Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

「サガラとキヨトの乃木坂ぷぷぷ」第1回が放送、メンバーが週替わりでナレーション

nogizakapupupu-teletamaテレ玉「サガラとキヨトの乃木坂ぷぷぷ」

 乃木坂46相楽伊織とバッドボーイズ・清人が送る脱力系お笑いバラエティー「サガラとキヨトの乃木坂ぷぷぷ」(テレ玉・毎週土曜24時30分)がついにスタート。昨夜放送された第1回では、9月下旬に行われた番組記者会見の模様などが紹介された。

 芸人の「ぷぷぷ」VTRや様々な「ぷぷぷ」ロケ企画など、世の中の「ぷぷぷ」と笑えるものを紹介する、通称「乃木ぷぷ」。埼玉での冠番組とあって、乃木坂46の埼玉メンバー(秋元真夏、井上小百合、斎藤ちはる、佐々木琴子、新内眞衣、中田花奈)も週替わりで2人ずつ出演していく。

 第1回は相楽、清人さん、秋元真夏、中田花奈の4人が出席した会見当日のMC報告ドッキリからスタート。重い話や過去のモテ期エピソードが飛び出したメンバーの隠し撮りオフトークを紹介した後、スタッフより相楽のMC抜てきを発表。

 人生初MCを務める相楽の印象についてメンバーからは、大人びていて頭が良さそうなルックスと、フワフワしていて秋元曰く「おバカ」な中身とのギャップにMCを心配する声が連発。別日に撮影された生駒里奈のコメントでは、「中身がスゴく幼い」「ガツンと前に行けるように、もうちょっとだけ喋れるようになってくれたら」と、一番心配しているメンバーであることも明かされた。

 MC発表から間もなく清人さんと合流し、記者会見へ。番組開始の経緯について、お笑い好きの相楽と番組スタッフの友人である清人さんで「“ぷぷぷ”と笑えるようなものを集めて番組をやろっか?」という、ゆるい感じで決まったと報告。白石麻衣推しの清人さんは、この番組では相楽を全面的に押し出していきたいと意気込みを語った。また、「乃木ぷぷ」では埼玉メンバーが出演するだけでなく、乃木坂メンバーが週替わりでナレーションを務めることも発表。第1回は衛藤美彩が担当し、ナレーション録りの様子も一部紹介された。

 会見後、仲を深めるため、最後にそれぞれの呼び名を決めることに。清人さんは、奥さんから呼ばれている「清(きよ)ちゃん」と、相楽が提案し「大工の棟梁やないか」とツッコまれた「清っさん」を合わせて、「清っちゃん」に。乃木坂の3人は、「いおちゃん」(相楽)、「まなっちゃん」(秋元)、そして清人さんの奥さんと同じ名前という理由で「嫁ちゃん」(中田)に仮決定。

 次回10月17日(土)の放送は引き続き4人が出演。「ぷぷぷ芸人大集合」として、お笑い芸人のネタを乃木坂が評価していく。さらに、相楽が推し芸人とのスペシャルコラボも披露。ほか、不安すぎるMCに秋元へのムチャぶり、相楽の変顔と見どころは多そうだ。

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。外部媒体を含め、取材や記事執筆などのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

コメントはこちら

*

Return Top