Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46西野七瀬が「16人のプリンシパル」東京公演MVPを獲得

nishinonanase_prof5th
乃木坂46・西野七瀬

乃木坂46の西野七瀬が先の東京公演でMVPを獲得していたことが15日、わかった。

乃木坂46は今月3日から12日までの10日間に渡って東京・赤坂ACTシアターで「16人のプリンシパル deux」全15公演を行った。この公演は1幕で舞台「乃木坂歌劇団~迷宮の花園~」の出演者を決める公開オーディションを実施し、観客投票によって選ばれたメンバー16人が2幕で実際に演じるというもの。今回は、メンバーが事前に次の公演で演じたい名前付きの10役から1役を選んで立候補する制度を採った。

こういった形の公演で、西野が唯一メンバーの中で10役すべてに立候補したことからMVPが贈られたことを、15日のブログで報告している。西野は「10役にチャレンジしたということでなんとMVPをいただきました 今までもらえるような人間ではなかったので、すごくびっくりしました。」と、自分でも驚きの賞だったようだ。

公演前に、乃木坂46の冠番組「乃木坂って、どこ?」(テレビ愛知製作)でこの公演の概要やメンバーのインタビューが紹介された際にも、「全部の役をやりたい。本番でも全部狙いたい」と話していた西野はその言葉通り実践。惜しくも千秋楽で野木緋咲子役のオーディションに落ちてしまったため、10役すべてを演じることはできなかったが、主要10役のうち9役と演じた役はグループ最多、全15公演中12公演で2幕への出演を果たした。

立候補した役の数では、西野に次いで若月佑美が8役と多くの役に立候補している。また、東京公演の2幕最多出演者は生田絵梨花で、グループ唯一の全15公演でフル出演。生田が挑戦した役は6役だった。

「16人のプリンシパル deux」は今月31日から6月2日までの3日間、大阪・梅田芸術劇場メインホールで全5公演が行われる。

【関連】
「人生は一回」(西野七瀬公式ブログ)

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。外部媒体を含め、取材や記事執筆などのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

COMMENT

  • Comments ( 30 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. いくちゃんパーフェクトか…

  2. なーちゃんは全役立候補っていう姿勢が認められたんだろうな。推しメンだからこういうの嬉しい。

  3. みさみさだろうが…

  4. いくちゃんもなーちゃんも推しが二人して成績トップだから最高だな( ̄▽ ̄)

  5. MVPはいくちゃんで、敢闘賞になーちゃんならベストだったような
    とはいえ、姿勢を評価、9役獲得は立派!

  6. MVP なーちゃん(最多役者賞)
    MVP いくちゃん(最多出演者賞)
    MVP 能條(アンダー最優秀賞)
    MVP みさみさ(選抜未経験者最優秀賞)

  7. たしかにMVPとなるといくちゃんかなと思うね。
    あの1幕を15公演制覇した上、13公演で10役当選でしょ。しかも、平日は学校行ってたわけだし。1つでも落選してるなら、なーちゃんかなと思うけど、誰もできない事を成し遂げたいくちゃんがファンが選ぶMVPかなと思う。洋子役8人立候補の中で「女中3」に残ったのが一番印象的。

  8. 洋子8人立候補であの生ちゃんに勝って役を手にした、
    なぁーちゃんはまさにMVPでしょ!

  9. 生田はまだ満足させちゃいかん 伸びしろがたくさんある
    西野は強くなったな~ ティッシュ配りで泣いてたのによ 

  10. ファンがそれぞれMVPを語るのはいい
    が、中の人間が多く役をやるのが一番偉いと一義的に決めるのはおかしい
    ライブと違って長期間身を削って必死、
    それぞれプライドを持って挑んでることを運営は理解してるのか

  11. たしかに10役立候補は立派だと思うけど、正直印象に残る役がないんだよな、西野は…。もう少し役に変化をつけられると納得もするんだけど。

  12. MVPか、西野さんおめでとう。
    しかし、また運営のノロマぶりが来たなw こういうことはメンバーがブログで報告する前に、まずは運営がファンに対して発表するべきだろw
    公式告知が固いのなら運営ブログとかもあるわけだし。

  13. なーちゃんは東京公演でのMVPで、大阪も含めた全体のMVPはいくちゃんになると予想

  14. なぁちゃんはよく頑張った、生ちゃんは凄かった、という印象。
    観点の違いかな・・。
    大阪千秋楽でも生ちゃんのド迫力の栄が見られるかもと思ったら、ワクワクしてくる。

  15. こういうのこそファン投票な気がするんだけど・・・

  16. 西野はMVPというニュアンスよりも敢闘賞って感じちゃうんだよなあ
    その感覚のズレがこの論争の根本な気がする

  17. 畠中になんかあげてよ
    ヤングライオン賞とか

  18. 西野は得て不得手の役に対しすべてに挑戦した姿勢は評価できる。
    それに対し生田は偏った役に挑戦した結果だろう。
    妥当なMVPだ、そしてMVPは一人で十分、MVPの安売りは戴けない。

  19. そもそもこの演劇の目的は10役制覇することだったのだろうか
    ならば単なる役獲りゲームであると最初に告げるべきではなかったか
    ある役にこだわりやプライドを持って回を重ねるごとに改良するもよし、
    それぞれのメンバーの工夫がこの企画の面白さに繋がっていたはずだ

  20. みさみさみたいに自分を知ってもらう為や
    自分の引き出しをを増やすチャンスと考えてる子もいるしね。
    まあぶっちゃけ皆MVPでいいよ。

  21. MVP いくちゃん
    殊勲賞 なーちゃん
    技能賞 みさみさ
    敢闘賞 わかつき
    私はこう感じましたが、ともあれなーちゃんおめでとう

  22. 多くの役に挑戦するのが良いことかどうかは微妙だと思う。
    その姿勢はかいますけどね。

    正直合ってない役もあって2幕の舞台の世界観が…と感じる公演があった。

  23. てかなーちゃん全部狙いたいって言った矢先にいきなり2連チャンで女中だったから最初はどうなるかと思ったけど、なんやかんや言って9役までやってのけるのは有言実行してて素直に凄いと思う。

  24. オレもMVPはなーちゃんだと思ったよ。
    「9役選ばれたから」ではなくて「10役挑戦したから」っていう、チャレンジ精神が評価されたのがポイントだね。
    演技が上手い下手は最初から差が有るし、選ばれた数は運不運も有る。
    そういう中で今回の公演ではエモーショナルな部分が重要視されて
    いかに前向きに取り組んでいたかって言うのを見てもらえたって事だよね。
    こういう評価は大阪公演に向けてみんながポジティブに捉えられると思う。
    みんな大阪は攻めていこう!

  25. 役をやる為にはその役のセリフを覚えなくてはならない。
    まして全役をやるのはもっと大変なことだ。
    この点を考慮すれば西野のMVPは当然だろう。
    たった6役でMVPとは烏滸がましいだろう。

  26. いくちゃんは大島優子だな
    期待値が高いからこのくらいではMVPにはなれない

    大島優子もMVP貰えない子だった

  27. MVPってこれ公式じゃないんでしょ?
    誰がMVPでもいいじゃん

  28. 舞台なのに演技力は評価に入らない
    なんちゃってMVPだな

  29. 最新のAKB新聞見てわかったよ。
    結局ベスト10役に選べない西野にMVPをつけたって感じ。
    そして、このMVPは日刊スポーツの担当者が独自に決めたもの。公式は関係ない。

コメントはこちら

*

Return Top