Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46スペシャルライブ@中山競馬場ライブレポート

event130526-001

2013年5月26日(日)の『中山競馬場で観戦する、ダービーへようこそ。』のイベントに乃木坂46がゲストとして出演しました。今回はそこで行われた「乃木坂46スペシャルライブ」のレポートになります。

参加メンバー

秋元真夏、井上小百合、衛藤美彩、斉藤優里、中田花奈、永島聖羅、能條愛未、深川麻衣、宮澤成良、大和里菜、若月佑美の以上11名

イベント

今回パドックで行われた「乃木坂46スペシャルライブ」は誰でも見る事が出来ましたが、ライブ後の乃木坂46グッズ抽選券付き「おみくじ馬券」手渡し会のイベントは、20歳以上の500人限定の販売となっていました。「おみくじ馬券」手渡し会は、この日に東京競馬場で行われていた「第80回日本ダービー」のランダムに選ばれた1000円分の馬券と、乃木坂46グッズ抽選券が入った「おみくじ馬券」をメンバーから直接手渡して貰うといったもので、朝から競馬ファンに混じって乃木坂46ファンの長蛇の列が出来ていました。

リハーサル

列を作っている中央門から少し離れた所にパドックがあり、そこで一足先に乃木坂46がリハーサルを行ないました。リハーサルは衣装ではなく、それぞれの個人のスウェットやジャージといったレッスン着で行われ、ライブでやると思われる曲を4~5曲ほどこなしました。ファンは木陰や仕切りの間から見守っていましたが、そこが道路に面していた場所だった事や、ビデオやカメラで撮影をするファンが居たため、警備員が速やかに対応しました。

event130526-002

ライブ

「overture」が流れライブがスタート。メンバーが入場すると会場からは拍手と声援。その余韻を残しつつ、1曲目「制服のマネキン」が流れると、会場からはまた大きな拍手。センターは若月佑美が務めました。フォーメーションは普段とは全く違い、ダンスにも若干の変更がありました。その為か、中田が振り付けを間違えてしまうというハプニングも。Youtubeで公開されている「制服のマネキン」の公式動画で説明すると、3分9秒の間奏のダンスを2分39秒でやってしまうミスでした。会場からは笑いが起き、中田も動揺が隠せない様子。ライブ後に更新された中田のブログ「中山競馬場レポカナ?485」でもその事について触れています。

続いて2曲目「会いたかったかもしれない」が披露され、センターは斉藤優里と中田花奈がWセンターを務めました。

次は全員で一列になり、フリ付きで「乃木坂46です」と軽く挨拶し、MCが始まりました。今回の進行役は若月が担当。若月が「さゆにゃん、ダービーって知ってる?」と井上に振ると、「えっと、3歳馬だけが出場できる、お馬さんの記念すべき大会で、」と答え、会場からは拍手。その後若月が「まあ私たちで言ったら、成人式とか!」と言うと、メンバーから「あー!」のリアクション。「アイドルと競馬はあまり関係ないように見えますが、実は私たちのメンバーには、白石麻衣ちゃんという子がいて、その子が競馬の番組をやっているので、実は凄い身近な存在だなって思ってます。」と若月がまとめました。そして若月が「3曲目行きます。もっともっと盛り上がって下さい」と言って会場を煽りました。

そして3曲目「君の名は希望」がスタート。センターは深川麻衣。とにかくメンバー全員が笑顔で踊りきりました。

続いて4曲目「ぐるぐるカーテン」を披露。センターは井上小百合。生で見るのが久しぶりだった人が多い為か、ファンからは「おー!」と多くの反応が見受けられました。最後はピースで締めくくり終了。

次にMCを挟み、若月が「今回のライブはセンターが毎回変わっているので、凄くレアですよ!そして、残念ながらあと2曲で終わりです」というと、会場からは「えー」の声。

短めのMCを終え、5曲目「走れ!Bicycle」を披露。センターは中田花奈と深川麻衣のWセンター。その日の気温が高かったことや、急ピッチで曲が進められた事などから、メンバーの頬が赤くなって、火照っている様子でした。

