Nogizaka Journal

坂道シリーズ(乃木坂46/欅坂46)のエンタメニュースサイト

乃木坂46・高山一実が金投資に挑戦、初のビジネス書『投資のメソッド』発売決定

 乃木坂46・高山一実と株式会社マネーパートナーズ代表取締役社長・奥山泰全氏によるビジネス書『お金がずっと増え続ける 投資のメソッド――アイドルのわたしでも。』(PHP研究所)が、来月9月7日(木)に発売されることが決定した。

(資料提供:株式会社マネーパートナーズ)

 今回、かねてからバラエティ番組などで「資産運用」についての興味を公言していた高山が、個人投資家出身の奥山氏が長年続ける「マネパ投資塾」から一部抜粋した内容を半年に渡って受講。本書では、高山が投資の具体的なノウハウを習得していく様子に加え、実際に200万円を元手にした金(ゴールド)投資の運用実績まで、ありのままに描かれている。

 総ページ数192ページ、価格は定価1,200円(税別)を予定。東京都内にて出版記念イベントの開催も予定されており、詳細が決まり次第、PHP研究所の公式サイトで発表される。

 1994年生まれ、現在23歳の高山は、乃木坂46での活動のほか、バラエティ番組にも多数出演。昨年1月にはニュースサイト「ダ・ヴィンチニュース」で、宝くじを題材とした初小説『キャリーオーバー』を発表、同年4月から雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)にて連載小説『トラペジウム』を執筆するなど、小説家としての一面も見せている。

 乃木坂46メンバーによるビジネス書は、昨年8月に衛藤美彩が、マネーパートナーズの監査役も務める公認会計士・澤昭人氏と共著した会計入門小説『なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?』(PHP研究所)に続き2冊目となる。

関連PHP研究所公式サイト

関連乃木坂46・高山一実さんの初小説を公開 | ダ・ヴィンチニュース

乃木坂46・衛藤美彩の会計入門小説が発売決定『なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?』

いいね!やフォローでNJ最新情報を配信


コメントはこちら

*

Return Top