Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

學蘭歌劇『帝一の國』第二章が7月に上演決定、乃木坂46井上・樋口が引き続き出演か

teiichi1-nelke學蘭歌劇『帝一の國』第一章

 學蘭歌劇『帝一の國』の第二章が、今年7月に東京・大阪の2会場で上演されることが決定した。

 同舞台は集英社「ジャンプSQ.」で連載中の人気漫画『帝一の國』(原作・古屋兎丸)を原作とした学園政権闘争歌劇。昨年4月から5月にかけて東京・渋谷PARCO劇場で全21公演が上演された。主人公・赤場帝一(木村了)の幼馴染・白鳥美美子役に乃木坂46の井上小百合と樋口日奈がWキャストで起用され、二人がグループの公演以外で初舞台を踏んだ作品である。

 大反響を呼んだ同舞台の続編となる第二章・學蘭歌劇『帝一の國』-決戦のマイムマイム-は、東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティでの公演が決定。両劇場とも800人から900人を収容でき、昨年の2倍近い規模での開催となる。脚本と演出は第一章に引き続き、喜安浩平さんと小林顕作さんがそれぞれ手がける。

 キャストは現在未発表だが、最近井上と樋口が揃って前髪をぱっつんにした(美美子の前髪は眉上のぱっつん)との情報があり、二人も前作に引き続き出演するのではないかと見られている。今後の発表に注目しよう。

 舞台の詳細は近日発表される。第一章の公演DVDは現在ネルケオンラインショップやAmazonなどで販売中。

関連【第二章】學蘭歌劇『帝一の國』-決戦のマイムマイム-(ネルケプランニング)
関連學蘭歌劇『帝一の國』公式ブログ 海帝高校 生徒会だより
関連學蘭歌劇『帝一の國』公式ツイッター

木村 了 TCエンタテインメント 2014-10-31

COMMENT

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 早い気もするけど二人とも仕事で切ったって言うから帝一だよね
    春はプリンシパルがあって切るわけにいかないから早めに撮影しとくってことかな?

  2. どうでもいい事なんだけど7月にある舞台に出演するために1月にその役柄にあった髪型(前髪をぱっつん)にするもんなの?

  3. 二人でパッツンにしてこの舞台じゃない仕事でもそれはそれで興味ある
    仕事なのはモバメから間違いないから何かしら来るぞ!

  4. ひなちまカモーン!!

  5. うお!やった‼︎
    さゆちまという大好きな二人が出てた俺得な舞台。
    二人の役に対する解釈の違いも面白かったな。
    しかも梅田芸術劇場といえばプリンシパルdeuxの会場。
    (まあメインホールの方ではありませんが)

コメントはこちら

*

Return Top