Nogizaka Journal

坂道シリーズ(乃木坂46/欅坂46)のエンタメニュースサイト

乃木坂46・若月佑美、写真集『パレット』の反響を期待「意外といいかもと思ってもらえたら幸せ」

乃木坂46・若月佑美1st写真集発売記念『パレット工事中』(SHOWROOM)(提供:SHOWROOM株式会社)

 乃木坂46の若月佑美が13日、自身初となるソロ写真集『パレット』(集英社)の発売を記念して、SHOWROOMで特別番組「パレット工事中」を生配信。写真集の撮影秘話を語ったほか、コメント記者会見や帯コメント募集などを行い、4万人を超える視聴者と交流した。

 視聴者が記者役になるコメント記者会見では、様々な質問が殺到した。メンバーの感想を聞かれると、「私(若月)っぽくないところがたくさんあって、びっくりした」と言われたことや、「真夏(秋元真夏)からは、真夏のかわいい写メといっしょに写真集買ったよ〜って送ってくれた」と報告した。ロケ地となったスペインのエピソードでは、一面ひまわり畑の中に立つ構図を想定して向かうと、全部枯れてしまっていたというハプニングも紹介した。

 「写真集の見どころは?」という質問には、「笑っている写真が少なく、何かを考えたり物思いにふけたり、楽しいだけじゃない部分を入れたかった」と一冊に込めた思いを語った若月。雑誌などのグラビアとは違い、「めくっても、めくっても自分しか出てこなくて不思議」だったそうだが、「これのどこか1ページでも誰かに引っかかって、若月って意外といいかもしれないと思ってもらえたら幸せだな」と反響への期待を口にした。

若月本人のお気に入りカットを紹介(SHOWROOM「パレット工事中」)(提供:SHOWROOM株式会社)

 また、写真集の中から自身のお気に入りカットも何点か公開。階段のような場所で横たわっているものは「七瀬(西野七瀬)も良いって言ってくれたカット」だと言い、「色合いが明るすぎず、ありのままの自分を表現できている」とお気に入りの理由を語った。脚にこだわった本作は、自然な姿が出た後ろ姿もお気に入りの一つ。今回の番組では、手を開き気味で走る癖が出たカットを見せていた。

 そして、プレゼントコーナーでは視聴者から帯コメントを募集。待機中にはマネージャーが考えた例として、「若月佑美は、一体、何枚のパレットを持っているのだろう。どんな色も作り出す彼女の個性は、無限大だ。」(今野義雄氏)、「本体は箸袋。」(菊地友氏)というコメントを紹介。その後、数え切れないほどたくさん寄せられたコメントの中から、若月自身が1位〜3位を選んだ。

1位「若月佑美、強いて言うなら黒だ。どの色を使っても完成されるから。」
2位「若月佑美という色の本質は、みんなまだ理解できなかったのかもしれない。」
3位「若月佑美のパレットは何色にも染まらない。彼女独自の色がある。」

 最後に、「ずっと夢だったこの写真集の中に、次の夢が詰まっている。お芝居がやりたいって夢もあるし、女優さんの道も一歩踏み出していることを知ってもらえたら幸せ」と今後の抱負を語り、自ら99点の仕上がりと評した本作の残りの1点は読み手がいて完成すると呼びかけて番組を締めた。

 いつもとは違う「女の子」な若月佑美が見られる写真集『パレット』は好評発売中。商品の詳細や店舗別購入特典の情報は『パレット』の特設ページや公式Twitterで案内されている。

(提供:SHOWROOM株式会社)

関連乃木坂46 若月佑美1st写真集 『パレット』特設ページ – 週刊ヤングジャンプ公式サイト

いいね!やフォローでNJ最新情報を配信


コメントはこちら

*

Return Top