Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・日向坂46のエンタメニュースサイト

高山一実のデビュー小説『トラペジウム』が8万部突破、年内は限界レベルの大部数重版

小説『トラペジウム』(著者:高山一実/発行:KADOKAWA)『トラペジウム』書影(画像提供:KADOKAWA)

 11月に発売された乃木坂46・高山一実の小説家デビュー作『トラペジウム』(KADOKAWA)が、4刷で累計発行部数8万4,000部に到達した。発売からわずか10日で初版の4倍超という大ヒットを記録している。

 本作は、アイドルを目指す高校1年生の女の子・東ゆうの10年間を描いた青春小説。著者の高山が、読者へ伝えたいメッセージを随所にしのばせた「手紙」というコンセプトのもと、雑誌「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)で2016年より2年以上にわたって連載された。単行本化にあたり大幅な加筆修正がなされ、著者の想いを反映すべく、「仮フランス装」という封筒のように表紙が折り畳まれた特殊な装丁と、「天アンカット」という雑然とした用紙カットをあえて残した、製本に時間のかかる造本設計を採用している。

 単行本化を待ち望んでいた人も多く、Amazon売れ筋ランキング日本文学部門(2018/11/29調べ)、オリコン文芸書ランキング(11月26日~12月2日)に加え、多数の書店ランキングで次々に1位を獲得。異例の発売前重版1万部を実施したものの、驚異的な売れ行きに配本が追いつかず、Twitterでは「トラペジウム ない」が検索候補にあがる事態となっていた。ついに本日12月21日(金)以降に、増刷分が店頭に並び始める見込みだ。

 今回の重版にあたっては年末というタイミングもあり、表紙に使用された用紙の在庫をすべて使い切るという状況に。営業担当者が「本当はもっと刷りたいが、年内の生産力ではこれが限界」と嘆くほど、想定外はもとより限界レベルの重版対応となった。

 こうした反響を受け、WEBサイト「ダ・ヴィンチニュース」では、乃木坂46の西野七瀬と齋藤飛鳥、欅坂46の長濱ねるという現役アイドル3名が、それぞれの視点から『トラペジウム』について語り、つづった読書感想文を公開。発売中の「ダ・ヴィンチ」1月号では、それらを含めた『トラペジウム』特集が組まれている。

著者プロフィール

乃木坂46・高山一実(22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」アーティスト写真)(写真提供:KADOKAWA)

高山一実(たかやま・かずみ)
1994年2月8日生まれ、千葉県南房総市出身。2011年8月、乃木坂46第一期メンバーオーディションに合格。16年4月より雑誌『ダ・ヴィンチ』にて小説『トラペジウム』の連載を開始。同年9月、ファースト写真集『高山一実写真集 恋かもしれない』(学研プラス)を刊行。本書が小説デビュー作となる。

関連乃木坂46・西野七瀬の『トラペジウム』読書感想文 | ダ・ヴィンチニュース

関連乃木坂46・齋藤飛鳥の『トラペジウム』読書感想文 | ダ・ヴィンチニュース

関連欅坂46・長濱ねるの『トラペジウム』読書感想文 | ダ・ヴィンチニュース

関連商品

出版社:KADOKAWA
発売日:2018/11/28
著者:高山一実
価格:¥1,512

関連商品

出版社:KADOKAWA
発売日:2018/12/06
表紙:田中圭
価格:紙版 ¥700/電子版 ¥540

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
ラジオを聴き漁る一介のリトルトゥース。他の媒体でも当ジャンルに限らず執筆・取材・企画などのご依頼を承ります。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

コメントはこちら

*

Return Top