Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

「MARQUEE」最新号で川後Pが和田まあやをプロデュース、西野七瀬・相楽伊織のモデル撮も

 本日発売のミュージック・マガジン「MARQUEE Vol.107」(マーキー・インコーポレイティド)には乃木坂46の川後陽菜ら5人のメンバーが登場。川後の連載企画のほか、撮り下ろしインタビューやライブレポートなどが掲載されている。

 川後陽菜改め、“川後P”の発案で進める乃木坂46メンバーのプロデュース企画「川後Pの魔法でプロデュース☆彡」には、愛されまあやこと、和田まあやが登場。第3回となる今回は、バレンタインにちなんでハート尽くしのコーディネートで撮影。トークもチョコの話が中心になっているそう。

 また、3月発売の11thシングルで2作ぶりのセンター復帰となった西野七瀬、研究生から選抜へ抜擢された2期生の相楽伊織が、「モデル」をテーマにした撮り下ろしでコラボした。新選抜や1stアルバム、これからについて語ったインタビューも含めて8ページにわたり掲載。MARQUEEブログでは二人のキャスティングについて、前号の取材で意識の高まりを感じた西野と、当初から新加入とは思えないスケール感があり、研究生が自ら監督を務めた個人PVでのアイデアと、昨年末のアンダーライブでセンター感で魅せた相楽をオファーし、取材当日に選抜入りを知ったことなどが明かされている。こちらの撮り下ろしと川後の連載ともに藤城貴則さんが撮影を担当。

 昨年末に行なわれた「乃木坂46 Merry X’mas Show 2014」(夜公演)、「アンダーライブ セカンド・シーズン FINAL!」のライブレポートも掲載される。

 今号の表紙は、本日から国立代々木競技場第一体育館での2daysライブ「でんぱーりーナイトdeパーリー」を開催するアイドルグループ・でんぱ組.incが登場。彼女たちの26ページに及ぶ特集には多数のアーティストやアイドルがコメントを寄せており、その中に乃木坂46から中田花奈のものも掲載されている。

 今号にはそのほか、ウラ表紙にねごと、巻頭特集にゆるめるモ!、巻末特集に清 竜人25に加えて、私立恵比寿中学、夢みるアドレセンス(Book in Book形式)、BABYMETAL、palet、アフィリア・サーガらのインタビューやライブレポートなどを多数収録。定価972円(税込み)。

関連☆MARQUEEweb
関連MARQUEE Vol.107 編集Blog:乃木坂46・西野七瀬+相楽伊織

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

COMMENT

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. このように雑誌・メディアなどに多くののぎちゃんが露出出来るのは嬉しいことだ。そこでその延長線として、もうひとつの乃木坂46を強化するのはどうだろうか? もちろんメンバーで有る限りは選抜に入り、フロントでアイドルすると言うのが本筋だろうが、それだけでは才能溢れるメンバーを隠し切れない、そこで、もうひとつの乃木坂46として露出させてもらいたい。メンバーそれぞれが趣味・特技として番組で時折才能を魅せている、料理・カメラ・プロデュース・画才・コスチューム・ダンス・作詞作曲その他まだまだ有ると思うが。それらの特技をプロに弟子入りして本格的なものにする途中を魅せてはどうだろうか。プリンシパルはアイドル女優への道を切り開くものと思うが、皆がその道に進めるものでもなく、それ以上に別の才能を持っているものを卒業させるのではなく、育成して乃木坂として魅せるのもいいのではないかと思う。そうすることでメンバーの年齢限界を広げることもできると思う。

コメントはこちら

*

Return Top