、和田まあや

■Akira Sunsetさんの提供曲
『狼に口笛を』(2nd Type-C c/w)編曲:シライシ紗トリ
『海流の島よ』(3rd 通常盤 c/w)編曲:京田誠一
『そんなバカな・・・』(7th Type-B c/w)作・編曲
『気づいたら片想い』(8th 表題曲)編曲:湯浅篤
『ダンケシェーン』(8th 通常盤 c/w)作・編曲:C#と共作
『私、起きる。』(10th Type-B c/w)作・編曲
『君は僕と会わないほうがよかったのかな』(11th Type-C c/w)作・編曲:ha-jと共作
*7曲すべてを作曲

乃木坂46 ソニー・ミュージックレコーズ 2015-03-18

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。外部媒体を含め、取材や記事執筆などのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

コメントはこちら

*

Return Top