Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

AKB48紅白の「君の名は希望」コラボを小林よしのり、田中将大らが称賛

17日の「第3回AKB48紅白対抗歌合戦」でAKB48渡辺麻友と乃木坂46生田絵梨花がコラボした「君の名は希望」のパフォーマンスに、各所から称賛の声があがっている。

「君の名は希望」は今年3月にリリースされた乃木坂46の5枚目シングル表題曲。乃木坂46では「制服のマネキン」などを作曲した杉山勝彦さんが作編曲を手がけた(編曲は有木竜郎さんと共作)ピアノとストリングスが特徴の楽曲で、この日は紅組キャプテンの渡辺がサプライズゲストで登場した生田のピアノ伴奏とコーラスに合わせて歌い上げた。

紅白の審査員を務めた漫画家の小林よしのりさんは、発売当初から「『君の名は希望』は相当の名曲だ」と評していたが、イベント後に更新した小林よしのりオフィシャルwebサイトのブログでも「この歌は今回の紅白の白眉だった」と絶賛。終演後に渡辺本人と楽曲について語り合い、総合プロデューサーの秋元康さんにも渡辺の歌に感動した旨を伝えたという。また、同じ審査員として同席した女優の松坂慶子さんが、曲が終わった途端に「これが一番感動した!」と歓喜していたことも紹介されている。

審査員、紅白の始球式を務めた楽天・田中将大投手は、オフィシャルブログ「氣持ち」で印象に残った曲に「君の名は希望」と、NMB48山本彩がギターの弾き語りで披露した「12月31日」の2曲を挙げ、「圧巻でした」とコメントした。

17日の「#エンダンW」(NOTTV)では評論家の宇野常寛さんがこのコラボを取り上げ、「瞬間最大の高まりは多分そこだったかな」と振り返った。宇野さん曰く、渡辺の歌が上手く、一番会場が静まったのも、盛り上がったのも、選曲、ゲストの2つで驚かせた同曲だったそうで、AKB48佐藤すみれも「麻友さんのが一番ぐっときましたね」と話していた。
宇野さんは、20日のニッポン放送「宇野常寛のオールナイトニッポン0」(金曜27時)でも同曲が一番良かったと言い、普段はAKB48グループの曲を流す時間に乃木坂46のこの曲をかけていた。「まゆゆ(渡辺)の良いところが一番出ている」そうで、ソロの方が光る渡辺の輝きを、グループでどう活かすのかがAKB48の課題と分析した。

ちなみに、光文社のあおきーこと青木宏行編集長もGoogle+で「感動しました」と触れている。

内外で好評を博する「君の名は希望」は、3月にフジテレビ系「MUSIC FAIR」で披露された際にも、音組主宰のプロデューサー・きくち伸さん、秋元康さんから称賛を受けた。また、アイドルに造詣が深いことで知られる小出祐介さん(Base Ball Bear)も、自身の連載『完全在宅主義者』(「B.L.T.」)で発表した「小出祐介が選ぶ2013年アイドル楽曲ベスト」でこの曲を1位に選んでいる。今回のコラボは、さらに多くの人に「君の名は希望」が評価されるきっかけとなっただろう。

なお、このコラボは両者がレーベルメイトで、渡辺が乃木坂46のファンであることから実現したものと見られているが、詳しい経緯は明かされていない。

この模様は’14年春に発売される同イベントのDVDに収録されるものと思われ、早いところでは1月18日(土)19時よりスカパー!で放送されるAKB紅白特別番組で見られるのかもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=JbAgeuQQQ1c
※こちらのMVはウェブ限定公開のバージョンです

君の名は希望(DVD付A)
君の名は希望(DVD付A)

posted with amazlet at 13.12.21
乃木坂46
SMR (2013-03-13)
売り上げランキング: 1,744

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

COMMENT

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 乃木ヲタの俺としては嬉しいけど、一部こうゆう時だけ反応がオーバーすぎてもう・・・   盲目なんだろうな、それゆえ色々見失ってそう(笑)

  2. 絶賛してる連中は原曲聞いたことないんだろ
    まゆゆの歌ははたいした出来ではなかったし
    初めて聞いたから称賛してるとしか思えない

    • だろうね。
      マー君とか小出氏らは違うだろうけど、
      小林は
      秋元の「御用評論家」だから、
      秋元から依頼されて書いてる「ステマ」の可能性が高い。
      そもそも「AKB48白熱論争」では
      小林は「ワシは乃木坂を公式ライバルとして認めん、
      AKBのライバルはももクロである」などと酷評していたぐらいだから、
      この手の平返しの絶賛は不自然。
      人気メンバーが次々に卒業し、
      AKBが落ち目だから
      小林が今度は乃木坂に鞍替えしてくるのか、
      呆れ果てるな。

      更に言えば、
      噂される渡辺麻友の乃木坂兼任とか乃木坂のAKB総選挙強制参加への布石ともとれるな。

  3. 渡辺の声で違う魂が宿ったともいえる。乃木坂の透明感とは違う透明感。

  4. 率直な評価として素直に受け取っておけばいいんじゃないかな。
    この曲でNHKのほうの紅白に出て、より多くの人から乃木坂を評価されるのを見たかったけど
    逆に、正当な評価でジワ広がりしていく現状もよいのかもしれない。
    来年はこの曲を超えるような新曲を発表できるかどうかが問題だよね。

    • いや、ほんとそれ。

      君の名は希望を聴いて興味を持ってくれた人が他の曲聴いて、なんだこんなもんか、ってならないように、楽曲には力入れてほしい。

      • 折角、「君の名は希望」「ガールズルール」で
        カップリング含めて高評価でファンも大幅に増加したのに、
        「バレッタ」の楽曲・PV・人事でファンを大幅に減らした(通常盤売り上げ一万枚減)
        秋元康にはもう期待できないね。

        • マネキン、希望、ガルル(ガルル自体は普通のアイドル曲だと思いますが、他の星からや孤独なラバーは非常に良い曲かと)は楽曲が良い乃木坂っていう呼び方がしっくりきます。ただ、おっしゃる通り、バレッタはダメですね。カップリングもイマイチだと思いました。そんなバカな、もPVはまあ面白いですが、曲自体はどうなんでしょうねえ。ライブでは盛り上がりそうですが。私のために~で歌うまい選抜が全握で生歌披露したので、それは良い兆候だと思いますが…
          楽曲の良さ込みで応援しているので、バレッタはガッカリです。
          個人的には誰がセンターでも関係無いのですが、楽曲はちゃんとしてほしいです

    • 同感です

コメントはこちら

*

Return Top