Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46「透明な色」に生田・西野ソロ曲、研究生参加曲、こじ坂46第2弾など新曲8曲

 乃木坂46の1stアルバム『透明な色』の収録曲が本日発表され、新録の未発表楽曲としてメンバーのソロ曲やこじ坂46の第2弾など8曲が収録されることがわかった。

 『透明な色』はCD2枚組にDVD付きのタイプA、CD2枚組のタイプB、CD1枚の通常盤の全3種でリリース。新曲はDISC1、DISC2に4曲ずつ収録される。

 まず本作では今年乃木坂46でセンターを務めた二人のソロ曲を制作。DISC1の最後に収録される『あなたのために弾きたい』は、生田絵梨花が歌うナンバー。ピアノとストリングスを伴奏に、ワルツのリズムで歌われているという。またDISC2の最後にある『ひとりよがり』は西野七瀬が歌うバラード。両曲は、12年5月リリースの2ndシングル『おいでシャンプー』に収録された生駒里奈のソロ曲『水玉模様』以来二年半ぶりとなる、グループ二人目、三人目のソロ曲。

 DISC2に収録される『傾斜する』は、今年のAKB48じゃんけん大会をきっかけにAKB48の小嶋陽菜と乃木坂46メンバーで結成した「こじ坂46」のオリジナル曲第2弾。乃木坂っぽさを前面に出した第1弾『風の螺旋』はAKB48のシングルに収録されたが、今回はエレクトロナンバーが乃木坂46のアルバムに収録される。

 DISC2の新曲3曲目、『自由の彼方』は10thシングルアンダーメンバーと研究生によるロックナンバー。こじ坂46で初めて楽曲制作に参加した研究生は、この曲が乃木坂46としての待望のオリジナル曲になる。

 アルバムにはこのほか舞台で活躍したメンバーによるユニット曲や、10thシングルの選抜メンバーが歌う曲などを収録。乃木坂46公式サイトにて、本作のジャケットや収録内容、西廣智一さんによる新曲解説が公開されているので、ぜひチェックしよう。

 『透明な色』は2015年1月7日(水)発売予定。

乃木坂46 1stアルバム『透明な色』新曲概要

・DISC1
『誰かは味方』
「Mr.カミナリ」「生きてるものはいないのか」等、今年舞台で活躍した衛藤美彩、桜井玲香、若月佑美の3人が歌うミディアムスローナンバー。

『革命の馬』
秋元真夏、白石麻衣、高山一実、橋本奈々未、深川麻衣、松村沙友理の6人が歌う曲。

『僕がいる場所』
10thシングルの選抜メンバーが歌う、“永遠の別れ”をテーマにしたアッパーチューン。

『あなたのために弾きたい』
生田絵梨花のソロ曲。ピアノとストリングスの伴奏に、ワルツのリズムで歌う。


・DISC2
『傾斜する』
こじ坂46のオリジナル曲第2弾。「オートチューンでエフェクトしたボーカルを前面に打ち出したエレクトロナンバー」。

『なぞの落書き』
齋藤飛鳥、星野みなみ、堀未央奈の高校生メンバー3人による牧歌的なミディアムポップチューン。

『自由の彼方』
10thシングルアンダーメンバーと研究生によるロックナンバー。研究生は乃木坂46として初めてのオリジナル曲。

『ひとりよがり』
西野七瀬のソロ曲。バラード。

関連乃木坂46待望のファーストアルバム概要及びジャケット写真が初公開!!(乃木坂46公式サイト)

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。

COMMENT

  • Comments ( 9 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 前回のこじ坂はiTunes Storeで1曲だけ購入しましたが、
    今回のはアルバムのみかDL不可の可能性がありそうですね。

  2.  今回アルバムに収録される生ちゃんとなーちゃんのソロ曲だけど、生駒ちゃんの「水玉模様」以来のことになりそうですね。生駒ちゃんの「水玉模様」は、「おいでシャンプー」の1タイプのCDのカップリングに限定収録される形態だったし、なーちゃんのソロ曲もAタイプとBタイプに限定収録という形態みたいだけど、生ちゃんの「あなたのために弾きたい」はアルバムの全タイプに収録されるから、生駒ちゃんやなーちゃんと比べると扱い方がかなり違う。
     このことから考えると、運営による生ちゃんへの偏向が加速しそうで怖いですね。

  3. こじ坂46として、研究生がより
    メディアに出られるように期待
    しています。乃木坂の一期生より
    小嶋さんのほうが、研究生の伸ばし
    方をわかってるのは経験値の差かな、、、、

    • 有吉AKBでの適度な突き放し方とかは絶妙ですよね。

      卒業のタイミングが話題になっているこじはるさんですから、
      リクアワで登場するかもしれないですし、
      もしかしたら、こじ坂が置き土産になるのかな、なんて気もしてます。

      まあ、これもオトナたちの敷いたレールなんでしょうけれど。

      • いくらなんでもAKB1期のこじはると比較するのは可哀そうでしょう。
        乃木坂の1期といってもAKBで言えば13期と(と言ってもよくわからないので、HKT1期宮脇咲良と)同期なんですから。
        「チャンスの順番」が回ってきているので(しかしこじはる卒業までの時期限定)、参加メンバーにはぜひ頑張ってほしい。

    • おっしゃるとおりです。

      がしかし、乃木坂46はAKB46の子会社化ですよね。近ごろの歌番組での組み合わせなんかを見てもそう。

      もうこうなれば公式ライバルの設定はやめたほうがいいのではないかと。

      はじめは交換留学には肯定的なほうでしたが、乃木坂46を知るにつれて、反対したファンの方の気持ちがわかるようになりました。

      生駒ちゃんと玲奈さんの交換留学は意義のあることで、多くの効果をもたらしたのでしょうが、最初で最後にしてほしいですね。

      • 松井玲奈さんを「乃木坂を壊しに来た」と言っていた本人が内側から崩壊させようとしているのにいまさら兼任にケチつけたって意味ありませんよ。

        乃木坂は元々CM、冠番組、CDデビューが決まっている。
        つまりAKBが辿ったような苦労はいりませんよというところから始まっているんですから。

        • 冷静に文を読んでいただきたかったですね。私は乃木坂に来る前から松井玲奈のパフォーマンスに魅力を感じていたし、乃木坂を壊しに来たとも思っていません。グループの成り立ちなんかを考えると誰であれAKBグループとの交換留学ってどうなのかなという疑問がわかるようになったということなんです。

  4.  今回のアルバムで、生ちゃんとなーちゃんのソロが聴けるのは嬉しい限り。

コメントはこちら

*

Return Top