Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46、初の中国ライブで現地ファンらを魅了

『インフルエンサー』でWセンターを務めた西野七瀬と齋藤飛鳥/長安景盛桜花紅-日中青年友好コンサート(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

 乃木坂46が9月23日、中国・西安市にある世界遺産・大明宮国家遺跡公園にて開催された日中文化交流イベント「長安景盛桜花紅-日中青年友好コンサート」に出演し、グループ初となる中国でのライブを行った。

 日中平和友好条約締結40周年記念の一環として開催された同イベントには約6,000人が来場。ライブのオープニングSE『OVERTURE』がかかると、乃木坂46のグッズを身にまとった現地のファンは一気にヒートアップ。記念すべき中国での1曲目に最新曲『ジコチューで行こう!』を披露すると、センターの齋藤飛鳥への“飛鳥コール”が鳴り止まない歓迎を受けた。

 MCを挟んで、『インフルエンサー』『命は美しい』とダンスナンバーを2曲続けてパフォーマンス。『インフルエンサー』では、スケジュールの都合で不参加だった白石麻衣のポジションに齋藤が入り、この曲では珍しい西野七瀬とのダブルセンターが実現した。今月20日にグループ卒業を発表してから初の公の場となった西野には、会場のファンから「七瀬、卒業おめでとう!」と温かいエールが何度も送られた。

 アンコールとして『裸足でSummer』を披露した時には、現地ファンのみならず他の観客からも盛大な拍手が送られ、乃木坂46初となる中国でのライブイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。MCでは中国語を学んでいる山崎怜奈だけでなく全メンバーが中国語にチャレンジするなど、言葉の交流にも取り組んだ彼女たち。昨年から本格始動したアジア進出はもとより、12月1日(土)に上海メルセデス・ベンツアリーナで開催する中国初ワンマンライブに向けて弾みをつけた。

(写真提供:ソニー・ミュージックレーベルズ)

■出演メンバー
秋元真夏、伊藤純奈、衛藤美彩、大園桃子、齋藤飛鳥、桜井玲香、新内眞衣、鈴木絢音、
西野七瀬、星野みなみ、松村沙友理、向井葉月、山崎怜奈、与田祐希、若月佑美、和田まあや

関連乃木坂46公式サイト

乃木坂46、12月に中国・上海で初の海外単独ライブ

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。外部媒体を含め、取材や記事執筆、お手伝いなどのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

コメントはこちら

*

Return Top