Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

若月佑美の「想い」~終わらない夢に向かって~

前列右が若月佑美
出典若月佑美のブログ『若月は幸せ者。』©乃木坂46LLC

 「私ここで頑張るしかない」。

 将来の夢と現実の間で揺れ動き、周りと同調することにどこか疑問を感じてしまう。若月佑美はどこにでもいる普通の10代の女子であった。若月が普通でなかったとするならば、その「疑問」が人一倍強かったこと、当時抱いた想いを燻らせることなく行動に移し、「乃木坂46に加入したこと」だ。

 冒頭の言葉は、1stシングル「ぐるぐるカーテン」の個人PVで若月が語った乃木坂46への想い、そして希望を最も端的に表している。この想いは「闘魂」という熱い言葉そのままに、形は変わりながらも若月の持ち味としてストレートに語られていく。

「やっとスタート地点に立った」

 言葉の通り、乃木坂46への加入はスタート地点に過ぎなかった。事実、初期の乃木坂46において若月はアンダーとして活動していたメンバーの一人だった。初めて選抜入りしたのは3rdシングル。以降はその地位を確たるものとして、一時は「福神」のポジションを得るまでに至った。若月の乃木坂46への強い想いはガツガツと他人にひけらかすような形ではなかったが、地道で時に愚直ともとれるような「言葉」として語られた。それゆえ、多くのファンの心を掴み、ファンもその想いに応えたのだ。

若月佑美の夢は終わらない

 同じく1stシングル「ぐるぐるカーテン」の個人PVで若月が語った乃木坂46加入時の夢は「乃木坂46で成功して、多くのファンの前でコンサートをすること」だった。これは決してゴールのない夢でもあるが、今の乃木坂46の状況を見れば、実現に着実に近づいていると多くのファンは考えるのではなかろうか。そして、人気メンバーの一人として、若月自身がこの夢を実現するための大きな力となってきた。

 これは握手会などに限られた話ではない。若月は衛藤美彩や松村沙友理といったMC能力、トークスキルに秀でたメンバーに先んじて『乃木坂46の「の」』(文化放送)において初代MCを務めている。その真面目さゆえに、初の冠ラジオ番組という難しい状況を理解し、良い流れを作って松村にバトンタッチできたことが、後に川後陽菜や中元日芽香ら(元々ラジオでの活躍が期待されていた二人だが)の10代でアンダーとしての活動歴が長いメンバーがMCを担当するという、ある種チャレンジングな試みに繋がっているというのは決して考え過ぎではないはずだ。

 しかし、20歳を迎えた今、若月の夢の実現方法は大きな転換点を迎えている。今まで通り、若月個人が乃木坂46という集団に貢献するだけではない。多くの中心メンバーがそうであるように、乃木坂46に所属する個人として、外の世界へ挑まなければならない。若月はとうの昔にそのステージにたどり着いているのだ。もともと定評のある女優業や芸術面でのさらなる活躍はもちろんのこと、真面目さを活かした仕事があっても不思議ではない。

「闘魂」の行方

 かつてのストレートで熱い言葉を見る機会は少なくなった。しかし、若月の「闘魂」は決してなくなってはいない。少々前の話になるが、TBS『有吉AKB共和国』内の企画において若月はAKB48の島田晴香と対戦した。体格差を考えれば圧倒的に不利であり、負けて可愛らしく振舞うこともできたはずだったが、見ている側が引いてしまう程に両者とも譲らぬ白熱した戦いを繰り広げ、激戦の末勝利を手にした。ひとりのアイドルとして徹底的に勝ちにこだわったのだ。若月佑美の「闘魂」は、乃木坂46にかける想いは今も胸の内に熱く秘められている。

 夏には二度目の全国ツアーが控えている乃木坂46。華やかな活動の舞台裏は壮絶と言っても過言ではない程に過酷なものであると思う。厳しい局面の中で、一歩を踏み出し新しい乃木坂46の世界を切り拓くのは、ライブを中心となってリードしてきたメンバーではなく、若月佑美の「想い」なのかもしれない。

https://www.youtube.com/watch?v=FuGgChg_3yY

筆者プロフィール

助六
音楽が大好きでバンドを組んだりしています。乃木坂は楽曲も大好きです。今のところ「他の星から」が一番です。ファン歴はそこまで長くないですが、皆さんと一緒に楽しめる記事を書けたらと思っています。

COMMENT

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 男前なのに少女でありたいキャラがブレブレの精神性の面白さ、
    プリ後半のコントのようにともすれば空回りする挑戦心の尊さ
    世界一笑い方がぎこちないくせに、笑ってみせたい腹の中を
    みせたくてしかたない、曲者なのに近くありたいファンとの距離感、
    それにもちろんあの暑苦しさ、うっとおしさ。。。。。
    ぜーんぶ誉め言葉、バースデーメッセージに相応しいワカツキLOVEの
    感情をブログにコメしたら、やっぱり運営にハジかれた。 あちゃ。。。 
    面倒なところがワカツキの魅力。
    であると当時に、ぼくにとっては推しには位置づけられない、
    特別枠な存在である理由。

  2. ファン公認の熱く語るブログ。必ず選抜発表も含むイベントの始まりか終わりに期待どおりにアップされる。嫌いじゃないなあ。時々乃木坂46に若月がいることに違和感を感じることもある。ファンには悪いが、舞台中心に活動をシフトした方がいいように思う。表現者だから、能力を伸ばしてほしい。しかし、アイドル性も感じます。ちょっと子悪魔な位置。小生、笑い声フェチなんですが、乃木坂メンバーの笑い声で、ななせまる、若月、ひなちまがベスト3です。あまり意識して聞いた事無い方は是非、若様の笑い声を聞いてみてください。以外に乙女です。

コメントはこちら

*

Return Top