Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46斎藤ちはる、アメフト専門誌「アメリカンフットボール・マガジン」復刊号の表紙に抜擢

saitouchiharu-profile11th乃木坂46公式サイト・斎藤ちはるプロフィールより ©乃木坂46LLC

 8月28日(金)発売のアメフト専門誌「アメリカンフットボール・マガジン powered by TURNOVER」の表紙に、乃木坂46の斎藤ちはるが登場することがわかった。

 本誌は1989年にベースボール・マガジン社より月刊誌として創刊され、長らく不定期刊になっていたが、このたび共同通信社が運営するアメフト専門のウェブマガジン「週刊TURNOVER」編集部の制作で復刊が決定。その記念すべき復刊号の表紙に斎藤ちはるら3人が起用される運びとなった。

 これは週刊TURNOVERのFacebookページで発表されたもの。表紙を飾る一人目は、学生界ナンバーワンCB(コーナーバック)、関西学院大学の副将・田中雄大選手。二人目は、Xリーグ・富士通フロンティアーズのWR(ワイドレシーバー)、中村 輝晃クラーク選手。三人目は、実父がXリーガーで、パールボウル2013・2014で2年続けて決勝のコイントスを務めた斎藤ちはるに決定した。

 斎藤はこの春から明治大学に通う乃木坂46の1期生で、現在18歳。今年2月にJ-WAVEで放送された「第49回スーパーボウル」中継特番や関連番組にもコメント出演するなど、徐々にアメフト関連でのメディア露出を増やしている。編集部では以前、アメフト雑誌の常識を打ち破る「ウルトラC」を狙った表紙構想をほのめかしており、それが異例のアイドル起用、斎藤へのオファーだったようだ。斎藤がアメフト専門誌で表紙を飾るのは今回初。

 週刊TURNOVERのFacebookページでは表紙撮影の様子など、雑誌完成までの舞台裏をすべてリポートしていくそうなので、興味のある人は定期的にチェックしよう。

 「アメリカンフットボール・マガジン powered by TURNOVER」は2015年シーズンの開幕特集号として出版。内面では関東学生リーグ、関西学生リーグ、Xリーグ1部の計42チームの選手名鑑を中心に、今年7月に開催される第5回世界選手権のレビューやNFLの見所などを148ページにわたり収録する。定価1,650円(税込)、全国の書店で販売予定。

*発売日が8月24日から28日に変更となりました。
*表紙が公開されました。(関連【編集後記】Vol.98 – 週刊TURNOVER – アメリカンフットボール・WEBマガジン – 47NEWS


COMMENT

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. おっ
    楽しみですね
    前、
    よく買っていたな~

  2. チーちゃん良かった

  3. サッカー▶︎深川さん
    バ ス ケ▶︎橋本さん
    野 球▶︎衛藤さん
    アメフト▶︎斎藤さん

    ちーちゃん、がんばれ!!

コメントはこちら

*

Return Top