そして最後の、6曲目「おいでシャンプー」を披露。センターは斉藤優里でした。全員が本当に輝いていて、キラキラとした汗をかきながら、6曲目を終えると、会場からは今日一番の拍手と声援が送られました。

その後、軽いトークがありました。若月が今日の感想を能條と永島に聞くと、能條は「こんな青々しい草原の上で踊れて嬉しい」と言って、言葉のチョイスなどで会場を笑わせました。永島は「ダービーという貴重な試合の前に踊れて本当に良い経験でした」と発言し、「レース」を「試合」といった事に会場からは笑いが起きました。すると若月が能場と永島に対し「これから大阪公演もあるし、無茶ぶり!馬のモノマネやってよー!」と言うと、他のメンバーも、「あの超面白いやつ♪」とハードルを上げ、2人が「フンフンフン、パカラ、パカラ、ヒヒーン」と馬のモノマネをし、会場からは笑いと拍手。この二人のモノマネでライブが終了。

シャキイズムのBGMが流れ、最後にパドック内をメンバーが駆け回り、2、3人ずつに別れ、それぞれお客さんに挨拶をしました。ジェスチャーで何かを表現したり、手を振ったり、ファンにレスを返すなどしていました。ファンにとっては本当に嬉しい時間だったのではないでしょうか。パドック内を駆け回っている時に、井上と斉藤がずっと手を繋いでいて、二人で挨拶に回っている最中にお互いの顔を見合わせて笑ったりと、微笑ましかったです。秋元はファンから名前を呼ばれると、毎回呼ばれた方向を見て、手を振っていました。挨拶回りが終了すると、最後に全員で「日本ダービー頑張れ!」と言って「第80回日本ダービー」を応援。パドックを後にし、パフォーマンスは終了。ファンからは暖かい拍手が送られました。

セットリスト

0.overture
1.制服のマネキン
2.会いたかったかもしれない
MC
3.君の名は希望
4.ぐるぐるカーテン
MC
5.走れ!Bicycle
6.おいでシャンプー


今回は「会いたかったかもしれない」以外、全てシングルの表題曲の披露となりました。乃木坂46を全く知らない人が居る環境という事で、少しでも知名度の高い曲をやったようです。

フォーメーション

1.制服のマネキン
永島 斉藤 井上 宮澤
秋元 大和 衛藤 深川
中田 若月 能條

2.会いたかったかもしれない
衛藤 秋元 宮澤
永島 大和 井上 能條
若月 斉藤 中田 深川

3.君の名は希望
中田  永島 井上  宮澤
秋元 斉藤 若月 能條
大和  衛藤
深川

4.ぐるぐるカーテン
斉藤 中田  能條 秋元
大和 衛藤  深川  宮澤
若月 井上   永島

5.走れ!Bicycle
衛藤 宮澤 能條
大和 秋元 永島 斉藤
若月  中田   深川   井上

6.おいでシャンプー
永島 井上  大和 宮澤
秋元 衛藤  若月 能條
深川 斉藤 中田


毎回センターが代わり、本当に新鮮で、普段のライブとは全く違うアイドルのライブを見ているようでした。センターが出せる色はやっぱりそれぞれ違いますね。深川がセンターの「君の名は希望」が個人的に好きでした。イメージと曲も会っていて、深川らしい、くしゃくしゃの笑顔(良い意味で)がスクリーンに抜かれるなど見所も満載でした。井上がセンターで踊った「ぐるぐるカーテン」では、終盤で中央によってダンスを踊るシーンがあったのですが、全員で少し中心により過ぎた為か、井上がセンターなのに、両隣に手が当たらない様に、若干控えめに踊っているのが印象的でした。センターは本当に個性が出ますね。

衣装、髪型

衣装は、乃木坂46「君の名は希望」のDANCE&LIPver.で使用されている衣装でした。お渡し会もこの衣装で行われました。続いて髪型は、秋元、井上、深川が二つ結び。衛藤はポニーテール。斉藤は後ろの片方で一個結び、若月はお団子、中田、能條、永島、宮澤、大和はストレート。

