Nogizaka Journal

坂道シリーズ:乃木坂46/欅坂46のエンタメニュースサイト

乃木坂46のブログにまつわるetc. 第12回「すっぴん(^_-)end」

blogetc012
乃木坂46・宮澤成良(右)

 4月5日、宮澤成良さんのブログ「せっちゃま部」の「しりとり」のコーナーが歴史の幕を閉じました。ちょっと大げさな言い方かもしれませんが、画期的なコーナーだったと思います。双方向コミュニケーションの先駆者なのかなって思っています。

 宮澤さんのブログに僕が注目したのは、2012年10月9日の「1人でも多くの方によんで頂けた ら嬉しいです( 。・_・ 。)」のブログを読んでからです。
乃木坂の選抜というシステムは当たり前ですが、格差を生みます。僕はそれを否定しません、むしろ肯定派です。一見残酷ともいえるシステムがあるからこそ、表舞台に立てた時の輝きは半端ないわけです。とはいっても、実際、輝くメンバーの他で苦しむメンバーはいて、その自分が苦しむ心情を吐露したブログが前述の宮澤さんのブログです。「毎回コメント数を見るのがこわい」、数字は残酷です、あいまいな部分がありませんから。
 でも、宮澤さんは前を向きましたね。コメントしてくれたファンとの対話を始めたのです、写メの希望をかなえたり、コメント返ししたり。コメント返しはデビュー前にはやってたメンバーもいましたが、最近ではコメントも増えてきて難しくなってきましたね。そんな中はじまった「しりとり」は2013年1月10日「のぎざか」から始まりました。

 のぎざか⇒かなりそ⇒そっちこそ⇒空島⇒マーマンコンバット⇒とまと⇒トランプ⇒フォールデックス⇒ストロベリーパフェ⇒エミー賞⇒うめぼし⇒しゅうまい⇒イソギンチャク⇒クマ⇒マクドナルド⇒どじょうすくい⇒イエローハット⇒東京ドーム⇒虫眼鏡⇒ねずみとり⇒リンパ⇒パンケーキ⇒金八先生⇒い〜〜〜〜〜七瀬まる (¥△¥;)⇒ROOKIES⇒スマイル⇒ルーカス⇒朱雀⇒クリスティーナアギレラ⇒ラスク⇒口紅⇒新潟⇒タケノコ⇒恋⇒いこまりな⇒なーちゃんとじゃれる深川麻衣⇒伊藤寧々⇒ネモ船長⇒UVERworld⇒ドリブラー⇒L’Arc-en-Ciel⇒ルービックキューブ⇒部活⇒つみき⇒君の好きなうた⇒タンポポ⇒ポッキー⇒キックオフ⇒深川まいまい⇒いたずら⇒ライブ⇒舞台女優⇒梅干し⇒ししとう⇒うちゅう⇒浮き輪⇒わざやみ⇒宮澤成良⇒ラスベガス⇒寿司⇒SAMEROCK⇒久留米⇒メール⇒流川楓⇒デミグラスソース⇒スカート捲り⇒りんご⇒ゴズペル⇒ルージュ⇒ジュレ⇒レシート⇒トランペット⇒豆乳⇒牛⇒シマウマ⇒麻婆豆腐⇒フランス⇒スイス⇒すっぴん   ふぅ。

 最近はクイズ形式のブログが増えましたよね。斎藤ちはるさんのブログは、メンバーだからこそのクイズなので、羨望のまなざしです。大和里菜さんも自身のプライベートな話題から出題しています。直近では中田花奈さんが「なかだかな問題集Vol.1」なる企画をスタートさせました。こういう、双方向なコミュニケーションはファンとしてワクワクします。
 宮澤さんが一番最初ってわけではないかもしれませんが、「しりとり」は双方向コミュニケーションの普及に大きな影響を及ぼした企画だと思います。次の企画はまだ模索中のようですが、是非、「しりとり」を越える素敵な企画を宮澤さんには作ってもらいたいです。

 最後に、昨年末のライブで宮澤さんを間近で見た時、綺麗な人だなーって普通に思いました。なんか、ブログの印象とは違ったんですね。ただ、最近のブログの写メは、ライブの時に見た宮澤さんに近くなったと思います。たぶん、宮澤さんが変わったのではなく、ブログの写メの見せ方が変わったのかなと。

 乃木坂ってポテンシャルが高いですね。アンダーにも魅力的なメンバーいっぱいいます。4月6日には新潟でアンダー主体のイベントがありますね。関東でもやってもらいたいな。

プロフィール

Okabe
ワインをこよなく愛するワインヲタクです。日本ソムリエ協会シニアワインエキスパートの資格を持ちます。乃木坂との出会いは「ホップステップからのホイップ」でした。ファン目線での記事を書いていきたいと思います。(ツイッター「Okabe⊿ジャーナル」https://twitter.com/aufhebenwriter

COMMENT

  • Comments ( 5 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. みんな努力してるんだね!

    九州にもきて欲しい
    無理と思うけど…

  2. 以前の記事での写真は正直目が大きすぎて怖い感じもあったけど、最近はモデルみたいな雰囲気でいいと思う。

    せっちゃんの存在が乃木坂のいいアクセントになってる。

  3. 乃木坂にとってブログは貴重なアピールの場ととらえてる方は多い
    でも「面白い!!」と「クレクレが惨いな」どっちに傾くかによって
    その後のコメントの伸びが全く異なる
    KSDDからすると自分を推してくれているファンに傾倒した内容は
    全員伸び悩んでいるような気がする
    ファンの個別の誕生日を乗せる等は
    マイナスな要素の方が上回っている気がする

  4. 宮澤ブログのその記事は、ちょうど自分が乃木坂ファンを辞めていた時期のもので、今初めて読んだ。

    今回の記事の内容には正直賛同しないが、宮澤さんのその記事を知ったことに意味があった。

  5. このブログ面白いですね
    自分が見逃していたせっちゃんの素敵な魅力も紹介してくれたり、
    フォロー出来ない他のメンバーの魅力を知ることが出来るので、
    (半端なw)乃木坂ファンの自分にとってとても助かるブログです。
    メンバーの呼び方もフルネームってのも好感持てますし。
    これからも楽しみに読ませてもらいますね。へばね

コメントはこちら

*

Return Top