Nogizaka Journal

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46、生駒里奈ラストセンター&岩本蓮加初センターの新曲MVがW解禁

 乃木坂46の20thシングル「シンクロニシティ」(4月25日発売)収録曲より、1期生楽曲『Against』と3期生楽曲『トキトキメキメキ』のミュージックビデオが今朝の「Oha!4 NEWS LIVE」(日本テレビ系)などで初解禁された。

 約5年ぶりの1期生全員楽曲となる『Against』は、今作がラストシングルとなる生駒里奈をセンターに迎え、新たな道へ進む決意を歌ったダンスナンバー。生駒自らアイデアを提案して演出プランを決定したというミュージックビデオは、ジャズダンスをコンセプトとして、「『インフルエンサー』とはまた違う種類の激しさ」(生駒)と語る複雑な動きのダンスや、ストリート系のファッションで“1期生の新たな一面”を表現した作品に。

 番組では、生駒から「乃木坂の1期生のすごさとか、最近のアイドルがやっていない世界を、どうしてもこのメンバーで作りたいと思ってリクエストした」というコメントも紹介。見どころとして生駒のソロダンスが取り上げられたほか、グループ初期の象徴である“生生星(いくいほし)”の生田絵梨花、星野みなみとの3名がフィーチャーされたシーンも。メイキングでは「乃木坂の1期生のすごさを出せるミュージックビデオになるよ。きっと」(生駒)とも話している。

 さらに、「はやドキ!」(TBS系)では、3期生楽曲第5弾『トキトキメキメキ』のミュージックビデオを独占解禁。“夏までの100日を楽しむ”というテーマのもと、可愛らしいパジャマ姿や、ポップな楽曲にのせて“恋ダンス”を彷彿とさせるダンスを披露するなど、明るい仕上がりになっている。一方、3月中旬に行われた撮影では大雨に見舞われ、メンバーも思わず「さむっ!」と漏らすほど、寒さに耐えながらの制作になった。また、これまで3期生のシングル楽曲は大園桃子、久保史緒里&山下美月、伊藤理々杏と、毎回異なるメンバーがセンターを務めているが、今回も岩本蓮加が初センターに起用されている。

 両曲のミュージックビデオは、『Against』は「シンクロニシティ」Type-A、『トキトキメキメキ』は同Type-DのDVDに収録予定。解禁日の正午にYouTube公式チャンネルで公開されるのが恒例となっているので、完成版をお楽しみに。

追記:両MVが公開

関連乃木坂 46 OFFICIAL YouTube CHANNEL – YouTube

筆者プロフィール

一介のリトルトゥース管狐
情報発信の拠点として当サイトを開設。外部媒体を含め、取材や記事執筆などのご依頼を常時受け付けております。コンタクトのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

コメントはこちら

*

Return Top