Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

西野七瀬、最後のソロ曲『つづく』で幸せな未来を願ったMVが完成

乃木坂46・西野七瀬『つづく』MVの1シーン(画像提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

 乃木坂46の22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」(11月14日発売)の初回仕様限定盤Type-Aに収録される西野七瀬最後のソロ曲『つづく』のミュージックビデオが、今日25日にYouTubeで公開された。

 本作は、乃木坂46では『無口なライオン』や『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』などのミュージックビデオや、西野らの個人PVを多数手がけている映画監督・湯浅弘章氏が監督として指揮を執り、10月上旬に都内のあらかわ遊園やとしまえんなどで撮影が行われた。

 今から10年先の未来に、子供を連れて遊園地に遊びに行く1人の幸せな女性。親子の時間を過ごす傍ら、園内に掲示されたライブの告知ポスターや、「1期生OG会」と記入した自宅のカレンダーを見て、過去の思い出がよみがえるなど、西野の幸せな未来を願った作品となっている。

 家の中でのシーンではリアリティを出すために、実際に西野の部屋にある小物を小道具として使用した。また、子供をちゃんと抱くのが初めてで、子供の重さと母親の大変さを西野が実感したというエピソードも。湯浅監督によると、作中には西野のアイデアも取り入れているそう。ぜひ細かな点にも注目して視聴しよう。

 同日の「めざましテレビ」(フジテレビ系)にて独占解禁された際には、西野がヘビと触れ合うメイキング映像も紹介。撮影の合間に、娘役の女の子を連れて動物ふれあいコーナーへやって来た西野。怖がる女の子とは対照的に、ヘビを首に巻いて笑顔で記念撮影するなど、つかの間の休息を楽しんでいた。

(画像提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

乃木坂46『つづく』MV

監督:湯浅弘章

コメントはこちら

*

Return Top