Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46、「2018年のスタートを飾る人気楽曲」で『インフルエンサー』が総合首位

 楽天が運営する定額制の音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」において、3,600万曲を超える配信楽曲のユニーク再生数を総合と男女別で集計した「2018年のスタートを飾る人気楽曲ランキング」(集計期間:2018年1月1日~1月14日)が発表され、乃木坂46の『インフルエンサー』が総合1位に輝いた。

Rakuten Music「2018年のスタートを飾る人気楽曲 総合ランキング」TOP10
 総合ランキングでは、男性人気1位にもなった『インフルエンサー』のほか、2位に欅坂46の『サイレントマジョリティー』、4位に同『不協和音』と、トップ4に坂道シリーズから3曲がランクイン。いずれも配信開始から半年以上が経っている楽曲にも関わらず、2017年末の音楽特番への出演や、「第59回 輝く!日本レコード大賞」の受賞、「第68回NHK紅白歌合戦」などで話題を呼び、再生回数を大きく伸ばした。

 また、女性人気1位となったDoughnuts Holeの『おとなの掟』(総合3位)、昨年12月の配信解禁直後から人気を集めた宇多田ヒカルの『道』(総合5位)、「第60回グラミー賞」において最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞を受賞したEd Sheeranの『Shape of You』(総合8位)、紅白効果で急上昇したSuperflyの2008年のヒット曲『愛をこめて花束を』(総合9位)などがランクイン。Ed Sheeranは、洋楽として唯一の総合トップ10入りを果たした。

 続いて、男女別に見ると、男性には西野カナ『Dear Bride』(4位)のほか、ホンダ「ヴェゼル」のCMソングとしても話題となったSuchmos『STAY TUNE』(6位)が人気傾向。両曲は総合ランキングでもそれぞれ6位、7位にランクインする高い人気ぶりを見せた。女性には、曲中の振り付けにある「TTポーズ」が若年層を中心に人気のTWICE『TT -Japanese ver.-』(9位)、ブルゾンちえみwith Bが披露するネタでおなじみのAustin Mahone『Dirty Work』(10位)が特に人気を集めている。

 なお、「Rakuten Music」アプリ内では同ランキングを含む9つのプレイリスト内の楽曲を再生した人を対象に、「楽天スーパーポイント」を最大100ポイントプレゼントするキャンペーンを本日2月13日まで実施中。

「2018年のスタートを飾る人気楽曲」

■男女別ランキングTOP10
Rakuten Music「2018年のスタートを飾る人気楽曲 男女別ランキングTOP10」

■男性・年代別ランキングTOP10
Rakuten Music「2018年のスタートを飾る人気楽曲 男女・年代別ランキングTOP10」男性編

■女性・年代別ランキングTOP10
Rakuten Music「2018年のスタートを飾る人気楽曲 男女・年代別ランキングTOP10」女性編

関連聴き放題音楽アプリRakuten Music

乃木坂46『インフルエンサー』MV

コメントはこちら

*

Return Top