Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

バナナマン設楽がオークラと乃木坂46のバースデーライブを鑑賞

生田絵梨花のブログよりバナナマン設楽統との写真
生田のブログ『横アリ!~don♪245』より

2月28日放送のTBSラジオ『JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD』(毎週金曜25:00-27:00)で、同22日に行われた『乃木坂46 2ND YEAR BIRTHDAY LIVE』を鑑賞したリスナーから「乃木坂46のライブよりも、会場の喫煙所付近で見かけた設楽さんとオークラさんのほうが印象に残ってしまいました」というメールが届き、バナナマン設楽統が放送作家のオークラを連れて、同ライブに訪れた時のことを語った。

バースデーライブは乃木坂46のデビューを祝う特別なライブで、これまでにリリースしたシングルの全楽曲を披露するため、今年は全42曲、休憩を含めておよそ5時間に及ぶ過去最大規模のライブだった。オークラは以前から「ロリ充したい」、生駒のことを「可愛い」と話していて、今回ようやくタイミングが合ったため、設楽に同伴してもらったそうだ。

ライブの感想を話した設楽は、会場に集まったファンが熱狂的だったと言い、乃木坂46についても、ファンが『0』のところから見てきたグループが横浜アリーナを超満員にしている光景に感動したという。相方の日村勇紀も、「本当にAKBのライバルになってきてるからね」と乃木坂46の成長を感じている様子だった。

多忙を極めるバナナマンは都合がつく限りで、乃木坂46のライブに二人ないしどちらか一人が訪れており、会場にも「バナナマン」にかけてか黄色い花を集めたスタンド花を欠かさず贈っている。ちなみに今回、日村は仕事の都合で駆けつけられなかったが、それを設楽がメンバーに伝えると「皆、きょとんとした顔してた」そうだ。

またこの放送では、設楽が乃木坂46のことを「公式妹」と冗談めかして言ったことで「公式お兄ちゃん」ネタに火が付いた日村が「お兄ちゃーんって、一回でいいから呼ばれたいなあ。乃木坂の全員に『お兄ちゃん』って」と密かな願望を明かし、数年前に当時ドラマで共演していた上戸彩に「お兄ちゃん」と呼ばせるために画策した“鬼のいっちゃん”作戦の復活を思わせる場面もあった。

関連

「JUNK バナナマンのバナナムーンGOLD」番組ブログ

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
いろいろ書きます。取材やタイアップ、外部媒体への寄稿、お手伝いなど、各種ご相談も承ります。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

COMMENT

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. さすがに出さなかったけど、本心は日村さん行けなくて相当悔しかっただろうw
    運営が言わなくても、お二人は「公式お兄ちゃん」ですよ!

  2. 裏方のオークラさんが行ったのはなんかうれしいな。番組Pの宮嵜さんもプリンシパル観に行ったりで乃木坂が業界(ってラジオだけですけど)で広まってるじわじわ感があるような。
    話関係ないけど、もしテレビで乃木ヲタ芸能人が出るなら、落ち着いてる人がいいなーなんて考えたり。雑誌SPAで「ヲタは推しに似る」って書いてあってそれからそんなこと考えたり。だからか、バナナマンが良く思える。
    にしても、バナナムーン番組リンクまで張るのは流石ですね

コメントはこちら

*

Return Top