Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

伊藤万理華のイラストを採用した短編小説「神隠しのボレロ」が公開中

kumasaka-izuru-site140826KUMASAKA IZURU公式サイト

 映画監督の熊坂出さんが手がけた短編ウェブ小説「神隠しのボレロ」が26日、熊坂出公式サイトにて全編公開された。

 「神隠しのボレロ」は、熊坂さんが監督した映画「リルウの冒険」の撮影時に着想を得た沖縄三部作最後の作品。以前公開された「羽ばたくシガイ」、「さらばアンサツシャ」を含めた全てのメインビジュアルを乃木坂46の伊藤万理華が、タイトルを作詞家の戸田昭吾さんが、それぞれ手がけている。

 今回の伊藤へのオファーは、熊坂さんが、ドキュメンタリー「乃木坂の4人」(乃木坂46 8thシングル「気づいたら片想い」タイプC収録)の撮影にあたって伊藤のブログを読んだ際、掲載されていたイラストに自身の趣味に近いものを感じたことから実現。伊藤は第1弾「羽ばたくシガイ」の公開に際して、当時のブログ「究め極める。563回目」に「実はずっと絵のお仕事してみたいと思ってました」、「小説を読んで、自分の中で感じたイメージを絵で表現しました」と綴っていた。

 沖縄三部作はすべて無料公開されているので、興味のある人は公式サイトにアクセスしよう。

 映画「リルウの冒険」は現在、東京・ユーロスペースにて公開中。今後、沖縄・桜坂劇場、愛知・名古屋シネマテーク、山形・MOVIE ON やまがた、大阪・第七藝術劇場ほかにて順次公開予定。また、最新作「人狼ゲーム ビーストサイド」が8月30日より新宿武蔵野館ほかにて公開予定。

関連IZURU KUMASAKA | 熊坂出公式サイト


コメントはこちら

*

Return Top