Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

農林水産委員会の会議で乃木坂46、生駒里奈の名前が挙がる

乃木坂46 ©乃木坂46運営委員会
乃木坂46

18日の衆議院農林水産委員会の場で、乃木坂46と生駒里奈の名前が挙がる場面があった。

最初に挙がったのは、6人目の質疑者として上がった日本維新の会の村上政俊衆議院議員が、林芳正農林水産大臣が勧める“林業の成長産業化”についての意気込みを聞いたときのこと。林業の循環のためには周知活動が重要と強調する林大臣は「(木材利用ポイント事業の)周知徹底のために乃木坂46というグループがおられるんですが、この皆さんにもキャラクターになっていただいて、いろんなところに発信をしていかなければならないと思っております」と発言した。

木材利用ポイント事業は、木材を適切に利用することで環境保護や循環型社会の形成を目指すための制度で、そのPR大使に乃木坂46が就任。今年10月には乃木坂46のメンバー6名が農林水産省の林大臣を表敬訪問し、その後の取材でメンバーの生駒里奈が林大臣を「優しいお父さん」と表現したこともあった。

また、7人目の質疑者である同じく日本維新の会所属の村岡敏英衆議院議員も、質疑の最後に乃木坂46の話題を挙げ、「あの中のメンバーは、元・由利本荘市市議会議長のお孫さんが前のセンターでありまして。その方々が農業とかですね、林業とかいろんなところに出てきて宣伝してらっしゃるようなので、若者に発信するという意味では、そういう部分でも活躍してもらえればと思っています」と付け加えた。その前のセンター(正しくは前々作まで)というのが生駒のことで、村岡議員は生駒と同じ秋田県由利本荘市の出身である。同郷ということで、林大臣の発言に乗ってアピールしたのかもしれない。

乃木坂46は厚生労働省の「スマートライフプロジェクト」応援団も務め、医療、自治体、教育機関等の施設で3種のスペシャル健康増進ポスターが掲出されている。

 
※本記事ではあくまで乃木坂46の話題について取り上げており、弊サイトにおける特定の政党や政策への支持、不支持を表明するものではありません。

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

COMMENT

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 怒ってもらえる相手がいなくなると
    こうなってしまうんだよな・・・

    傲慢とお調子者が共存する怪物

コメントはこちら

*

Return Top