Nogizaka Journal

坂道シリーズ(乃木坂46/欅坂46)のエンタメニュースサイト

『伊藤万理華の脳内博覧会』北野天満宮は会期後半に 福岡PARCOでの“mini”開催もスタート

KYOTO NIPPON FESTIVAL ロゴ/メインビジュアル(提供:KYOTO NIPPON FESTIVAL 実行委員会)

 日本文化の魅力を発信するイベント「KYOTO NIPPON FESTIVAL」(京都・北野天満宮)の会期が折り返しを過ぎ、今年のメイン企画である2つのアート展『伊藤万理華の脳内博覧会』と『神のまにまに』の展示期間も残り2週間あまりとなっている。

 乃木坂46の伊藤万理華が手掛けた『伊藤万理華の脳内博覧会』では、先日の東京開催からさらに、福島真希監督によるオリジナルショートフィルム『はじまりか、』や、京都限定の「犬会 写ルンですコレクション」を加えた展示企画を展開。イベント限定グッズも好評で、再入荷しては即日ないし数日で完売する人気ぶりを見せている。

 現代美術アーティスト・永島千裕による『神のまにまに』は、会場の北野天満宮にまつわるエピソードやモチーフを、ファンタジー溢れる世界観で描いた新作を発表。国内外で定期的に個展を開く中、京都では7年ぶりの開催となった。

「KYOTO NIPPON FESTIVAL」スペシャルトークショーに登壇した伊藤万理華と永島千裕〈左〉伊藤万理華と〈右〉永島千裕(提供:KYOTO NIPPON FESTIVAL 実行委員会)

 今月11日には会場に両者を招いてスペシャルトークショーが行われ、それぞれの展示作品に関するトークを披露。大盛況のうちに終了した。両個展は引き続き、イベント最終日の12月3日(日)まで北野天満宮の文道会館にて開催。当日観覧券は、両個展と「もみじ苑」入苑券がセットになったKNF特別鑑賞券が1,600円(小学生以下800円、3歳以上有料)。会期中毎日、アート展に入場した先着100名限定で「北野天満宮」×「伊藤万理華の脳内博覧会」コラボカードを配布している。

 「KYOTO NIPPON FESTIVAL」の今後の展開として、11月25日(土)、26日(日)には、もみじ苑内特設会場にて吉兆限定フード「京丹後産鹿肉のつくねと塩チャーシュー入り担々麺」を販売。その他、史跡御土居もみじ苑ライトアップや、日本の伝統文化を体験できるワークショップも予定している。

 なお、『伊藤万理華の脳内博覧会』に関しては、本日11月17日(金)から12月3日(日)まで『伊藤万理華の脳内博覧会mini』を福岡パルコ本館6階の特設会場にて開催。東京と京都で展示された「脳内ROOM」を除く内容となっており、入場料は300円。入場特典として、同個展の福岡限定ポストカード付き。

(提供:KYOTO NIPPON FESTIVAL 実行委員会)

関連「KYOTO NIPPON FESTIVAL」公式サイト

関連乃木坂46 伊藤万理華 「伊藤万理華の脳内博覧会mini」開催!! | OTHER SPACES | パルコアート.com

京都/福岡会場の最新情報をチェック

プロフィール

一介のリトルトゥース管狐

無所属の執筆者。当サイトでは寄稿記事、情報提供・ニュースリリース等を随時募集しております。お問い合わせは「コンタクト」まで。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿・お手伝いなど、各種ご相談も承ります。


いいね!やフォローでNJ最新情報を配信

コメントはこちら

*

Return Top