Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

新内眞衣のキャラクターを考える~乃木坂46の「の」を中心に~

 乃木坂46の2期生といえば、未だにメディア等への露出が大きく制限されているというのが現状であり、そのキャラクターを知ろうとするにも限界があるというのが現状だ。選抜であればテレ東「乃木坂って、どこ?」を中心とした出演があり、アンダーであれば(極めて更新頻度は低いが)『乃木坂って、ここ!』などがある。ところが、2期生、特に非正規メンバーである研究生となると、公式サイトで2週間に一度更新されるリレーブログ程度。乃木坂46の取材経験も多い記者が、直接メンバーにこの問題を指摘していたのも頷ける。

 そんな中で、今年3月2日に研究生からの昇格を果たした2期生、新内眞衣が文化放送『乃木坂46の「の」』第51回(2014年3月23日放送)に初登場した。同番組への2期生の出演は堀未央奈に続いて2番目だ。

 まだまだ取り上げるべき例が極めて少ないため、『乃木坂46の「の」』の同回に焦点を絞る形になるが、今回の記事では新内のキャラクターについて考えていきたいと思う。


①独特のテンション

 この回は16歳とは思えないMCぶりを見せる川後陽菜、NACK5『おに魂』の月曜パーソナリティで経験豊富な斉藤優里との出演であった。新内は8thシングルのアンダー楽曲『生まれたままで』に参加したこともあってか、ふたりとの距離はかなり縮まっている印象を受けた。番組の前半はMCの川後と話題を先導する斉藤、という流れで進行していったが、その流れを止めることなく、22歳の年長メンバーらしい、妙に落ち着いたテンションで的確にコメント差し込む様子には驚かされた。

 2期生でトークスキルに秀でたメンバーといえば、第1回「のぎけん♡」(Showroom)で新人とは思えないようなMCぶりを見せた伊藤かりんをイメージする方が多いと思う。しかし、新内が放つ独特の空気感には、伊藤とは異なるポジションで活躍できる可能性を感じさせるものがあった。

②年齢ネタの受け方と「年長キャラ」の可能性

 新内の最大の見せ場は番組中盤以降だ。1期生の深川麻衣(23)に次いで、グループでは2番目の年長者ということもあってか、新内の年齢ネタが度々話題に上がるのだが、ここでの対応が非常に面白いものだった。川後と斉藤のアシストの成果もあるが、なされるがままにイジられ倒す訳でも、否定するのに躍起になる訳でもない。年齢ネタを華麗に受け流しつつ、しっかりイジられるという不思議なバランス感覚でこの流れを乗りきったのだった。ここに「年長キャラ」としての可能性を見た。

 乃木坂46の「年長キャラ」といえば「聖母」の異名を持つ深川、川後に「ビー玉ババア」のあだ名を付けられた衛藤美彩のふたりを思い浮かべる方が多いだろうか。しかし、深川はそのキャラクターゆえに年齢をいじる空気にはならないだろうし、衛藤に関しても白石麻衣、橋本奈々未、松村沙友理たちと同じ92年組ということもあってか、良くも悪くも定着しなかった感が強い。既卒の初期メンバー、「ゆみ姉」こと岩瀬佑美子のポストはずっと空いたままなのだ。

 新内の年齢を考慮すれば意外なことではないのかもしれないが、今の乃木坂46に不在ともとれる「年長キャラ」に収まることができればさらなる躍進が望めるのではなかろうか。卓越したプロポーションを活かした「大人の魅力」と「年長キャラ」の組み合わせというのは、従来のアイドルグループにも多く見られた既視感のあるものかもしれないが、裏を返せばそれだけ安定していてグループに欠かせないキャラクターだという見方もできる。先日大学を卒業したばかりの新内はそこに「知性的」なイメージも組み入れ、さらなる発展を望むことができるかもしれない。

 また、メンバー内の年齢ネタというのは、この回の『乃木坂46の「の」』や川後と衛藤の「ビー玉ババア」のやり取りのように、百戦錬磨のタレント、お笑い芸人に頼ることができず、メンバー達だけで進行していかなければならない場でも比較的扱いやすいだろうし、ファンの側としても気軽にツッコめるネタだろう。自分達だけで完結できるネタを持ったメンバーはやはり心強いものだ。

 重要なのは、年長メンバーでありながら後輩という点。上手くいけば、新内はイジられることによってグループの「潤滑油」のような重要な役割を持った存在になれるのではなかろうか。テレビやラジオはもちろんのこと、ライブなどのMCでその存在感を発揮し、我々を楽しませてくれる日が待ち遠しい。

関連

新内眞衣 OFFICIAL BLOG
乃木坂46の「の」番組ブログ

筆者プロフィール

助六
音楽が大好きでバンドを組んだりしています。乃木坂は楽曲も大好きです。今のところ「他の星から」が一番です。ファン歴はそこまで長くないですが、皆さんと一緒に楽しめる記事を書けたらと思っています。

COMMENT

  • Comments ( 10 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 岩瀬佑美子とは異なる「年長者キャラ」が確立できるといいですね
    乃木ここでも年長者だけあってコメントも安定してたし露出増やして経験積ませるべきだと思います
    岩瀬はいじりいじられ毒もいける稀有な存在だっただけにおしい

  2. 「すこぶる」いい記事ですね。Nogibingo2!で涙する彼女を観て、一見クールな彼女から情の厚い部分を観れてホッとしたものを感じていました。どんな色を出してくれるか楽しみな存在ですね。
    しかし、ゆみ姉の存在は良かったなあ。あのメンバーを「お前らなあ」って言う優しく力強い言葉www、もう一度聞きたい。早く表舞台に出てきて欲しい。

  3. ポストゆみ姉は的確な指摘だと思います
    みさみさはゆみ姉ができてたプロレスができなくていいお姉さんだけの印象…
    悪口じゃなくて対立する時もガチな雰囲気がなくて妹たちとじゃれあってるお姉ちゃんみたいって意味です
    あくまでゆみ姉のように振る舞える存在でゆみ姉を求めてるわけではありません

    • 受身(守り)の比重が高いからもう少し攻めの姿勢が出てくるといいんですけどね
      さじ加減が難しい役割になっちゃうので無理にとはいいませんが
      それができるようになると幅が広がると思うんですよね
      みさみさならそれができると思うんで期待したいんですけどね

  4. 出た!!
    OL兼任アイドル!!
    すこぶるオモロイ展開なってきたぞ
    女教師とかナースとかはムリだったんだな・・・

    • 自己レスだけど
      これってあまりにもヒマなアンダーを
      自虐的に逆手にとってるワケだが
      問題はレポートとかをどういう方法でやるか
      だな。乃木ここあたりで茶を濁さないでくれ。
      どーせどっかの新興ネットメディアと
      組むんだろうが

  5. 公式に発表されたOL兼任アイドルって?  収入の問題? 今までにない展開、話題づくり? 何の仕事なんだろうね。本人の意思? だろうれど。本人のブログでの発表が楽しみだ。

  6. 大久保さんみたいな感じ?

  7. OL兼任でアイドルは絶望的だな
    来年卒業だろうね
    お疲れさまさようなら

  8. 9枚目からは乃木どこの選抜発表のアナウンスでもやってもらったらおもろいかもね。

コメントはこちら

*

Return Top