「おみくじ馬券」お渡し会

ライブが終わり、メンバーは一度休憩を挟みました。当日は非常に熱かったので、予定より長く水分休憩が設けられました。休憩が終わりメンバーが出てくると、ファンから大きな声援。メンバーは日焼けをしない様に、衣装の上に大きな布を羽織ってお渡し会に臨みました。パドック内には1~6レーンが用意され、1レーンには秋元、2レーンには衛藤と井上、3レーンには斉藤と中田、4レーンには能條と永島、5レーンは深川と宮澤、6レーンには若月と大和が名前順にレーンを担当し、お渡し会がスタート。参加者がパドックに入る際には、混乱を避ける為に何十人かで区切られての入場となりました。そして入場口でランダムにレーン番号の記載された紙を渡され、そのレーン番号のメンバーにおみくじ馬券を手渡してもらう形式でした。


普段の握手会は制服や私服などが多いため、曲衣装のメンバーに会えたのは貴重な経験です。スカートもそれぞれ少しずつ違い、ふわふわしていて可愛らしかったです。私は3番の紙を渡されたので、中田、斉藤が待つ3番レーンに行きました。私が、「二人ともセンター良かったです!」と伝えると、二人して、「ありがとうございます!」と返してくれて、斉藤から「おみくじ馬券」を手渡してもらい、最後に「馬券当たりますか?」と聞くと、中田が「私たちの所に来てくれたから絶対に当たります。」と笑いながら答えてくれました。最後は手を振ってお別れ。ほんの数秒でしたが楽しい時間でした。

感想

本当は14時30分から抽選発表があったのですが、用事があり早めに切り上げたため、レポートはここで終了です。中途半端になってしまい申し訳ありません。

今回のライブはアウェーの状況でのライブという事が心配されましたが、その雰囲気は全くなく、むしろホーム。私の後ろに居た競馬ファンの2人組の方は、「あの子が可愛いな」や「俺はあの子」など興味を示している様子でしたので、他にも乃木坂46には素敵な子が沢山いるんですよ!!と教えてあげたくなりましたが、グっと我慢。今回のイベントは本当に新鮮で、こんな事を言うとキリが無いですが、「おいでシャンプー」の宮澤センターverや、「制服のマネキン」の能條センターverなど、他の子のセンターも見てみたい!という感情が沸き上がってきました。乃木坂46ファンで、推しメンのセンターを見られた方は相当満足度の高いライブだったようですし、いつか「ポジションシャッフルライブ」なんかも開催して欲しいですね。

私が手渡して貰った馬券は残念ながら外れてしまいましたが、25日放送のフジテレビ「うまズキッ!」に出演した、お笑い芸人の、平成ノブシコブシ吉村崇さんが、キズナを軸にした3連単(5万4950円)を1万円分的中させ、549万5000円の高額配当を手にしたようですね。うらやましいです。

筆者プロフィール

ゆう
趣味はサッカーとスノーボード。あとパンダが好きです。乃木坂46を知ったきっかけはお見立て会です。記事を通して、皆さんと一緒に乃木坂46の成長を見届けて行けるよう頑張ります。

COMMENT

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 私も行きました
    暑い中皆さん本当にご苦労様でした 
    とだけは言いたいです

  2. 素晴らしいレポートありがとうございます。
    行けば良かったなぁ(´・ω・`)

  3. 凄いです! 全曲のフォーメーション再現してくれてビックリ!ゆうさん凄過ぎます!
    さっそく、ホームページからリンク貼らせて頂きます。
    本当に素晴らしいレポート、ありがとうございました!

  4. マネキンのかなりんはショートverと勘違いしたのカナ?
    マネキンといえば座り込む振り付けが芝と衣装を考慮してか
    立ったまま両手を左右に動かす振りに変わってたのが特徴的だった。

  5. 自分も行ったのですが、全握のミニライブよりメンバーが近くにいるように感じて凄く良かったです。自然の太陽光のせいでそう感じたのかな?
    自分は2時間ぐらい太陽光に浴びていただけなのに、両腕が日焼けしてしまったみたいでまだヒリヒリしているので、メンバーが長めの休憩を取ってくれたことは良かったと思う。お渡し会で並んでいた方だと思うけど、一人倒れた方がいたみたいで、担架に載せられて搬出されていた。

コメントはこちら

*

Return Top